ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » サービス業の原点

人として最高に非礼な行為とは・・・

josui-3


 社会人として最高に非礼な行為とは何だろうかと考えてみた。

 時折、マスコミ各社(新聞社・テレビ局)の記者へ連絡を取り、情報交換を行っているが、その中でも、A氏とB氏は、必ず超特急でコールバックしてくれる。また、他県の新聞社C氏は、どんなに忙しい時でも、メールの返事が舞い込む。

 それは当然と言えば大変失礼になるが、彼らは社会人として、人として、彼らの高レベルのスタンダードにて、当然の事を行っているに違いない。更には、ジャーナリズムの精神が宿っているからこそ、民度高き動きができるのである。

 しかし、ローカルな熊本の企業関係者を見ていると、メールを送付しても、電話を掛けても音信不通の人が結構多い。以前のテレビ番組で、関東圏の老舗料亭の女将が「電子メールと雖も、手紙は手紙。それを無視して返事も書けないようでは人間失格!」と言っていた。御意!である。

 最近の事だが、実は急用があって電話したのだった。しかし、その中の二人はコールバックがない。一人は、簡単なメールが返ってきたが、メールで「何かございましたか?」と、社会人としてはマナー違反で非礼な質問メールであった。そのような人物ほど、部下が同様のことをすれば、果てしなく激昂する。

 正直、子供染みており、社会人として、人としてのマナーもモラルも何もない。それで仕事を遣っているつもりであれば、その企業モラルもイメージも、危機管理、顧客管理も杜撰なものに感じざるを得なくなってしまう。それは、邪念があるからこその愚行に過ぎない。

 冒頭に登場したマスコミのA氏、B氏、C氏とは雲泥の差となる。特に、サービス業に従事している人間であれば尚更のこと。電話に出ない、メールに対するしっかりとした返事も書けないでは、一端のビジネスマンとは言えなくなる。実に情けないことではあるまいか。

 30年も会社の代表者をしていると、目を瞑っていても、一人一人の挙動、言動にて、その人の性格なり、癖なり、心中なりが、透け透けに見えてくる。その人物がどのようにこちらを見ているのかの明瞭なコントラストが、テレパシーとして伝わってくるのである。

 しかし、姑息な人物、ずる賢い人物、卑怯な人物は、自分の醜態に自覚なくして、音信不通を繰り返して行く事になる。「日々変化、日々進化。」もなく、ただ、人を天秤に掛けたり、損得勘定を最優先したりで、懐疑心の底無し沼に沈んで行く。

 人様のことはどうでも良いけれども、周囲の人物との距離感を、世間知らずの人間は、歪み切った尺度にて人を判断し、そして失敗を繰り返すのである。よって、折角のチャンスを逸することが多く、気付けば孤立の道を辿ることになる。そして、パワハラ行為へと。

 畢竟、一端の社会人となるには、基本の基本である「礼節を弁える!」を念頭に日々努力しなければダメ人間になるばかり。超特急のコールバック、そしてメール返信。これを怠るのであれば、職位を捨てて、平社員で日々勤しんだ方が気楽ではなかろうか。

 敬愛の念無くして、良き人生になるはずもないが、まあ、どんなに助言を呈したとしても、感謝の念もなければ、「要らぬお世話」と陰口を叩かれるに違いない。根っから人を信用できない性格は、実に、寂しい限りの人生ではなかろうかと思うばかり・・・。

 最後に一言。「早く、気づきなさい!」・・・

▼写真はイメージ
castle-coffee



ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2020/11/25 12:00 am

嵐の前の忙しさ・・・

josui-1


 座右の銘の一つとして、「如水」がある。常に「如水」を肝に命じて、日々を過ごしているつもりではあるが、8月8日に発覚した某市(他県)の不法行為(著作権侵害)に憤りを覚えたり、責任転嫁に走り逃げ隠れする人々(公僕)の後ろ姿を見ては、湧水池の砂踊りを連想してしまった。

 いやいや、それは澄み切った水中のアーティスティックな砂踊りに大変非礼な比喩である。責任逃れのために、心無い謝罪文を2通(ほとんど同じ内容)を送りつける人々には相応しくはない。今頃、この2通で事足りると胡座をかいているようだが、不法行為自体が解決してはいないことへの認識はなさそうだ。

 平穏無事なる日常を願う筆者のような庶民にとっては、上述の「不法行為」というものは、焙煎したばかりで旨そうな珈琲に、間違って塩を打ち込んでしまったような気分となる。精神的な苦痛がないと言えば嘘になるが、本日は正午から夜に掛けて、時間に隙間がないほど多忙であった。勿論、多忙だからといって疲弊することはなく、逆に、とても充実して幸せな時を過ごせたと思える。

 ランチを済ませ、先ずは、レクチャー会に3時間。接遇の極意などを話していると、あっという間に時間が経ってしまう。それから、記事やチラシを別のクライアントのところへ届け、今後の戦略について立ち話。気づけば、午後4時半を過ぎていた。

 何か撮影したいが、台風のことが気になって、心落ち着いて撮影する気分とはなれない。よって、クライアント先からそのままオフィスへ向かうことにした。車で坂を上りながら思い出したのは、昨年出逢った可愛らしいコスモスの花々だった。僅かな遠回りだが、昨年の場所へと車を移動させた。思った通り、コスモスが風に靡いて、太陽の方を向いて踊っていた。

 よって、オフィスに戻ったのは、午後6時過ぎ。正午から行ったレクチャー会の件で、何度かデータの遣り取りを行い、そのプロジェクトの詰めに傾注した。併行して、打ち合わせを電話で行いながら、デスク上では撮影したコスモスの写真を整理していった。

 そうしている内に、友人から久し振りの電話。実家からお土産を持ってくると言う。待つこと30分。菊鹿産の高級利平栗と彼の母親が作った栗団子を頂いた。大粒で丸みを帯びた美しい利平栗。器に入れた栗の記念撮影をしながら、栗団子を頬張った。一口齧ると、口の中に栗がコロコロと転がった。食感が凄かったので、掌の栗団子の中を覗くと、栗が熊本城の石垣状態となっている。このような贅沢な栗団子は初の体験である。

 栗団子に夢中となり、結局は夕食を忘れるほど満腹となってしまった。それから、美味しい栗団子を冷凍庫に入れるか、冷蔵にするか、一瞬間迷ってしまった。結局、翌日も食べることを決意し、冷凍をせず冷蔵保存とした。

 多忙という多忙ではないが、このように時の流れの中で、対外的なものがポンポンと入ってくる。とても心地よい多忙さの中で、別のクライアントから写真添付のメッセージが届いた。さあ、これが本日最後の仕事だと自分に言い聞かせ、急いでいるらしいので、超特急でその処理を終えた。

 ニュースで台風の動きが気になる。どうやら、鹿児島県の屋久島上空を台風の目が突っ走って行くようだ。昔の夕立は有り難さがあった。昔の台風は迷走することは稀で、適量の雨を降らして、秋を引っ張り、農作物へも恵みの雨を降らせていた。

 ところが最近の台風は、迷走どころか、狂人のように思えて仕方がない。そこまで人々を苦しめなくても、海上で思う存分荒れ狂い、上陸したら、静かに通り過ぎてもらいたいものである。

 本日は小学校1年生の夏休みの「絵日記」のような記事となったが、たまには、その1日を振り返り、自らの動静を精査するのも宜しかろうと・・・。

 最後に、筆者の挙動は「遊び」と誤解を受けることが多々あるけれども、こうやって、クライアントの知らぬところで、精一杯の仕事をこなしていることを、ここに愚痴りたいと・・・。(苦笑)

▼9月19日に移転オープンしたばかりの「えのきぞの」(熊本市中央区新屋敷)

kiji-2


▼コスモスとの再会
kiji-3


▼立派な利平栗と栗団子(山鹿市菊鹿産)
kiji-6


▼美味しそうな「松島観光ホテル岬亭」の料理群(上天草市松島町)
kiji-5



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


                   

  • posted by Chikao Nishida at 2018/9/28 02:36 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp