ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

和の文化を尊び、グローバルに学べ!

JUST1


 先般、お邪魔した「JUST DRINK WINE」(写真上は、マネージャーのVICTORIAさん)。すこぶるリーズナブルで、誰でも気軽に立ち寄れる処だ。ちなみに、取材初日にオーダーしたペリエとチーズ1プレートで900円。二日目は、ホットコーヒーとペリエで、同じく900円である。熊本市内中心部に位置しているショップにしては、大変お安いといった感じを受ける。

 今夜は、先般撮影した200枚ほどの写真を見ながら、外国人と日本人の違いについて、ちょろんと考察してみた。・・・マネージャは生粋の英国人。我々と同じく島国の出身だ。しかし、七つの海を制覇した大英帝国なので、日本とは少々異なるが、敢えて共通項を挙げれば、騎士道と武士道、伝統と歴史を重んじる国民性、国王と天皇・・・と言ったところであろうか。

 日本は江戸時代に、「鎖国」により世界への扉を閉じてしまった事がある。それも270年もの長きに亘り、海外との交流を絶ち、独自の文化創造を果たしてきたという、世にも珍しい国のひとつでもある。それは、長年、自国の文化創造に傾注できたからこそ、価値ある「和の文化」、比類の無い独特な文化として継承されてきたのだ。よって、大陸系の人々からすれば、すこぶる神秘的で、特殊なアジアンテイストとして関心を持たれているのかも知れない。

 閉鎖的で、グローバルスタンダードに融合しにくい国民性が垣間見れるのは、このように外国人が集う店に、気軽に行けない日本人が多すぎるという点である。勿論、言葉の壁はあるかも知れないが、堂々と日本語で話し掛け、相手の母国語と日本語とを摺り合わせながらキャッチボールすれば、誰だってコミュニケーションが取れる事になる。

 しかしながら、ちょいと英語を囓った日本人は、「Yes.」、「Really?」、「How old are you?」、「Thank you.」で終わってしまう。特に女性に年齢を聞くなんぞ以ての外だが、そこで、同世代で群れる日本人の習性が露呈することになる。・・・年齢を聞いてお付き合いを始めたがる日本人。とんでもなく阿保である。だったら、10歳ごとに、世の中を羊羹のように切りたいのかと、首を傾げてしまう筆者が居る。

 今まで、フレンドリーでフランクな外国人から「How old are you?」と、非礼な質問を受けたことなど全くない。・・・年齢を気にする日本人。若ければ若いほど、美麗だと思い込んでいる。・・・だから、海外に行けば「ロリコン」と揶揄される事になる訳だ。・・・その辺は、本当にお馬鹿な民族だと、苦笑いをしてしまうのである。

 何はともあれ、これから社会人になる人達は、先ずは「和の文化」を尊ぶ事が先決。そして、感度の良いアンテナを張り巡らし、もっともっとグローバルな事へ関心を持ち、世の中で活躍できるように願いたい。単に、島から出るのではなく、地球上を同じ芝生と思って、アグレッシブに動いて頂きたいと・・・。

JUST2


JUST3


JUST4



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2014/3/17 01:50 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp