ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

モノトーンの世界・・・ワイドと標準

▼12mm(最新レンズ)・・・超ワイドのレンズの面白みを試してみた

12mm


 モノトーンの世界を追い求めて、まだ日が浅い。常に、高解像度でハイクオリティなカラー映像を求めていた矢先に、ふと、モノトーンの世界に嵌まり込み、逆にモノトーンの奥の深さに壁を感じ、押し潰されようとしている自分が居る。

 カラーは、光の三原色・・・すなわち、RGBの各256階調の組み合わせから成り立つ訳で、1677万色で表現できる事になる。よって、写真全体において少々情報が欠落していたとしても、何とかカバーできるコントロール範囲には遊びがある。

 しかしながら、モノクロは256階調のみである為に、ポイントとなる光を追い求め、そこから256階調だけで表現しなければならない。カラーと比較すると、表現する階調がとてつもなく狭い領域での表現となり、少しでも黒つぶれなどが多ければ、写真としての価値を失ってしまうのだ。

 勿論、敢えてざらついた撮影法や、明暗のコントラストをきつめにした撮影法など沢山ある訳だが、モノトーンの世界を創造するには、一番の勝負所とは・・・256階調を常に頭に入れて、カラー撮影とは全く異次元空間での撮影なのだと、思考を切り換える必要がある。

 今回、当社サテライトオフィス近くにある「JUST DRINK WINE」の店舗やスタッフを撮影してみた。それも、レンズを12mm、20mm、24mm、50mmと、超ワイドレンズから標準レンズを使用して、どこまで表現できるかを試してみたのだった。

 まあ、最新レンズとオールドレンズを組み合わせての撮影なので、一概にどれが良くてどれが悪いとかは判断できないが、モノトーンの世界のおける切り撮りが容易くない事だけは、良く理解出来たのだった。・・・これからも、更なる特訓を重ねて、十分納得の行く撮影ができるようになればと・・・。


▼20mm(オールドレンズ)・・・道路が狭いために、20mmで納めてみた
20mm


▼24mm(最新レンズ)・・・24mmで中央に人を配置して、全体の情報量を多くしてみた
24mm


▼50mm(最新レンズ)・・・切れ味のよい明るい標準レンズを用いて写してみた
50mm-1


▼50mm(最新レンズ)・・・切れ味のよい明るい標準レンズを用いて写してみた
50mm-2



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/3/20 02:33 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp