ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

千年ワープして、康平寺の庭先へ。

kouheiji-001


 千年の歴史を誇る「康平寺」(※1)に足を運んだのは、昨年の11月末のことだった。当時、銀杏の黄色い葉は散りかけていたが、シャッターチャンスはギリギリセーフのタイミングであった。尚、お寺一面が黄金色の絨毯に包まれて、観光客やカメラマンが大勢訪れていた

 今回は、紅葉シーズンにはまだまだの季節だが、竹林の緑と苔むした同寺は、人影もなく、空気が澄み切っており、時折、藪の中で音がする。パサパサ、パサパサと折れた枝や木の実などが落ちてくる。どこに栗の木があるのか分からないが、竹林と山道の際に、栗が沢山落ちている。猪も、御相伴に預かるのか!?

 先日は、嘉島町にある浮島という湧水池へ足を運んだが、野鳥はオオバン数羽がいるだけで、その他の渡鳥の姿はない。本日も、緑一色の森の中にあるお寺なので、野鳥のさえずりはあちこちで聞こえるけれども、その姿は目視できない。魚釣りならば「ボウズ」と言うように、動く被写体は皆無であった。

 ただ、日頃から都市中心部にいるので、このようなカントリーサイドに足を運べば、どれだけ酸素量が多いのかと驚くほど、空気が旨い。一帯が芝生であれば、美味しい弁当持参でピクニックしたいほど心地良い処である。台風16号の直接的な影響はないものの、取材終了時のマスクの中はサウナ状態となった。

 本日は木曜日であるが、ここ数日前と比べれば、熊本市内の幹線道路を走る車がやけに多い。国道3号線では渋滞が発生し、なかなか車が動かない。しかし、車が少なければ経済が停滞している訳で、渋滞でも構わないので、凍りついた経済が、日を追うごとに溶けて活発になればと、かすかな期待を持った次第。

(※1)康平寺は1057年(康平元年)に創建されたので、「康平寺」と名付けられたと言う。大変レアなお寺さんであり、知る人ぞ知る古寺である。


kouheiji-002


kouheiji-003


kouheiji-004


kouheiji-005


kouheiji-006


kouheiji-007


kouheiji-008


▼昨年11月末に撮影した康平寺(2020年11月28日付の記事)
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1606489200Link
kouheiji-009



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/1 12:00 am

「失言」は自爆行為!!!

◎記事と写真は関係ありません

JOSUI


 あくまでも自戒を込めての話だが、「失言」ほど怖いものはない。無意識に発する言葉が「失言」である訳で、そのまま「本音」と受け止められると、身動きが取れなくなってしまう。だから、言葉を発する場合、特に、公然と話をしたり、相手と仕事の交渉をする時など、無意識なる「失言」は自爆行為となってしまう。

 社会人となり、多くの人々と接し、話すことも沢山あった。勿論、自分自身の「失言」もあったのは否めないが、可能な限り、誤解のないように、その都度説明を行うようにしてきた。しかし、逆に、意表を突くような、デリカシーのない「失言」を山ほど聞かされてきたように思えてならない。非常に低劣なる「失言」ばかりであった。

 言葉自体が、相手に対して非礼極まりないにも関わらず発してしまい、とんでもない結果をもたらすことになる。それは、ボキャブラリー不足の人に多いパターンである。「失言」には、相手を愚弄するようなもの、見下すようなもの、真剣さにかけるもの、嘘を隠すためのもの、恫喝にあたるようなもの、セクハラ的なものなど、色々ある。
 
 あるベルボーイが、カスタマーの車を指差して「ちょっとした高級車ですよね!」と言ってしまった。本人は褒めているつもりでも、「ちょっとした」という修飾語が付くと、安っぽい車にしか聞こえない。また、外車ユーザーに「遅ればせながらの暴走族ですね!」と宣う。しかし、聞いたカスタマーは、「ふざけるな!」となってしまう。

 こういうこともあった。カスタマーに対して「一線を引かせてもらいます」という「失言」である。正確には「一線を画す」であるが、多分に、仕事関係ではそれなりに、個人的には「一線を画す」と言いたかったのであろうか。しかしながら、どのようなカスタマーであっても、仕事関係で接点があるのなら、その言葉は禁句中の禁句となってしまう。

 また、「いえいえ、ちゃんと契約をするつもりでした!」と、「つもり」を連発する逃げ腰の経営者が何人もいた。「つもりじゃなかった」と言い放ち、自身を正当化する為に「つもりだったが、できなかった」という、腑抜けたストーリーを作る人もいた。初手から契約する気がなければ、その時点で「契約はできません」と言うべきである。

 瞬間的な言葉のチョイスは容易なものではない。よって、脳みそでしっかり考えずに話す人は、「失言」の可能性が高く、尊敬語、丁寧語、謙譲語などの遣い分けもできない。「失言」を少なくするには、常に今から発する言葉が適切か否かのフィルタリングが必要となる。無能な人はコントロールできずに、「失言」で何度も自爆、自滅する。

 狡賢い人間は、「失言」なり「約束事」を指摘されると、「言った覚えがない」と記憶喪失を装う。その言葉の意味、真意を問われると、「しっかりとした意味が分からず遣ってしまいました!」と答える。今回の自民党総裁選においても、「失言」の怖さが見え隠れしていたが、「失言」は可能な限り発しないのが、一端の大人と言える訳だ。

 総裁選の「失言」はどうでも良いことだが、身の丈や自分の立ち位置を過大評価していたり、恵まれ過ぎた家系に生まれ価値観をも履き違えしている人は、先輩諸氏からどんなにサジェストされたとしても、その「失言」が無くなることは期待できないかも知れない。何故ならば、近代政治史を紐解けば、「失言」によって失脚した人が想定外に多いからである。

 
▼孔子公園の花々
KOSHI-PARK-0001


KOSHI-PARK-0002


KOSHI-PARK-0003


KOSHI-PARK-0004


KOSHI-PARK-0005


KOSHI-PARK-0006



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/9/30 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp