ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

シャドー(影)・・・

office


 影で思い出すのは、幼い頃、運動場で自分の影や友人の影を追ったり、遊んだこと。自分の影は同体なので、どんなに走り回ろうが、自分の頭を追ってもおいつくはずはない。しかし、陽が落ちてくると、自分の影がどんどんと大きく育ち、ポーズによってはバルタン星人のようなでっかい宇宙人と化すのである。

 筆者がゴルフを始めたのは16歳の頃だった。ゴルフ練習場に一週間に一度、必ず練習場へ足を運び、毎回4時間ほど汗を流したのだった。練習場には姿見の大きな鏡が設置してあるので、その鏡に映る自分自身のバックスウィングからトップの位置を正面、そして横からと確認しながら、スウィングの基本を身につけて行ったものだ。

 しかし、日頃は、自宅にそんなに大きな鏡があるはずもなく、官舎前にあるテニスコート近くの建物の壁の前に立ち、陽を背にしてできる自分の影を見ながら、スウィングのイメージを頭に打ち込んで行った。インパクトの瞬間に左足腰の開きがどうも気になり、何度も何度も弓がしなるイメージを叩き込んだ。

 写真上は、当社サテライトオフィスから撮影した熊本城大天守とビル群。400年前の建物と近代ビルが何気に同化している。その影を見ながら、幼い頃の影踏み、そして高校時代のゴルフ練習をしていた自分を思い出したのだった。

 最近、悪天候が続き、また、先見塾写真撮影会も頓挫している為に、なかなか写真撮影会で外出することが少なくなっている。・・・光と影のアーティスティックな写真を撮りたいと、イライラのガスが充満し、爆発寸前の状態だ。さあ、台風が去り、夏空が見えた頃、光と影をテーマに撮影に臨みたいと・・・。

 趣味というものは、継続しなければ段々とスキルが落ちてくる。カメラという趣味も同じように、頭で分かっていると思っていても、実際に光を感じ被写体に向かうと、久しくカメラに触れていないと、設定に時間が掛かり過ぎ、シャッターチャンスを逸することが多くなってくる。「継続こそ成功への王道」である。

 蛇足だが、「日々変化、日々進化。」をモットーに運営して来た先見塾だが、そろそろ大改造の時期が訪れて来たのかも知れない。


【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2014/8/7 11:54 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp