ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

松葉牡丹(ROSE MOSS)・・・

850_0143


 随分懐かしいところへやってきた。「寂心さんの樟(樹齢800年)」である。

 正直なところ、この公園は何もない。子供用の遊具が点在しているが、撮影するには、逆に美観を損ねるような配置である。

 本日は、どちらからか知らないが、寂心さんの樟へお参り!?に3人の方々が来ていた。

 太陽光の刺すような痛さに、木陰に行って、周囲を見回したのだった。

 花壇に、松葉牡丹(ROSE MOSS)がたくさん咲いている。炎天下なので撮り辛いが、風の吹く中で十数枚を撮ることにした。

 強いピンクの花は撮れない。ベタッとした写真ばかりとなるので、白っぽい方へ移動し、そちらを撮ることにした。

 
850_0157


850_0116


850_0133


850_0083



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2019/9/18 01:08 am

点心とサンラータンメン・・・

850_9997


 四川料理の名店である、「四川料理 桃花源(熊本ホテルキャッスル地階)」。通いつめて、今年が38年となる。

 今回は、コースやビジネスランチでもなく、グランドメニューから点心とサンラータンメンを選ぶことにした。これは、あまり食欲がない時にオーダーするパターンである。

 点心は、各々出来次第サーブされるを条件に、激辛サンラータンメンが〆となる。野菜が足りないが、このランチスタイルが筆者スタンダードとなっている。写真を見ながら記事を書いていると、舌の根っこに唾液が滲み出てくる始末。

 夏も過ぎ、秋、冬と、だんだんと肌寒くなればなるほど、このランチのチョイスは刺激もあり、体全体が温もり、午後から元気いっぱいに仕事をこなすことが可能となる。内緒だが、サンラータンメンの「生卵」がポイントとなる。

 酸味と辛味が喉を襲う瞬間に、それを卵がまろやかな絶妙な味に変えてくれるのである。頭頂部や顔面からの吹き出す汗との闘いは覚悟しなければならないが、食後のスキッと感は筆舌に尽し難く、ホッカホッカのランチとなる訳だ。


850_0005


850_0002


850_9994


▼生卵入りサンラータンメン
850_0013



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                               

  • posted by Chikao Nishida at 2019/9/17 03:50 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp