The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » ホテル・レストラン

四川の麻婆豆腐・・・

DFD_1274


 取材中に、寒さで指先や膝下が冷たくなった時に、一番食べたくなるのが、四川料理の麻婆豆腐(熊本ホテルキャッスル 四川料理 桃花源)である。

 熱々のご飯に、これまた熱々の麻婆豆腐を掛けて、かき込む。ラー油のピリッとした辛味の刺激を受け、山椒で舌全体が痺れるような刺激で、口の中は七転八倒の炎の祭典となる。更に、熱々の豆腐が絡み合うと、突然、頭頂部より噴水のような汗が噴き出してくる。

 しかし、この麻婆豆腐は油がさらっとしており、体の芯から心地よく温まってくる。上方を仰ぐような撮影姿勢が重なり血行不良なのか、首や肩の凝りがあったが、食後には頭痛薬でも飲んだかのように、寒さと痛みは消え去っていた。

 上述のように調子に乗って、ランチタイムに、麻婆豆腐、豚肉料理、海老料理と・・・次から次へと平らげてしまった。炎のような料理だが、その後に熱々の茶でも飲めば、口内の辛さが再び蘇り、また、汗まみれとなってしまう。この拙い記事を書きながら、既に、額には汗が滲み出ている。・・・深夜につき、すこぶる空腹な地獄の時間帯となったようだ。


DFD_1268


DFD_1260



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2019/2/15 12:56 am

ダイニングキッチン九曜杏のランチ!!

850_0212


 熊本ホテルキャッスルは、59年の歴史と伝統を誇る、熊本県内屈指のシティホテルである。筆者はその年月には及ばないが、記憶が正しいとすれば、同ホテルを利用するようになって、今年で38年となる。

 四川料理 桃花源(同ホテル地階)は大人気の食事処として、当時の800円のランチは結構なお値段であるものの、辛(シン)からさと麻(マー)からさの虜となり、1週間に1回は同僚と必ず足を運んでいたことを想い出す。

 今では当時の同ホテル1階のレストランも様変わりし、ダイニングキッチン九曜杏に改称し、とてもリーズナブルで美味しい洋食と和食が楽しめる、ハイカラなレストランになっている。最近は同ホテルのレストランにてランチを済ませることが多く、そこを基点に熊本市内および周辺に足を運び、シャッターを押しまくっている日々が続いている。

 因みに、ランチはグランドメニューとは別枠となっており、洋食は、大きく分けて1)シェフランチ、2)パスタランチ、3)カレーランチ、4)九曜杏ランチ、5)ステーキランチとなっている。オススメは、1)のシェフランチ。メインディッシュに、ご飯又はパン、コーヒー、デザートが付き、とてもリーズナブルでゴージャスなものが楽しめる。


800_4273


800_4470


800_4484


800_4527


D75_9858


DFD_0515


hamburger


DFD_7589


D60_6407


600_9611


800_4261


800_4479


800_4511



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2019/1/28 02:47 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp