ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

異常な思考回路を持ったエゴイスト

wall



 或る日、或る人から相談があった。それは、随分前の事・・・仕事の関係でノートブックパソコンを貸し出したらしい。傷も無く、現役バリバリのもので、数ヶ月が経った頃、返却を願うために連絡を取るけれども・・・借りた方は突然音信不通となり、全く連絡が取れなくなってしまったと言う。

 それからというもの、貸した方は何度も連絡を取ろうと試みるも、電話は通じているようだが、呼び出し音がするだけで、電話に出てくれないらしい。更に、メールで返却願いを出しても、全く返信もない状態が続いているようだ。

 たかがノートブックだと、借りた本人は思っているかも知れないが、新品は十数万円もする高価なものである。・・・仮に中古であったとしても、他人様の物を借りたのならば、そこは早急に返却するのがモラルと言うものであり、無言のままのエスケープという常識を逸した挙動は、決して許されるものではない。・・・社会人として人間失格の何ものでもない。

 もしかしたら壊れたまま放置されている可能性もある。もしかしたら乱暴な扱いで既に壊れてしまい廃棄された可能性もある。もしかしたら中古屋さんに転売された可能性もある。・・・色々と推測すると切りが無いけれども、事と次第によっては器物損壊や横領の罪に問われるくらい、社会人であれば分かりそうなものである。

 自分の物は自分の物、人の物も自分の物と・・・典型的な利己主義者がとる行動なのだろうと、聴けば聴くほど情けなくなってしまう。・・・現代社会において、この日本において・・・このような小さな常識さえも理解できない、異常な思考回路を持ったエゴイストが増えて来ているのかも知れない。・・・既に、心は病んでいるに違いない。


【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2013/9/11 02:51 am

治水事業の神

▼右から宇土櫓、大天守、小天守。
daitenshu



 大いなる自然に逆らわず、自然を利用した「治水事業の神」と称せられるのが、武田信玄(たけだしんげん/1521-1573/甲州)や加藤清正(かとうきよまさ/1561-1611/肥後)、成富兵庫茂安(なりとみひょうごしげやす/1560-1634/鍋島)の三武将たちである。

 以前、実戦型の要塞 熊本城を調べている内に、ふと「治水事業」の文字が目の留まり、いつの間にか城の仕組みを調べるのを忘れてしまい、治水事業の歴史に釘付けになった事があった。

 特に、当時ハイカラな武将(胴着の下には幻の染 辻が花を着用・・現在であれば、アルマーニやヴェルサーチ)で知られた武田信玄の治水事業では、将棋頭、十六石、信玄堤などの絡繰りを作り、途方もない水の大きな力に逆らわず、その力を無理なく抑えた武田流の治水事業は目を見張るものがある。

 しかし、そのアイデアも・・・歴史を紐解けば、二千数百年前の中国四川省成都盆地で治水事業を行った、利冰とその息子利一郎の話を、禅僧が直接信玄に伝えたことに端を発しているのだが、その治水事業の根幹を成すものが「孫子の兵法」と言うから、驚き桃の木山椒の木。・・・決して自然に逆らわず、その自然の力を上手く利用して、当時としては大変困難であった治水事業を、親子でしっかりと成し終えたというのが素晴らしい。

 よって、時系列に古いものから並べてみると、利冰とその息子利一郎→禅僧→武田信玄→加藤清正→成富兵庫茂安ということになるが、ここで特筆すべきは、清正の偉業の数々である。・・・例えば、肥後藩は石高54万石とされているが、ものの本によれば、武田信玄を手本にした加藤清正の治水事業の成果で、細川の手に移る頃には90万石を軽く超えていたと記録されている。・・・他の大名から突かれぬよう、当時の江戸に居る老中には虚偽の申告をしていた訳である。(袖の下も当然あったのかも知れない)

 尚、清正は治水事業を行うにあたり、勿論、信玄の偉業を参考にはしたものの、独自のアイデアを沢山盛り込み、高度且つ完成度の高い意表を突くような治水事業を成し遂げている。また、その知恵は治水事業の範疇に留まらず、熊本城築城当時を紐解けば、あらゆる処に清正の天才的で憎たらしいほどの知恵の痕跡を見ることが出来る。

 それは、茶臼山の自然の起伏をそのまま活かし、川の流れを直接外堀へ引き、万が一の籠城戦に備えて、城内には食用として沢山の銀杏を植樹し、各部屋の畳床には芋茎を編み込み、戦いの最中であっても、食糧が不足した場合でも、その芋茎をお湯で戻せば、即座に飢えを凌ぐことができるといった具合だ。

 このように昔の武将たちの知恵を垣間見ると、現代における企業戦士たるものは、清正の如く「知識と知恵」、そして「洞察力と判断力」を兼ね備え、且つ、人並み外れた「行動力」を持たねば何事も成し得ないと言っても過言ではないのだ。

 ※「知識と知恵」+「洞察力と判断力」+「行動力」


shoutenshu




【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2013/9/10 03:38 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp