ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » カワセミ

八景水谷公園の大鷺・・・

20220128-001


 どんよりと曇った天気は、どうも足が鈍くなる。取材ランチをパンで済ませ、八景水谷公園公園の湧水池で遊ぶ大鷺を撮影することに。

 駐車場はガランとしている。やはり、新型コロナウイルス(オミクロン株)感染急増に伴い、人出が激減しているようだ。

 高齢者の散歩や犬の散歩、ゲートボールなどで賑わう同公園だが、ウォーキングデッドの世界に入り込んだように、ひっそりしていた。

 このような静かなる同園は久しぶりである。しかし、野鳥は元気いっぱい。日頃、人間が彼らのテリトリーを占領しているのが良くわかる。

 カワセミの姿もチラリと見えたが、お腹いっぱいなのだろうか、さっさとネグラの方へ飛んで行った。

 上空には珍しくミサゴが旋回し、カラスがあちこちで煩く鳴いている。人が少ないと、フィーディングする人が不在なので、鴨も鳩も雀も居ない。

 時には、このように静かな八景水谷公園も良いものである。


20220128-002


20220128-003


20220128-004


20220128-005


20220128-006


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」
 https://note.com/chikaonishidaLink

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2022/1/28 12:00 am

八景水谷公園のカイツブリ・・・

GREBE-20211214-001


 黄色に黒眼(くろまなこ)。遠目ではとっても可愛いが、ズームで拡大して見ると、デビルのような怖い目をしている、カイツブリ。漢字では「鳰(かいつぶり)」と書く。ガタイは小さいが、かなり気が強い野鳥であるようだ。

 本日も簡単なランチを済ませ、曇り空を仰ぎながら、再び八景水谷公園へ足を運ぶことにした。毎日続く「ICTスキルアップ研修会」のレクチャーを行い、研修生へ情熱をぶつけて、頭の中は次の教材のことでグルグル回っている。

 よって、野鳥の撮影にてストレス解消と思いつつ、持ち込んだのはデカくて重い一眼レフと超望遠レンズ。重量は赤ちゃんの重さほどあり、それを手持ちにて公園歩道を歩き回り、蹲居(そんきょ)の姿勢にて撮影しなければならない。

 すばしっこいカイツブリのダイブは、瞬きする暇もないほど、一瞬にして入水する。この一眼レフでは、1秒間に10コマほどの撮影能力しかないので、カイツブリが入水するまで、例えば半秒掛かるとすると、4〜5枚ほど撮影できれば御の字。

 予想通り、何度か連写をしてみるが、4枚ほどしか撮れていない。それでも、カイツブリの体の上の水玉を見て、その撥水力の凄さに驚き、最後の尻尾が見えなくなるまでの一瞬間を撮影できるだけでも、心の中は異常に燃えてくるのである。

 ただ、水面から無数の小魚が跳ねるのが気になるので、カイツブリの撮影の合間に、ガムシャラにランダムに水面エリアを選び撮影に専念。今回は、2000分の1秒のシャッター速度で、1枚だけ小魚の頭を捉えることができた。残念無念。

 僅か数センチの小魚をカイツブリやカワセミが狙っているところを捉えたいが、三脚や折りたたみ椅子を持参してまで撮影に傾注する時間はない。笑ってしまったのは、ランダムなガムシャラ撮影にて、SDメモリが「Full」となってしまったことである。

 勿論、予備のSDカードもあるけれども、下手な鉄砲数撃てば当たるとはならなかったのが悔しいところであった。野鳥を追い出すと切りがなく、気づけばジャケットの中はサウナ状態。寒空の下、このままでは風邪を引くので、さっさと退散することに。

 可能であれば、1秒間に120コマ撮れる、化け物ミラーレス一眼レフが欲しいものである!!!(苦笑)


GREBE-20211214-002


GREBE-20211214-003


GREBE-20211214-004


GREBE-20211214-005


----------
ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2021/12/15 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp