ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » study

モノトーンの世界・・・ワイドと標準

▼12mm(最新レンズ)・・・超ワイドのレンズの面白みを試してみた

12mm


 モノトーンの世界を追い求めて、まだ日が浅い。常に、高解像度でハイクオリティなカラー映像を求めていた矢先に、ふと、モノトーンの世界に嵌まり込み、逆にモノトーンの奥の深さに壁を感じ、押し潰されようとしている自分が居る。

 カラーは、光の三原色・・・すなわち、RGBの各256階調の組み合わせから成り立つ訳で、1677万色で表現できる事になる。よって、写真全体において少々情報が欠落していたとしても、何とかカバーできるコントロール範囲には遊びがある。

 しかしながら、モノクロは256階調のみである為に、ポイントとなる光を追い求め、そこから256階調だけで表現しなければならない。カラーと比較すると、表現する階調がとてつもなく狭い領域での表現となり、少しでも黒つぶれなどが多ければ、写真としての価値を失ってしまうのだ。

 勿論、敢えてざらついた撮影法や、明暗のコントラストをきつめにした撮影法など沢山ある訳だが、モノトーンの世界を創造するには、一番の勝負所とは・・・256階調を常に頭に入れて、カラー撮影とは全く異次元空間での撮影なのだと、思考を切り換える必要がある。

 今回、当社サテライトオフィス近くにある「JUST DRINK WINE」の店舗やスタッフを撮影してみた。それも、レンズを12mm、20mm、24mm、50mmと、超ワイドレンズから標準レンズを使用して、どこまで表現できるかを試してみたのだった。

 まあ、最新レンズとオールドレンズを組み合わせての撮影なので、一概にどれが良くてどれが悪いとかは判断できないが、モノトーンの世界のおける切り撮りが容易くない事だけは、良く理解出来たのだった。・・・これからも、更なる特訓を重ねて、十分納得の行く撮影ができるようになればと・・・。


▼20mm(オールドレンズ)・・・道路が狭いために、20mmで納めてみた
20mm


▼24mm(最新レンズ)・・・24mmで中央に人を配置して、全体の情報量を多くしてみた
24mm


▼50mm(最新レンズ)・・・切れ味のよい明るい標準レンズを用いて写してみた
50mm-1


▼50mm(最新レンズ)・・・切れ味のよい明るい標準レンズを用いて写してみた
50mm-2



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/3/20 02:33 am

連日連夜、好青年との遭遇。

JUST DRINK WINEのマネージャー、ヴィクトリアさん。

just1


 連日足を運んだ「JUST DRINK WINE」。・・・土曜日の夕刻だったが、店内はお祭り騒ぎ。既に十数人の外人さんが談笑していた。

 本日の目的は・・・同店マネージャー、ヴィクトリアさんとの約束でもあり、前日の取材装備に納得が行かなかったので、そのリベンジという事で、タイムカードは無いが、連日ご出勤となった訳だ。

 筆者はいつもの通り、黙々と取材準備をしている。ヴィクトリアさんがオーダーを取りに来たので、最初はビターなホットコーヒーを、最後にペリエを注文することにした。・・・昨日は、日本人と外国人のハーフ&ハーフだったけれども、今日は1:9の割合で、圧倒的に外国人が店内を占有していた。

 よって、前日よりも英語がバンバンと天井を突き破るほどに飛び交っている。ワインを呑みつつ、たわいもないジョークと笑いがガンガンと響いてくる。・・・「カウンターでの撮影を済まし、その後に店内全体を撮ろう!」と決め、ポートレート用に50mmの単焦点レンズを、店内撮影用に12-24mmスーパーワイドレンズを、各々NIKON D800とDfに装着して、2台の一眼レフで撮ることにした。

 「さてさて、取材開始!」・・・と思いきや、真向かいのテーブルに座っていた一人が近寄ってきた。あれ、日本人が二人居たんだ。・・・「失礼ですが、カメラを見せて貰っていいですか?」と。まじまじとカメラを見ている青年。D800に12-24mmのでっかいレンズを付けたものを差し出して、「持っても良いですよ。どうそ!」と手渡した。

 「重いですね!凄い!本当に重い!」と感動したのか、連れの友人を呼び、更に重々しいカメラやデメキンのレンズを見ながら、会話が弾んでいった。ちなみに、二人は大学4年生であり、同店へは初めて飛び込んだようで、十数人の外人さんとすぐに仲良しとなり、一緒にワインを飲んでいたと言う。

 昨日は、医療関係の二人組や元気いっぱいの女性三人組と出逢ったのだが、今日も引き続き就職が決まった大学生二人組と遭遇することになった訳だ。・・・このように連日に亘り、色んな方々と出逢うことは希な筆者だったが、ここ最近、自分自身のライフスタイルや思考回路、思考ベクトルなどが若干変わって来たのではと、良い意味で自覚症状を感じた。

 筆者は、どちらかと言えば、引っ込み思案(面倒くさがり屋)なところもあり、特にSNSにおける緩い関係や馬鹿騒ぎをすこぶる嫌う人種でもある。しかし、今回のようにFACE TO FACEで、社会人としての夢や目標を真剣に語る人達との遭遇に関しては、ウェルカムな人間なのである。

 よって、若い人達が、筆者のような年配の人間に興味を示して頂くだけでも素直に嬉しく、愉快な会話の後に・・・互いに再会を約束して店を出る時などは、この上ない心地よさに身体全体を包み込まれてしまうのである。

 今回出逢った学生の一人がFacebookでメッセージを送ってくれた。

 「ありがとうございます!貴重なお時間をいただき、感謝の気持ちで一杯です!私としましても、いつか必ずお仕事をご一緒させていただきたいです!!しばらくは○○におりますので、また熊本でお話を詳しくお伺いしたく思っております!」、と。

 22歳の若者の言葉ではない。流石に、国内トップクラスの大学で苦学をして来た人間である。某大手企業の内定を断り、冒険を始めた若者の目はキラキラと輝いていた。少々酔っては居たものの、深夜になり酔いが覚めて、しっかりと礼節を弁えたメッセージを送る人間の将来が、本当に楽しみである。・・・このような人間が国をしっかりと牽引して行くのだろうと・・・鳥肌が立つほど嬉しかった。

just2


just3



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/3/16 04:14 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp