ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

『追う』を選ぶ人と、『逃げ』を選ぶ人。

pen


 昨日深夜に、筆者のコラムの読者から次のようなメッセージが届いた。

「こんばんは。文書作成能力、本当に必要不可欠で重要です。先生の文章を読ませていただき勉強しています。(もう遅い歳ですが)」と。

▼読者の方が読まれた筆者コラム
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1659798000Link

 この方は(以下、前者と言う)、筆者コラムを毎日熱心に読まれており、不定期にコラムに関する『感想』や『気づき』を報告してくれる。先生と呼ばれることには、些か違和感はあるものの、読者の方からのメッセージは、とても励みになる。

 それに反して、プロジェクトのベクトルを共にしている人間(以下、後者と言う)であっても、日頃からコラムを読まず、情報共有を疎かに、ギクシャクしたリアクションを繰り返す人がいる。

 前者、後者のそれぞれの立ち位置は全く異なるけれども、メッセージを送ってくれる前者と、日頃からレスポンスの悪い後者との大きな違いを検証することにした。

 その大きな違いは、『学ぶ姿勢』にある。両者は、『素直な心』と『向学心』、『敬愛の念』において、雲泥の差があるという訳だ。表現を変えれば、『一を聞いて十を知る』前者と、『馬の耳に念仏』の後者との違いとなる。

 前者は、筆者コラムが駄文だとしても、何らかのヒントを得て、実生活に活かされている。それに反し、『やってる感』を演出する後者は、『逃げ』を選択し、『迷走』を続け、『負のスパイラル』から抜け出せずにいる。

 前者は『人間大好き人生観』を持ち、後者は『人間嫌い(又は苦手)人生観』を持つ。人は歳を重ねると『素直さ』が欠落し、他人の助言に耳を傾けなくなる。よって、眼前の事象を正確に読めない(把握できない)人も少なくない。それを筆者は、『双六振り出し常連組』と呼んでいる。

 結局、後者は『未必の故意』的な行動を選択する為に、全てが好循環から縁遠いものとなり、変化も進化もなくなってしまう。日を追うごとにモヤモヤだけが鬱積してしまう。しかし、モヤモヤの元凶は自分自身であるが、その自覚はない。

 『弥次郎兵衛の人生』、『演出の人生』に偏る人は、大抵の場合、『負のスパイラル』と、無限列車のように同化している。どんどん麻痺して行く中で、大切な自分自身でさえも失って行くのが危ぶまれる。情けない話だが、常に『逃げ』が安住の地となり、そこに居座ってしまう。

 社会風刺や人間学のコラムを読んでくれる前者は、常に自分自身の背中を見ては、少しでもスキルアップしようと努力されている。すこぶる心が澄んでいる人に違いない。時折送られてくるメッセージにより、こちらこそ、その感想を拝読し、逆に勉強になることが多い。有難いメッセージに感謝するばかりである。

 後者のような人にサジェストしたいのだが、『邪気』に包まれた人生なんぞ、楽しくもなく、面白味もないはずだ。そこで『逃げ』を選ばず、人の為に一所懸命に真正面から接すれば、自分自身が困っている時に、周囲の多くの方々が必ず助けてくれる。

 それが、『人』という文字の如く、人と人とが支え合って生きている姿を現している。コラムを読まれている前者は、それを良くご存知であり、悟られているはずだ。よって、常に『追う』を選ぶ人生を送られているのだろうと。実に、素晴らしい『人生観』である。

▼猛暑の一日(熊本県山鹿市鹿本町にて)

kamoto20220809

----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2022/8/9 12:00 am

『ザ・ランチ』・・・熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏(保存版)

▼ダイニングキッチン九曜杏 大津大輔マネージャー

castlelunch-000



 日頃から取材ランチで世話になっている、熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏。(大津大輔マネージャー)

 コロナ禍となり足を運ぶのが激減したが、ぼちぼちコロナ禍以前のペースに戻そうかと考えているところである。(しかし、感染拡大が続く)

 何はともあれ、同ホテルメイドの洋食、和食は安心安全であり、ランチタイムには勿体無いほど贅沢なものだが、体調管理のためには、バランスの良い料理を食したいと考える。

 六十年以上の歴史と伝統を誇る同ホテル。また、この1階レストランは140席ほどを有するお洒落な食事処として、日々、グルメ通の方々が週替わりランチや特別ランチ、ディナーを楽しんでいる。

 10月には、数十年ぶりに再会する旧友(東京在住の医師)との会食だが、勿論、同レストラン和食料理長 脇宮盛久氏の特別料理を予約完了している。まだ、先の話になるが、どんな料理がサーブされるのか、とても楽しみなところ。

 旧友にも、本日、その旨メッセージを送っておいた。

▼ガラス張りの厨房内
castlelunch-001


▼特別に作っていただいたドリンク
castlelunch-002


▼8月1日スタートした新作・スープカレー
castlelunch-003


▼真鯛のポワレ
castlelunch-004


▼舌平目のムニエル
castlelunch-005


▼8月1日スタートした新作・肥後赤茄子のボロネーゼ
castlelunch-006


▼ジューシーなポークカツ
castlelunch-007


▼二種のルウを楽しめるハンバーグカレー(ハーフ&ハーフ)
castlelunch-008


▼ビーフカレー
castlelunch-009


▼ステーキサラダ
castlelunch-010


▼同レストラン自慢のコンソメスープ
castlelunch-011


▼洋食ランチセットのデザート
castlelunch-012


▼コーヒー
castlelunch-013


▼特別料理『熊本赤牛のシャトーブリアン』
castlelunch-014


▼特別料理『熊本赤牛のシャトーブリアン』
castlelunch-015


▼和食料理長 脇宮盛久氏(黄綬褒章・現代の名工 受章者)
castlelunch-016


▼特別料理の八寸(1)
castlelunch-017


▼特別料理の八寸(2)
castlelunch-018


▼ランチタイムの『てまり膳』
castlelunch-019


▼ランチタイムの『肥後赤鶏の熱々蕎麦』
castlelunch-020


▼筆者用にカスタマイズされた『天ざる』
castlelunch-021


▼季節限定の『稲荷寿司』
castlelunch-022


▼そうめん(グランドメニューにはない)
castlelunch-023


▼美肌ぷるぷる膳(コラーゲン)
castlelunch-024


▼同レストラン横のオブジェ
castlelunch-025


▼熊本ホテルキャッスル外観(タワー)
castlelunch-026

----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2022/8/8 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp