ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 鹿央物産館

「紫やまいも」の調理法・・・

850_6661


 今旬の「紫やまいも」と「太秋柿」。本日は、熊本県山鹿市特産として知られる「紫やまいも」についてお話ししたい。

 写真上のように、大きな「太秋柿」の左手にあるのが「紫やまいも」である。どっしりと重く、中身が詰まっている。以前、「紫やまいも」をすりおろしたものに酢を垂らして食したことがあるが、粘りがすこぶる強く、喉越しがつるりと、とても美味であった。

 普通の山芋と同様の調理法で食せるけれども、ご参考までに色んな調理例を以下に記しておくことに・・・アンチエージングの食材の一つとして注目している次第。

1)すりおろしてそのまま食す(醤油やポン酢をかけて)
2)大根おろしでのばして食す(酢やうす口醤油で味付け)
3)かき揚げ(短冊切りにして)
4)お好み焼き
5)焼いて食す(輪切りにして焼肉のタレやポン酢をかけて)
6)トロロご飯(色鮮やかな紫色のトロロご飯・たっぷりとだし汁をかけて)
7)うどんやそばのトッピング
8)磯辺揚げ
9)かるかん饅頭などお菓子作りに

▼コスモス満開の鹿央町

850_6368


▼そろそろ紅葉が楽しみな季節
850_6536




<問い合わせ先>

◎鹿央古代の森 鹿央物産館
 熊本県山鹿市鹿央町岩原2965/TEL 0968-36-3838

1)鹿央物産館公式サイト
  http://kao-kodainomori.comLink
2)鹿央物産館関連記事
  http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=kaoLink


                                 

  • posted by Chikao Nishida at 2018/11/7 12:32 am

魅惑的なコスモスたち・・・

▼山鹿市鹿央町市民センター近くに咲くコスモス
850_6373


 このように大輪で、美しいコスモスの花々を見たことがなかった。実に、美しい。川岸を埋め尽くすように咲き乱れるコスモスをよく見掛けるが、鹿央町で出逢ったコスモスの方が、ずっと魅惑的である。また、靴など汚れることもなく、思い通りの角度で撮影できるところも有難い。
 
 目の前のクリーニング屋さんに話を聞くと、もともとスイカ畑らしく、丁度いい時期に種蒔きをして、肥えた土にて栄養十分であり、コスモスにとっては最良の環境下で開花を迎えたのだろうと。

 数十分間レンズを向けながら、天に向かって伸び上がるコスモスの花々を楽しませていただいた。ハナアブが飛び回るコスモス畑・・・これは意外な発見でもあり、次回はしっとりと雨に濡れた後にでも撮影できればと・・・。

 ちなみに、今回の鹿央町取材ランチは、カツ丼。味噌汁とお新香が付いて700円(税込)。実は、1100円(税込)の味彩定食(あじさいていしょく)を頼みたかったが、数に限りある味彩定食なので、残念ながら空振りとなった。


850_6267


850_6288


850_6300


850_6305


850_6320


850_6323


850_6327


850_6337


850_6355


▼人気の鹿央物産館のカツ丼 700円(税込)
850_3464



◎鹿央古代の森 鹿央物産館
 熊本県山鹿市鹿央町岩原2965/TEL 0968-36-3838

1)鹿央物産館公式サイト
  http://kao-kodainomori.comLink
2)鹿央物産館関連記事
  http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=kaoLink

                                 

  • posted by Chikao Nishida at 2018/11/3 01:08 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp