ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

直前に点心に切り替える!

D75_3688


 「山の日」という祝日をうっかり忘れ、土曜日だと思い、連日で四川料理 桃花源(熊本ホテルキャッスル)へ足を運んだ。何組もの披露宴が組み込まれていて、ホテル内は普段の数倍の人たちが動いている。勿論、ランチタイムの桃花源も満席の状態で、2巡目を狙って、時間をやや遅らせることにした。

 実は、頭の中では「今日は和食にする!」と決めていたものの、前日のピリ辛四川料理が忘れられず同店へ来たのだった。しかし、オーダーする直前に「点心」に切り替え、春巻き、焼売、水餃子などをランダムに選び、更に、サンラータン麺を注文、〆にバナナの飴炊きを選んだ。

 オーダーした料理が次から次へとサーブされてくるので、どれだけ食したかの満腹感がないままに完食した。流石に、桃花源の食材の質は良い。特に、肉焼売は弾けるようにプリプリで食感も良く、重みとジューシーさは群を抜いていた。

 野菜が不足気味のオーダー内容で、やや偏りがあるものの、時には、ちょっと変わったオーダーも、至福の極みとなるようだ。


D75_3691


D75_3692


D75_3700


D75_3702


D75_3713



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/8/12 12:00 am

四川麻婆豆腐に痺れる!

▼激辛の四川麻婆豆腐
D75_3685


 本日のランチは、急遽、四川料理(熊本ホテルキャッスル 四川料理 桃花源)に決定。リーズナブルなビジネスランチメニュー6品から、辛いマーク入りの3品を選び、腹を膨らました。

 中でも、四川麻婆豆腐がサーブされる時には、既に山椒の香りがテーブルを包み込む。四川のピリ辛と痺れる辛さはたまらない。白ご飯と一緒に食べると、一瞬にして頭頂部より汗が噴き出してくる。塩分はさほど多くないので、喉も乾かず、猛暑にモッテコイのスタミナ料理となる。

 その他、牛肉料理と豚肉料理(御多分に漏れず雲白肉)を追加して、満腹のランチタイムとなった。最近は、バターや塩辛い洋食を離れ、和食を欲することが多いけれども、たまには香辛料の刺激たっぷり四川料理はたまらない。

 いつも思うことながら、タンパク質をしっかりと摂らねば、体力が落ちてしまう。本日の場合、牛肉、豚肉、豆腐、その他野菜とカボチャのスープやサラダと、バランスの良い栄養素を吸収できた日は、オフィスに戻っても、1日の仕事の疲れが残らない。

 食が細くなりがちな、猛暑の夏。免疫力を高めるためにも、一つ一つの食材をしっかりと摂ることが肝要ではなかろうかと・・・。


D75_3684


D75_3681



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

         

  • posted by Chikao Nishida at 2018/8/11 12:33 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp