ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

九曜杏の秀逸な料理に舌鼓!

castle2


 本日は、筆者オリジナル料理「生彩/SEISAI」をオーダーしようと思ったが、ここは「シェフにお任せ!」に切り替え、岩本マネージャー(熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏)にお願いしたのだった。

 魚の鱗揚げ、鮑と旬鮮野菜・・・。写真でお分かりのように、いつも以上に気合いが入った、料理長と工藤桂吾セカンドシェフとの共演だった。

 ファインダーを覗き、シャッターを押して行くと、3D CGの世界のような、鮮やかな彩りと配置が素晴らしかった。Facebookで或る女性が「まるで絵画のようですね!」と呟いたほど、お世辞抜きに素晴らしかった。

 筆者は魚の鱗は苦手だが、そこはパリパリサクサクで、生臭みもなく、煎餅でも囓っている感触。塩胡椒とソースを付けながらペロリと平らげ、更に奥にある鮑へと進んでいった。・・・柔らかく、バターソースが素敵、素敵、素敵すぎる。パンを千切って、そのソースを全て吸い込ませて、二度楽しませて頂いた。

 実は、料理撮影用のレンズを持参していなかったので、NIKKOR 50mm 1.8Gで何とか撮影したのだが、料理全体の色合いも良く、繊細なところも忠実に表現できたのではと自負している次第。

 今日の料理。「☆三つ、頂きました!」と言いたいほどだったが、気付けば、あっと言う間に「完食!」してしまった筆者である。

castle4


castle5



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/3/22 05:03 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp