ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

熊本ホテルキャッスルのランチ鳥瞰図・・・

▼九曜杏厨房で打ち合わせをする工藤料理長(九曜杏)中央と水本料理長(トゥール ド シャトー)

800_2680



 ダイニングキッチン九曜杏(熊本ホテルキャッスル)の10月を振り返ってみた。

 圧巻は、(1)牛タンシチューである。肉厚で柔らかく、口の中で溶けてしまう。これがグランドメニューにあったのかと、今頃になって「しまった!」と思い、この10月だけでも4回ほどオーダーしている。

 最近、めきめきと腕を上げて来た若手が創る(2)ポークカツレツサンドイッチも、サクサク焼き上げた食パンの中に、ふんわりジューシーな豚肉とトマト、レタスが弾けそうに詰まっており、満足度が高かった。

 季節柄、(3)サーモンの週替わりランチも美味であった。蓮根、きゅうり、マッシュポテトとの組み合わせも絶妙にて、これもまた満足度が高かい料理である。しかし、週替わりであるので、次は来年を待つほかない。

 次の料理は(4)スペアリブ。これはグランドメニューに掲載されており、コスパも良く、ワイルドさと豪快さが何とも言えない。じっくりと煮込んであるので、身離れが良く、肉質も解けるほどに柔らかく、お年寄りにもお勧めしたい。

 (5)ビーフカレーライスは、ランチメニューで一番リーズナブルなもの。最近は、料理長オリジナルとしてサーブしてくれるが、バスタオルが要るほど激辛な時もある。辛味と酸味のバランスが良く、とてもフルーティな仕上げとなっている。

 (6)ステーキピラフは、グランドメニューでは一押し。和風の味付けがとても優しく深みがある。ステーキにワサビを乗せて涙目にて食し、スプーンでピラフを口に頬張れば、また、独特な味わいに変化する。

 メインの前にサーブされる、(7)生ハム入りのサラダ。季節により内容は変わるものの、今の生ハム入りサラダはお得感がある。やや塩っぱい生ハムを、クリーミーなドレッシングとレタスと合わせて食すと、ぐっと食欲が湧いてくる。

 (8)スイーツは、10月限定のハロウィン仕様のスイーツと一緒にショーケースにお目見えしたものだ。ランチタイムの終了間際に、このスイーツとコーヒーで〆れば、文句の言いようはない。

 (9)から(11)は、同ホテル地階にある四川料理 桃花源の料理である。順に(9)五目野菜炒め、(10)雲白肉、(11)四川風アヒルの燻製となる。どれもこれもお勧めとなるが、四川料理を代表するものとなれば、(11)アヒルの燻製を一押しとする。

 何はともあれ、流石に老舗ホテルレストランの人気メニューである。不思議と、何度食べても飽きることがない。しかし、このようにリーズナブルで美味しい料理群をもっと宣伝すれば、老舗シティホテルの食文化がより伝わるのではなかろうかと・・・。
 
▼ダイニングキッチン九曜杏 色見マネージャー
850_2254


▼(1)牛タンシチュー
55F8EA39-ABC8-4D00-86DF-2767E77D1316


▼(2)ポークカツレツサンドイッチ
800_2831


▼(3)サーモンの週替わりランチ
850_1751


▼(4)スペアリブ
DFD_6948


▼(5)ビーフカレーライス
DFD_7344


▼(6)ステーキピラフ
DFD_7367


▼(7)生ハム入りのサラダ
DFD_7327


▼(8)スイーツ
DFD_7009


▼(9)五目野菜炒め
850_1768


▼(10)雲白肉
850_1795


▼(11)四川風アヒルの燻製
850_1861


▼ダイニングキッチン九曜杏 松岡ウェイター
3E798188-5905-4360-A8F3-8FBDDD86A006


▼ダイニングキッチン九曜杏 ウェイトレス
850_2173



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/10/21 01:55 am

嘘をつく人、話をはぐらかす人。

▼写真はコラム内容とは全く関係はありません
DFD_5327


<ケース(1)>
 或る人Aに、記事を渡しておいた。

 「あの記事、読んでくれた?」と問うと、「はい、読みました!」と。「では、感想を聞かせて?」と聞くと、「えーーーーー、あーーーー!」と。「読んでないんでしょ!?」と言えば、「はい↓」と。

<ケース(2)>
 また、或る人Bに、同じ記事を渡しておいた。

 「あの記事、読みました?」と問うと、「はい、読みました。記事というより、写真に見入ってしまいました!」と。

<ケース(3)>
 更に、或る人Cに、同じ記事を渡しておいた。

 「あの記事、読んでくれたかな?」と問うと、「いいえ、読んでません!すみません!」とハキハキ、堂々と。

 上述の3パターンを検証すると、嘘つきは(1)と(2)となる。(1)は最初の返事は良いが、次の言葉の詰まりでバレてしまった。(2)は、記事内容に質問が及ぶと判断し、「写真に見入って・・・」と虚言を発し、はぐらかしている。

 正直なところ、記事を渡したのは3日前のこと。3日過ぎても、3人ともしっかり読んではいない。記事の内容は、熊本地震復興の苦悩を記録したものだったが、皆、三年半前の熊本地震に関心がなくなっていることになる。

 目的は、熊本地震復興の苦悩(実録)を知って欲しかったのだが、A4サイズ2ページに及ぶ長文(別に長文でもない)に対して、初手から「拒絶反応」を示しているに過ぎない。自分たちとは全く関係がないといった具合だ。

 何事も、相手の立場に立って考察する癖をつけると、分析力や理解力が増す訳だが、そのような教育を受けていない世代なのだろうと、愕然とした次第。だから自己中が多く、第三者に対して配慮、気配りが欠落しているのだろうと・・・。

 話は前後するけれども、本人の弁解を信用するとして、(1)は1ページは読んでいたらしい。(2)は切り返しが絶妙のように見えるが、Q&Aが成り立たず、嘘っぽい。(3)は馬鹿正直者だが、もっと向学心、向上心を持ってもらえれば有り難い。

 やはり、嘘つきは遅かれ早かれ自滅し、赤恥をかき、信用を失墜することになる。


DFD_6400


DFD_6093



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2019/10/20 01:28 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp