ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » トラップ

トラップに御用心・・・

JOSUI



 昔から、オフィスの固定電話へ、時折、怪しげな営業電話が掛かってきていた。会社であれば固定電話は公開しており、「電話をするな!」と命令できる法律はない(着信拒否すれば問題はない)ので、受けてしまえば、結局、無駄な時間、無駄な労力、個人情報漏洩に繋がる恐れもあるので、要注意となる。

 つい最近、「電気保安協会」と名乗る怪しい電話があった。一瞬にしてきな臭いと判断したが、ある程度泳がせて話を聞くと、「動力盤の検査をしますので、15分程度で終わります。経営者の方の立ち合いが必要となります。よろしければ、検針のペラペラの紙がいつも届くと思うので、それを準備してください。」と言う。

 更に、「九州電力では、動力をご使用の際に、オフィス内の稼働率を調査し、効率の良い稼働かどうかを判断し、経費節減に新たなプランを提案します。何時にお伺いすれば良いですか?」と、若い男の声が聞こえる。「経営者の立ち会いなど不要だ!」と言うと、トーンが変わり、それから、一切電話が掛からなくなった。

 何かトラップ臭かったので、最初から相手の口調なり、説明なりの不備な点、整合性の無さがバレバレであるものの、「電気保安協会」という名称を出されることで、詐欺軍団の悪質なるトラップに引っ掛かってしまう高齢経営者も多々いるのではないかと、危惧するのであった。

 以前、水道菅漏水調査と言って、勝手に地下に埋設されている水道管を見るために、自宅の犬走りのコンクリート部分に数カ所穴を開けて、穴の部分を塞がず、そのまま逃げた悪質な輩もいた。隣人宅では、屋根に登って瓦のメンテナンスを強要するような瓦職人もどきもいた。

 大抵、会社名も白い軽ワゴン車も汚く怪しいなものばかり。「こちらからコールバックするので、電話番号を教えて欲しい!」と言うと、さっさと切ってしまう。プロの瓦職人でもないのに、どうやって修復作業を行うのか、首を傾げるばかりである。隣人宅の屋根瓦に立つ姿は、逆立しても素人に見えて仕方なかった。

 熊本では、熊本地震、洪水、台風などの被害を受けた建物が多くあり、完全復旧していない家も多い。それを喰い物にしようと、浅知恵詐欺軍団があちこちで徘徊しているのだ。世の中、「詐欺も職業の一つ!」と豪語するのは、アフリカのどこかの国だったりするが、日本では通用するはずがない。

 しかし、全国的に見て、人の心の隙間を狙ったり、認知症の老人を狙ったりする輩を見たり聞いたりすると、日本人としてすこぶる情けなくなってしまう。

 詐欺だったり不正がこの世に多いのは否めないが、記憶に残っているのものを二、三紹介したい。一つは、車椅子に座る認知症の老婆、その車椅子を押す施設の男性が、「3万円下ろしたでしょ!」とその老婆を後ろから何度も大声で叱責している。どうも老婆のカードを預かり、現金を毎回騙し取っているのではないか!?

 二つ目は、或るショップにて買い物をしている老人。付き添いの施設女性スタッフが、現金を預かり、その老人の買い物を手伝っている。そこまでは互いの信頼関係がありかと思ったが、支払いの時に、女性スタッフが自分のポイントカードを財布から取り出して、その買い物の金額を自分のポイントにしている。

 日本人の民度も低くなったものだ。安易に、家族を施設になどに預けるものではないと考えさせられた。既に筆者の両親は他界しているので、その点は安心だが、行政や警察とは別に、悪質な施設やそのスタッフなりを、摘発し底攫いする機関を設け、詐欺師一掃法でも新たに制定したらどうかと・・・。

 我々はそのような悪質なトラップに騙されぬように、日々脇を固くしておく必要がある。例えば、固定電話は家族との連絡ツールとしては使用せず、ランダムに自分の携帯番号を教えることなく、更に、実在する各省庁、地方自治体、その他団体からの書簡のみを受け取り処理をすることに徹底すべきである。

 固定電話は留守録に限る。外部からアプローチできぬ環境づくりも重要である。事件や事故に巻き込まれぬようにするには、最終的には、外部からの怪しいアプローチの線を断ち切ることのみ、自己防御の道は残されていない。もし、執拗に輩が近づいてくるようであれば、さっさと警察へ一報することが賢明となる。

▼以下、「九州電気保安協会」をご参考に!
 https://www.kyushu-qdh.jp/business/attention/Link

▼直接接客不要な会社や自宅玄関には、以下のようなものを貼られてもよろしいかと・・・
anti-sagi


▼蜘蛛の巣のようなトラップにも御用心!
trap-001


▼羽を負傷しているトンボにならぬように!
trap-002



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/10 12:00 am

実話・「守銭奴」の愚策と実態・・・

▼記事内容と写真は関係ありません

DSC_0624


 随分前に遡るが、目の当たりにした「守銭奴」の愚策に腰を抜かした事があった。或る日の会食の事である、11名の仲間が集い、町場のフレンチレストランにて、ゴージャスな料理を楽しむことがあった。会費は一人1万5千円。

 さて、2時間ほどの楽しい会食が終了し、レジでの清算となる。ところが、その中から或る人物が幹事の如く現れ、各自から1万5千円、15万円を徴収したのだった。「ここは良いですから!私が済ませます。」と言いながら・・・。

 何事もないかのように、その即席幹事はテーブル席をぐるりと回り、自分以外の人たちから合計15万円を徴収し、レジに向かった。そこで、即席幹事は定員に向かって曰く「このカードでお願いします。」と。周囲の人たちは首を傾げながら、店を出た。

 即席幹事の後ろを通りながら見えたのは、徴収した現金をポケットに詰め込んでいた瞬間だった。この愚策は見え見えではあるが、良い気分ではなかったことを覚えている。その即席幹事のメリットは以下の点であろうか!?

(1)全部で16万5千円をカードで切れば、全額が自分のカードのポイントになる。
(2)16万5千円の領収証をその会社経理に渡せば、15万円の現金は私的なものとなる。
(3)即席幹事は経営者なので、その会社が全額を「接待費」として落とすことになる。

 開いた口が塞がらないが、2次会は予定して無かったので、店の外で解散となった。しかし、その即席幹事は意気揚々の足取りで歓楽街へ消えて行った。現在、その会社は無くなっているが、この「愚策」こそが全てを物語っているのである。

 また、「役員の職位を悪用したトラップ」という手法もあるようだ。

 これは、先輩後輩という間柄で巧妙に仕組まれたトラップだが、それを平然と長年続けている人物が居る。

 例えば、その先輩が後輩を呑みに誘うとする時、必ず、「俺が、おごってやる!」といった雰囲気を鼻先に付けている。蓋を開けてみると、高級クラブへ足を運び、レジにて法外な額を支払うことになる。

 そこで、その先輩は、「俺が、払っておく!」と、現地では、後輩は「申し訳ないです!」と思わざるを得なくなってしまう雰囲気。ところが、領収証をしっかりと握った先輩は、店の外に出て、「割り勘だよ!」と言って、20万円の内、半分の10万円を後輩から捥ぎ取るのである。

 つい先ほどまで「申し訳ないなあ!」と思っていた後輩だが、自宅に帰ってよく考えてみると、役付きの先輩が、翌日20万円の領収証を経理に持って行けば、経理は何も疑うことなく全額を渡すだろうと・・・。

 結局、このトラップは、先輩後輩の間柄を姑息にも自らの利益の為に仕込んだ「愚策」なのである。(本人は「秘策」だと思い込んでいるが)

(1)20万円は会社が接待費として負担することになる。
(2)後輩は10万円の現金を個人負担で凹むことになる。
(3)先輩は後輩から10万円を捥ぎ取ったことになる。

 どう見ても、これは詐欺でもあり、横領でもあり、背任行為でもある訳で、常に威圧的な先輩が後輩を利用した、小銭稼ぎであることは明明白白となる訳だ。しかし、「秘策」どころか「愚策」の連続に、周囲は「分かっていても、勝手にやってるから仕方ない。」で済ませているのだろうか。

 このような「守銭奴」が周囲にいてもらうと、すこぶる困るのだが・・・これが民度の低さと相まって、周囲に多大なる迷惑を掛けているところに、何もメスが入らないのがおかしな話となる。


DSC_0655



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/11/6 11:20 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp