ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

マクロ撮影の面白さ

2013-09-18130449-1



 初めてマクロレンズを買ったのは、NIKON D800を購入した時だった。何やらFXフォーマットという、フルサイズの一眼レフに適するレンズを見付けている最中に、SIGMA MACRO 50mmの単焦点が目に付き、発作的にネットで購入してしまった。

 手元にあるNIKKOR 50mmの単焦点レンズと、どう違うのか!?・・・人の作例を見てもよく分からないので、自分なりに手探りの状態で、二つの同じ50mmを付け替えては、撮影実験の繰り返し。

 挙げ句の果てには、CANON EOS 5D MARK II にNIKONレンズアダプターまで揃えて、レンズの特性やカメラ本体との愛称をつぶさに観察して行った。

 結論から申し上げれば、人、建物、景色、料理や小動物、花などを撮影して行くと、MACROの方が切れ味はすこぶる良い。しかし、ポートレートとなると、若干きつすぎるので、そこはカメラ側でポートレート撮影の設定に切り替える方が望ましいのかと。

 野外に出ると、広大な山々や海、そして建造物、人の流れ・・・目にするものをチェイスしながら、撮影して行く。しかし、テーブルの料理や花々、昆虫となると・・・スタンダードな50mmでは、引いた撮影となり、フォーカスも甘く、絵面として遠慮気味の遠ざかった面白みに欠ける写真になりがちだ。・・・そこでMACROレンズを搭載し撮影すると、被写体に攻撃的なほどまでに突っ込んだ撮影が可能となる。

 苺の写真(熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏)をご覧頂ければお分かりになると思うが、これらはNIKKOR 60mmの単焦点のマクロレンズで捉えたものだ。仕事の合間におやつタイム。何気に数枚撮影したもの。・・・苺ショートにトッピングされている、苺の質感やみずみずしさ、小さなプツプツ。キラキラと光り輝く表面の美しさを、しっかりと捉えてくれたのだった。

 現在、ロゼッタストーンの姉妹サイトでもある先見塾公式サイト。その写真倶楽部では、毎月2度ほど野外活動やその他勉強会を開催しているが、塾生にとって・・・英会話やホテル文化などを押し退けて、何と言っても「一眼レフカメラによる写真撮影会」が一番人気のようである。NIKON党、CANON党、PENTAX党、OLYMPUS党などなど・・・皆の笑顔が全てを物語っている。

 万人が手軽に始められ、死ぬまで楽しめる素敵な趣味の一つとして、是非お薦めしたいと考える次第。


MACRO2



MACRO3


▼反対側から撮影・・・苺が半分!・・ご愛敬!!^^
MACRO4



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link
【オブスクラ写真倶楽部(Facebookグループ)】 https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2013/9/22 02:28 pm

さらば、CANON EOS 5D MARK II。

CANON EOS 5D MARK II


 つい最近まで、CANON EOS 5D MARK IIとNIKON D800の両刀遣いで取材に赴いていた。

 本格的な一眼レフデジカメともなると、「命」と言われる数多くのレンズ群を双方に保有するのは可成りの予算が飛んでしまう。勿論、レンズはピンからキリまであるものの、WEBや簡易書籍用の撮影と言えども、コンデジで誤魔化し誤魔化し、生ぬるいフォーカスの写真を撮影する訳に行かない。

 まあ、某雑誌社やWEBコンテンツ作成会社などを見ると、殆どがコンデジの安物カメラで片付けているのが実情のようだが・・それは、高価で性能の良い自家用車が有るにも関わらず、走行距離40万キロを超えたオンボロタクシーに乗るようなもので、筆者としては決して妥協したくないところだ。

 しかし、筆者は写真館の店主でもなく、1枚の写真で商売をする訳にも行かない。・・・されど、ネット事業を開始した1995年から1999年までは、NIKON F4S(フィルムカメラ)やCANON、SONY、CASIO、FUJIFILMなど多種多様のデジカメを使用し、WEB上に掲載していたのだが、正直なところ・・・納得の行く写真が撮れていたと言えば、嘘になる。

 そこで、取材力とクオリティをアップする為には、本格的な一眼レフが必要となる。当時、イライラの毎日であったように記憶しているが、そのイライラを払拭してくれたのが、1999年に出逢ったNIKON D1(当時、レンズ込みで84万円)だった。それからというもの、当社が管理運営しているポータルサイト(THE ROSETTA STONE/since 1995)に掲載する写真は、クオリティの高いものを即座にアップ可能となったのだ。併せて、世界の名機であるドイツのLEICA製デジカメ4機種導入し、取材を行うようになった。

 インターネットの進化はどんどん加速する一方で、カメラ業界にも刺激を与え、特にここ数年の進歩は目覚ましい。よって、必然的に2009年にCANON EOS 5D MARK II(レンズ込みで40数万円)と出逢い、即断で導入に踏み切り、以前のデジカメとは異なる世界へと誘(いざな)われた。・・・その場の空気感と奥行きのある高いレベルでの撮影が可能となり、作業効率アップにすこぶる活躍してくれたのだった。

 蛇足だが、今回手放したCANON EOS 5D MARK IIには、沢山の想い出がある。いざ、手元を離れるとなると、何となく溺愛していた恋人が急に居なくなったように寂し過ぎる。・・・あの感触は・・・強烈に覚えている。ファインダーを覗きながらグリップを握ると、しっかりとしたフィット感が今でも筆者の右手の腹に残っている。外人の大きな手でもフィットするほど、深くてどっしりした筐体がたまらないのである。

 今年になって、先見塾写真倶楽部(昨年の5月頃からアイドリングを開始)が正式発足し、更にオブスクラ写真倶楽部もFacebookの公開グループとして動き出し、塾生を含む多くのメンバーは、最新型の一眼レフを次から次へとゲットしているようだ。定期的な写真撮影会を開催し、寄って話せば、朝から日が暮れるまで、カメラ筐体からレンズ、そして撮影方法など、切りが無いほど皆夢中になり話し込む今日この頃である。

 いやあ、カメラって、本当に楽しい!!


▼CANON EOS 5D MARK IIの作例(Photo by Chikao Nishida)
CANON1


▼CANON EOS 5D MARK IIの作例(Photo by Chikao Nishida)
CANON2


▼CANON EOS 5D MARK IIの作例(Photo by Chikao Nishida)
CANON3


▼CANON EOS 5D MARK IIの作例(Photo by Chikao Nishida)
CANON4



【THE ROSETTA STONE PORTAL WEB SITE】 http://www.dandl.co.jp/Link
【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2013/9/21 03:05 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp