ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

「指切りげんまん」のない大人の世界・・・

josui-3


 子供の頃、約束する時、「指切りげんまん嘘ついたら針千本飲ます!」と言っていた。この文章をじっくりと眺めていると、とんでもなく怖く、絶対に約束を果たさねばならないと思ってしまう。

 小指を切り渡し、拳骨を1万回、更に針千本の拷問が待っているというような内容である。しかし、子供はそこまで酷いものとは知らず、鼻歌程度、合言葉のように、笑って指切りげんまんをやっている。

 それが大人の世界になれば、虚偽情報の流布やら、機密情報の漏洩やら、秘密保持違反やら、四方八方からワンサと火矢が飛んでくる。しかし、指切りも拳骨も針もなく、何の謝罪もなく逃げてしまう。

 「言ったつもりはない」、「頼んだつもりはない」と知らぬふり。自分に責任が及ぶとなると、「電動虚言連発マシーン」と化し、保身に回る。涼しい顔して、偽善者ぶりは百点満点の人も居るようだ。

 これこそ「恥ずかしさの境界線」を数千回も超えることになるが、そんな人は、既に、己を神棚に上げての、高みの見物。残念ながら、そう言った経営者が多い。要因は、「自然体」になれないからだ。

 失言したら、深謝すれば良い。相手に迷惑を掛けたのならば、深謝後に、即座に補填すれば良い。謝ることは、相手に舐められることではない。何故に、日々、見えざる敵と闘うのか。それは、メンタルが弱いからである。

 この1年間に、上述にぴったり当てはまる人を見掛けたことがあるが、己を「神」、「皇帝」、「教科書」の如く思い込み、周囲全ての人たちを見下すのがルーチンワーク。度が過ぎて、「パワハラ」、「セクハラ」へと移行する。

 勿論、「育ち」、「民度」の問題であるけれども、一歩立ち止って、自分の背後を振り返ってみれば気づくはずだ。そこには、誰一人として、管理職や若手スタッフの姿は皆無となる。とても、とても寂しい人生となってしまう。

 実寸台の自分自身が見えるようになると、虚栄を張らずとも、気楽な人生を送ることができる。自分ができない事は、周囲に頼れば良い話。がむしゃらな昭和の時代は、既に、終わっているのだから・・・・・。

 
2020-8-10-2


2020-8-10-3


800_6008


2020-8-10-5



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2020/8/10 12:00 am

嬉しいコメント・・・

▼合成写真と間違えられた4匹のアゲハチョウ

D85_9018


 写真上を「Obscura Photo Club」にアップしたら、会員さんから「凄いですね!!合成ですか??」と聞かれてしまった。合成のように見えたらしいが、実は、4匹の蝶が乱舞する瞬間を捉えたものである。しかし、嬉しいコメントである。

 炎天下、植栽の上で蝶たちが乱舞を繰り返す。その動きのベクトルを予測しながらレンズを向けるが、簡単に捉えられない。アゲハチョウが4匹。1匹が花に止まり、その後ろから3匹が乱舞している。とても力強く飛び回る。そして、又、移動。

 近頃の一眼レフや超望遠レンズは精度が高く、肉眼では確認できない微細なところまでを拾ってくれる。蝶の複眼、羽、鱗粉、口吻などもしっかりと写してくれるのである。時には、鳥肌が立つほどの部位が鮮明に撮れており、目を背けてしまうことも。

 子供の頃から一眼レフとマクロレンズを持っていれば、もっと昆虫や花々を撮影できたと思う。精密機械もデジタル化と相まって、小さな自然やら無限の宇宙やら、私たちの目を楽しませてくれる。それも、アーティスティックなビジュアル世界を。


D85_8762


D85_8818


D85_8825


D85_9009


D85_9033



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2020/8/9 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp