ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

威風堂々の熊本城

castle1



 日頃から慣れ親しんでいる熊本城。・・・しかし、久し振りに取材で足を運べば、眼前に聳え立つその姿は、実戦型の城として、すこぶる威風堂々としている。今回、一眼レフカメラのPLフィルタが無いために、思ったような撮影はできなかったが、雲一つ無い抜けるような青空の下、鬱蒼と茂る大楠に囲まれた熊本城であった。・・・人口70万人を超える都市部とは思えないほど、自然に恵まれた熊本県内観光スポットの代表格でもある。

 写真上は、右から宇土櫓、大天守、小天守となる。残念な事に、この宇土櫓以外は西南の役で焼失し、現在、復元されている。筆者としては、大天守や小天守よりも、三の天守と呼ばれる宇土櫓を好み、特に、加藤神社側から撮影すると、堀から鯱まで40m(20mの高石垣の上に、3層5階地下1階で、地上約19mの櫓構造となっている)の宇土櫓は、大変美麗なる建造物として、足を運ぶ度に見入ってしまう次第。

 猛暑の中の取材だったので、余り長時間日射と闘うわけには行かず、1時間半ほどの撮影で終了した。次回は、もっと日頃見ることができない、余り紹介されない隠れた処を探しつつ、取材をしたいと・・・。


castle2



castle3



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2013/8/29 01:42 pm

先見塾写真撮影会を開催!

▼船場花屋にて

sen1



 8月27日(火)正午から、先見塾写真撮影会を開催した。・・・ランチを老舗の船場花屋にて、大天ざる、鉄火巻き、いなり寿司などを頬張った。

 今回のミッション「熊本城本丸を攻めよ!」。・・・二の丸駐車場に塾生の車を置いて、遠景に見える熊本城大天守、小天守、宇土櫓を目指して歩き始めた。しかし、天を仰げば雲一つ無い快晴である。余りに天候が良すぎるために、射し込む光が強すぎて、逆に撮影しにくい。塾生によっては、レンズにPLフィルターを装着している人も居たが、皆、頭頂部から流れ出る汗を拭き拭き、本丸へ向かった。

 熱中症になるのは危険なので、事前に冷たいペットボトルの飲料水やタオルを準備。・・・それまでお喋りが多かった塾生たちだったが、いつの間にか無言となり、カメラの試写や設定手直しなどに傾注して行った。・・・気付けば、各自バラバラにあちこちへ散っては集まり、また散るというような取材の流れだ。

 炎天下の取材や撮影会は身体も火照り、実に辛い。しかし、各塾生は、この暑さで滝のように吹き出す汗にもめげず、終始ニンマリとファインダーを覗いていた。・・・急遽、正面に見える宇土櫓の横にある加藤神社へ移動することにした。実は、時間的に大天守や本丸御殿内部まで撮影するとなると、今回は無理であると判断したからだ。

 このように約1時間半ほどの写真撮影会を終え、一目散に熊本ホテルキャッスルへ。・・・各自のプレビュータイムを、同ホテル九曜杏で行い、設定やアングルなどの反省会を行った。

 しかし、カメラって筆舌に尽くしがたいほど楽しいものであり、素敵な趣味だと・・・。さて、次回は何をターゲットにしようかと・・・。そろそろ美人モデルを使ったポートレート撮影会も宜しいかなと、密かに計画を練っている筆者である。(内緒!)

※撮影は、NIKON D800 + NIKKOR 60mmマクロレンズを使用。(Photo by Chikao Nishida)
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink


▼熊本城にレンズを向ける淀川司朗塾生
sen2


▼二の丸から本丸へ
sen3


▼熊本城(大天守、小天守、宇土櫓)
sen4


▼加藤神社にて
sen5



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2013/8/28 01:30 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp