ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

人柄の良い店は長生きだ!!

▼水前寺東濱屋店主の吉田明さん http://www.dandl.co.jp/higashihamaya/Link
higashihamaya2


 BLOGニュースに何度も記事を書きたくなる店というものがある。依怙贔屓している訳でもない。ただ、日頃から気になって気になって、つい足を運び、記事を書きたくなる店なのだ。

 その理由が何だろうかと、自問自答してみた。・・・それは、そのお店のご主人や女将さんの人柄であるという結論に至った。

 兎角、職人と言われる人達は、仏頂面が多い。別に悪い人間ではないが、妙にマイペースすぎたり、サービス業である事を忘れていたり・・・「どうだ、喰いたいなら、金出して喰ってみろ!」と、奢りのようなオーラを放つ職人も居る。

 鴛鴦夫婦で店を営んでいる食事処は、「ズバリ、良い店!」と断言できる。・・・筆者が数十年足繁に通う店・・・水前寺東濱屋、鳥料理よしだ、壽し匠 都壽しなどなど、仲の良い夫婦が二人三脚で頑張っている。そのアットホームな空気感がダイレクトに客に伝わり、客は気づかぬ内にその店の人気メニューに魅せられてしまう。

 時には、夫婦喧嘩がショートコントとして人気を博している店もある。昨年立ち寄ったチャンポン屋さんの話だが、筆者が友人とカウンターに座るや否や、「おい、椎茸が落ちているのを気付いていたろ?気付いてたら拾え!」と店主が突っかかる。奥さんは「なんの、なーんも見えんかった!」と突っ張り返す。・・・吉本新喜劇のような寸劇に、我々は天こ盛りのチャンポンの野菜をボロボロ落としたのだった。(苦笑)

 先般、取材で足を運んだ水前寺東濱屋。同店の周囲には素晴らしい自然が残り、傍を流れる小川にはカワセミなどが遊びにやってくる。・・・百四十年の歴史と伝統を誇ると、言葉で言うのは簡単だが、その歴史を一つ一つ紐解きたくもなる筆者である。・・・近い内に、同店主にお願いして、明治時代、大正時代、昭和時代、そして現代までの秘話をお聴きしたいと・・・。


▼特上鰻重
higashi1


▼炭おこし
higashi2


▼三本の菜箸で蒲焼きが・・・
higashi3


▼近くの小川と椿
higashi4



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2014/3/29 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp