ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

シェフの心伝わる逸品・・・

▼中央が工藤セカンドシェフ

castle1


 昨日は、或る方からの預かり物があるというので、大変遅くなったが、午後8時半頃に熊本ホテルキャッスルに到着した。いつも足を運ぶダイニングキッチン九曜杏に行くと、団体の宴会が入っており、黒服やウェイトレスはてんてこまいだった。

 そこで厨房を覗き込むと、セカンドの工藤シェフと女性シェフが打ち合わせをしていたようなので、コーヒーを運んできたウェイトレスに「舌平目のムニエルをよろしく。良かったら、パンでお願いします。」と伝えたのだった。

 サーブされたのは、写真下のゴージャスな「舌平目のムニエル」、「プロシュートのサラダ」、ほか、「オニオンスープ」、「フランスパン」である。この工藤シェフの料理を何度も食べてはいるが、今日の「舌平目のムニエル」は凄く上品で、身離れもよく、エンガワのサクサク具合も最高で、背骨と尻尾以外は、全部食べてしまった。

 ご飯にしておけば良かったと思ったが、彼の作る「舌平目のムニエル」・・・ここ数年で、随分進化していることに、今更ながらに気づいた私である。シェフの心伝わる逸品として、勝手ながら、自称グルメ通の私の「グルメの宝箱」に入れることにした。

 あちらこちらのレストランへ行けば、酷いところはやっつけ仕事のような料理をお構いなく出すところもあるが、やはり、シェフと客との信頼関係がなければ、互いに成長はなかろうと・・・。


▼舌平目のムニエル
castle3


▼プロシュートのサラダ
castle4


▼後片付けに追われる若手のシェフたち
castle5



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/20 05:18 am

望遠レンズとボケ・・・

710_5171


 本日の実験は、カメラ本体から約1.5mのところに、1個のミニチュア柱時計を置き、その手前に別のミニチュア柱時計を置いて、双方にフォーカスをあてて撮影してみた。部屋が暗いが、ISO1250、f6.3、また、シャッタースピードはブレがないように、三脚固定でのスローシャッターとした。

 Facebook(オブスクラ写真倶楽部)上で、練習問題を出してみた。

 https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

 それは、そのボケ具合を見て、奥のミニチュア柱時計と手前の柱時計との距離がどれくらいだろうかと・・・。レンズの種類により、玉ボケ具合も異なるが、自分自身の勘を鍛えるには面白い実験かと思い、何度も遊んでしまった。

710_5174



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/19 05:10 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp