ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 水前寺東濱屋

明治10年創業の鰻専門店・・・

higashihamaya4


 明治10年創業の鰻専門店「水前寺東濱屋」。140年の歴史と伝統を誇る同店には、食材やタレへの特別な拘りと意表を突くような秘技がある。

 同店へ足を運ぶようになって34年ほどが経つ。初めて取材をしたのは十数年前のこと。老舗「水前寺東濱屋」の印象に残る取材と言えば、秘伝のタレについては情報は皆無だが、突出した鰻の捌き方と焼き方には、迫力と老舗ならではの工夫があった。

 鰻を捌く店主 吉田明さんは、何と僅か15秒にて1尾の鰻を捌くのである。更に、3本の菜箸を使い、空中で返しながらタレを付け、どんどん焼いて行く。思いの外、高温での焼き方なので、ぼーっとしている暇はない。

 上質な鰻はすこぶる身が柔らかいので、壊さぬように焼くテクニックは見ているだけで楽しくなる。本日の白焼きはここ数年間で一番の旨さだったが、焼く方は大変だったようだ。「串を打って焼くようなものだったけど、頑張って焼きました!」と。

 今まで何人の方々へ同店をお薦めしたか分からないが、同店の鰻を食して、それからと言うもの、右に出る店がない。勿論、蒲焼やせいろ蒸し、白焼きなどは、各々好き嫌いがある訳だが、同店の鰻を紹介して、今まで評判が悪かったことは一度もなかった。


▼お得なレディスランチDX
鰻のミニせいろ蒸し、肝吸い、茶そばと天ぷら、茶碗蒸し、うざく、サラダ、香の物
DFD_0782


DFD_0741


DFD_0754


DFD_0764


DFD_0713


DFD_0703


▼筆者オススメの特上鰻の白焼き
DFD_0834



◎水前寺東濱屋公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/higashihamaya/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/1/12 12:00 am

140年の歴史ある鰻専門店・・・

850_8077


 久しぶりの、水前寺東濱屋。近頃、無性に上質の鰻を食べたくて、苛立っていた筆者だったが、とうとう我慢できず、雨の中、急遽、水前寺東濱屋へと車を進めた。個人的な話で申し訳ないが、若くして他界した兄や数年前に世を去った父二人が、天国に逝く前に食べたいと言って、喜んで食べたのが同店の鰻弁当だった。

 今回ご紹介するのは、女性にはたまらない、すこぶるお得な「レディースセットDX」。写真下の通り、ミニサラダ、肝吸、ミニセイロ、ミニ茶そば、海老天、野菜天、茶碗蒸し、うざく(酢の物)と、とんでもなく御膳の中がお祭りみたいになっている。

 また、唯一無二の極上鰻として、日頃から知人友人に薦めているのが、「うなぎ定食(特上)」である。これは2匹の鰻から、美味しいところだけを厳選し、一人前にしている、とても贅沢な鰻の蒲焼。店主が編み出した独特な焼き方で、初めて食す人は腰を抜かし、必ず発する言葉が「鰻の常識が変わりました!」、である。

 明治10年創業と、140年の歴史と伝統を誇る水前寺東濱屋だが、雨の中も、ランチタイムぎりぎりになっても客足は止まらず、最後は80代の男性が独りやってきた。「皮目はしっかりと焦げるくらいに焼いてください!」と言っていたので、昔からの常連客かも知れないが、「お任せ!」と言った方が、より旨い鰻にありつけるのではないか。

 しかし、今日の極上のうなぎ定食は、今年一番じゃないかと、店主に尋ねた次第。そこで店主曰く、「今年は新仔うなぎが1ヶ月ほど遅かったので、今日の鰻は脂がのり、肉厚で美味しいかと思いますよ!」と。

 同店のタレは言わずもがな。よって、長年にわたり同店を支えてきたのは、上質の鰻ばかりか、この独特のタレと焼き方にあるようだ。焼き方は企業秘密なのであまり多くを語らぬが、まずは、この唯一無二の上質鰻をお試しいただければと・・・。37年間通っている筆者で、全国の有名鰻専門店を食べ歩いたこともあるけれども、未だに同店の鰻以上のものに出逢ったことがない。(これ、ほんと!)


▼レディースセットDX
850_8184


850_8085


850_8107


850_8156


▼うなぎ定食(特上)
850_8142


850_8100


850_8107



◎水前寺東濱屋公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/higashihamaya/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/12/4 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp