ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 先見塾 特別講座

9月の先見塾特別講座

SENKEN


 本日、9月の先見塾特別講座が、熊本ホテルキャッスルにて開催された。

 テーマは、先月に引き続き、(1)「著作権と二次利用」について、(2)戦略ツール(アプリ)の紹介と活用法、(3)論理思考についてレクチャーを行なった。食事を挟んで3時間。あっという間に時間は過ぎて行く。まだまだ語り足りないところが沢山あるものの、午後3時過ぎに無事終了した。

 どんなに進化したパソコンと言えども、実務に使用するアプリは知れている。しかし、先見塾では一般的なアプリを超越した、ブレーンストーミング戦略ツールや、文章力の強化特訓法などを交えて、各塾生の業務に最適な使い方を伝授している。

 さて、先見塾特別講座は、現在、FACE TO FACEにて月に1回開催しているけれども、そろそろネットを介して、遠隔テレビ会議システムの復活も考えている次第。

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/9/13 09:09 pm

インターネットは使い分けの時代!

senekenjyuku


 国内におけるインターネット黎明期(1994〜)から発展途上の時期は、デバイスもアプリもサイトも選択肢が極端に少なく、Netscapeなどのブラウザで、WEBページを覗き、ビジネス領域ではOFFICEが席巻し、ワード、エクセル、パワーポイントが主流となって行った。

 しかし、今は、デバイスもアプリもサイトもバリエーション豊かどころか、無数に存在していおり、更に、SNSの台頭で、ユーザーとしては、目の前の安価で便利なアプリをベースに、使い分けの時代となった。それは、とても良い流れではある。

 昔、携帯電話よりもパソコンが圧倒的にデバイスとしては優位な時期が続いてはいたものの、もはや、現代社会は、スマホやタブレットが生活に密着した万能デバイスとして進化している。

 よって、ビジネスユースで動く人は、OFFICE的感覚は変わらぬものの、B TO Cとして動く場合は、あらゆるアプリやサイトの検証を行いつつ、自らのネット戦略を練り直すべき時期に突入したことを知る必要がある。勿論、自らは「C」ではなく、「B」を立ち位置として・・・。

 所謂、黎明期や発展途上の時期においては、特殊部隊のスナイパーのように狙いすましてB TO C戦略を遂行していたけれども、現在は、イージス艦的発想で、公式サイトを軸として展開せざるを得ないのである。すこぶる複雑多岐にわたるようだが、うまい具合に束ねれば、一挙に解決できるものもある。

 ただ、アプリの進化、特に、クリエイティブ領域のアプリは、素人軍団をクリエーターと勘違いさせたり、デジカメやビデオカメラの進化は、目を瞑っていてもプロ級の写真や動画が撮れると思い込ませる節もある。「下手の横好き」的なもので、神聖なプロ集団のビジネス領域を、力量なく汚す可能性も無きにしも非ずとなる。

 最終的には「本物」しか残らないのは当然のこと。ビジネス領域では、その「本物」を見極める能力が経営者に求められるのは必至となる訳だ。しかしながら、この時代に生きていて、「SNS時代って何だか分からない!」と言っていると、生きる化石と揶揄されてしまうのがオチとなる。

・・・先見塾より

▼次世代の「卵」は何だろうか!?
ONE-EGG



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/9/4 01:58 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp