ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

丸ボケの撮影実験・・・

DSC_2683


 昨日は、昼から会議だった。午前3時に起きて、そのまま出席したので、体調が悪いどころの話ではなかったが、会議は順調に進み、3時間ほどで無事終了した。

 寝不足で、頭は痛いし、胃腸は動かず、飲み物も食べ物も欲しくない状態だった。・・・そこで、青汁とグレープフルーツを混ぜた妙なジュースを頼み飲み干した。それでも、目が覚めないので、ココアとコーヒーを混ぜた、カフェインばりばりのものをオーダーしたが、体調が戻らない。

 そこで、ノンアルコールビールを頼み、カメラを持ち出した。持参していたのはNIKON Dfと50mmのレンズ。f1.4と明るいので、丸ボケの実験を始めたのだった。まあまあのボケ具合であるが、先般、老舗カメラ店で触れたFujifilm X-T1で撮影した丸ボケの方が、立体グラデーションで良かったような気がしたのだった。

 デジタルカメラは日々進化すると言うが、80周年記念で世に出したFujifilm X-T1の拘りと質は侮れないと、思った次第。

DSC_2659


DSC_2687



【ディー・アンド・エル社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2014/11/30 07:43 am

MACとカメラをフルに活用!!

DSC_2562


 あっという間の1年が経とうとしている。残すところ1ヶ月となった。

 先般、ロゼッタストーン異業種交流会員でもある「ステーキハウス淀川(店主:淀川司朗さん)」へ足を運んだ。閉店間際に行ったので、かなりリラックスムードだった。しかし、何やらMacBook Proを眺めて、調べ物をしているようだ。

 ちなみに、同店のメニューを見ると、料理写真などもすべて淀川司朗さん又は奥野心介さんの手によるもの。MacBook ProとアプリのPagesを駆使して、お洒落なオリジナルメニューを作っている。先見塾で教えはしたものの、研究熱心で、あっという間にプロ並みに腕が上がった。

 写真などは流石に凄腕のプロに依頼し方が良いものは間違いないが、通常のメニューの場合、コストを考えると、現在の一眼レフと簡単な照明さえあれば、自分なりに質の高いものは撮影できる。勿論、料理となるとマクロレンズなどが必要となり、それを使えばさらっと撮影は完了する訳だ。

 同店が一番力を入れたのは、Macの次に、一眼レフカメラであった。NIKONユーザーでもあり、レンズも色々揃えており、仕事でも家庭サービスでもフルに活用するようになった。僅か2年間で、相当の腕前になったようだ。最初の頃を思い出すと吹き出すほど面白い。あーでもない、こーでもないの繰り返しをしているのが、昨日のように思えてならない。しかし、今は、マニュアルでバチバチ撮影するようになった。

DSC_2585


IMG_6797




【ステーキハウス淀川公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/yodogawa/Link
 熊本市中央区上通町11-18-2F TEL:096-359-2914

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2014/11/29 07:39 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp