ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

熊本赤茄子&赤牛ひき肉のボロネーゼ

castle20220813-001


『熊本赤茄子&赤牛ひき肉のボロネーゼ』・・・焦がし流れるチーズにひき肉が絡まり、焼き茄子の雫に包まれる。夏野菜を頬張る、至福のひととき。
----------

 8月1日からダイニングキッチン九曜杏(工藤圭吾料理長/熊本ホテルキャッスル)の新メニューとなった『熊本赤茄子&赤牛ひき肉のボロネーゼ』。先日、ランチの一コマで紹介したが、本日は、同料理の徹底検証を行うことにする。

 見た目に、「オオサンショウウオですか?」と言いたいほどの、迫力ある『熊本赤茄子』のボリューム感が伝わってくる。そこに、『赤牛ひき肉』が山盛りにて、程よい焦げ加減の『チーズ』が覆い被さる。更に、『ズッキーニと生バジル』がトッピングされ、ジェノベーゼが皿を彩る。

 黒服がサーブするなり、生バジルの香りが周囲に棚引き、日本とイタリアの合作のようなボロネーゼとなっている。ナイフとフォークで頂くが、『熊本赤茄子』の雫が両国の境界線であり、この夏を一気に呑み込むような満足感が、後からじわじわとやってくる。

 見た目は、『オオサンショウウオ』。食せば、『和伊合体』の料理である。ナポリタンもイタリアにはない純和風のものだが、日本人のリメイク能力は際限無く、世界を唸らせるほど緻密繊細であり、特に、料理の世界では、その食材を引き出す『魔力』を持ち合わせている。

 今回の『熊本赤茄子&赤牛ひき肉のボロネーゼ』が、まさしく新たな『発想』から生まれ、微に入り細に入り、各食材の相性を分析しつつ創作されたものであることが、良く理解できた。因みに、メイン食材のキーワードは『赤』である訳だ。

 熊本に住み、熊本の食材をふんだんに使用した料理は、格別である。『地産地消』を最重視し、県内農産物の生産農家や酪農家、地元漁業者などが一体となってコロナ禍を跳ね返す。その原動力になるのが、このようなホテルレストランにおける、『創意工夫』ではなかろうか。

 本日の『熊本赤茄子&赤牛ひき肉のボロネーゼ』についての検証結果だが、一言で、『名物料理』の候補として推挙するに値する。まだまだ食材は沢山あるので、同ホテルの厨房サイドへは、『唯一無二なる名物料理』の開発に期待を寄せているところだ。

 エスコフィエの言葉に「料理は音楽だ!」という名言がある。5000以上レシピを誇るフレンチの神エスコフィエ。今回の『熊本赤茄子&赤牛ひき肉のボロネーゼ』は、フォルテッシモとピアニッシモの波が上手い具合に融合している料理に思えてならなかった。

 Grazie per il tuo pasto! ご馳走様でした。



▼熊本赤茄子&赤牛ひき肉のボロネーゼ
castle20220813-002


castle20220813-003


▼サラダ(イメージ)
castle20220813-004


▼今週のパスタ(シチリア風)
castle20220813-005


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2022/8/13 12:00 am

眼前に打ち上がる花火・・・夏の風物詩を暫し楽しみながら、手持ちでシャッターを切る。

hanabi202208-009


 記事を書いていると、ドーンと大砲のような音が聞こえ、バリバリバリバリと。花火である。オフィス窓のブラインドを開けると、目の前に花火が上がっている。近すぎて、レンズを替える暇もなく、70-200mm f2.8のレンズを付けたまま撮影に臨んだ。

 ファインダーに収まりきれず、結局、花火が弾ける中心を読み追いながら、シャッターを切る。部屋が真っ暗なので、全ての設定は勘である。三脚に載せて、スローシャッターで撮影したかったが、今回も叶わぬまま、パシャリ。

 この花火は規模が小さいようで、撮影開始から10分も続かなかったような気がする。手持ちがミラーレスだったので、手ブレやシャッターブレは少ないものの、もっと、枝垂れ柳のように火の粉の落下を撮りたい気分だ。

 筆者の郷里は、熊本県北部の山鹿市。夏祭りの『山鹿灯篭まつり』と八百年の歴史を誇る泉質自慢の天然温泉、そして装飾古墳で有名なところである。昔は、全国へ九州の祭として紹介されるほどで、二日間(8月15日、16日)に50万人ほどの観光客が訪れていた時代もあった。

 幼い頃に見た菊池川沿いの花火。大人の背中や頭や団扇が邪魔になり、仕掛け花火が見えず、あちこちを走り回って、隙間を探しては、人混みに頭を突っ込んで見ていた。腹にズドーンと響く花火の大音量は迫力がある。最後の〆の打ち上げの大輪の花火は、今でもしっかりと脳裏に焼き付いている。

 しかし、目の前の花火は、いつ間にか終わってしまったようだ。〆がどれなのか分からないまま、カメラをOFFに。何となく、消化不良のような気分だが、まあ数枚は撮れたので良しとする。

hanabi202208-001


hanabi202208-002


hanabi202208-003


hanabi202208-004


hanabi202208-005


hanabi202208-006


hanabi202208-007


hanabi202208-008


hanabi202208-010


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2022/8/12 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp