ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » study

NIKON D800で撮影した写真群

1CAMERA


 2年前に取材の主役として当社に導入されたNIKON D800。昨年11月にNIKON Dfが加わり、撮影の主役を奪われたのだった。

 カメラの耐久性や剛性は抜群に良いものの、でっかいカメラ本体が邪魔をして、この頃は「Time Lapse」撮影専用マシンのようになってしまった。しかし、3630万画素という画素数は魅力でもあり、本来ならば風景写真をじっくりと撮影するには、最適なカメラだとは分かっているものの、少々粗野に扱っている筆者が居たようだ。

 昨日、台風8号が接近する中で、熊本の西の空は鮮やかな夕焼けが空を染め、発作的にD800を手にして、28-300mmズームを装着したまま、撮影したのだった。太陽が沈んでしまったので、やや遅めの撮影となったが、山際のくっきりとしたシャドーを映し出してくれた。やはり、D800は凄い。近日中に、その後継機のD810が登場するが、もっと活躍する場を与えてあげねばならない。

 そんなこんなを思いつつ、ここ最近の取材でD800で撮影したものがどれほどあるのか、Apertureに保管している写真群を検索し、20枚ほどピックアップしてみた。最終的にはどのレンズを使用するかで、切れの良さや抜けの良さが違ってくる。・・・奥深いカメラワークを通して、今夜はしっかりとD800の手入れをしてやろうと・・・。


▼NIKON D800で撮影した写真群
2SUNSET


nikon800-1


nikon800-2


nikon800-3


nikon800-4


nikon800-5



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【Facebookグループ「オブスクラ写真倶楽部」】 https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/7/9 12:00 am

Time-lapse photographyに再挑戦!

CNJ_5434


 今夜も、「Time lapse」に挑戦した。・・・昨日、真っ暗な中で、あれやこれやと悩みつつ、シャツ1枚で山手に登ったので、寒くて寒くて、しっかりと設定ができなかったのだった。

 今回は、ジャケットを着て、更に、ペンライトも持参。カメラの設定が、暗闇でもしっかりと出来る環境にて、撮影に臨んだ。

 超広角レンズがf5.6と暗いレンズである点がネックとなってはいるが、何とかISO6400にて、「微速度撮影」の設定を再確認して、「Time lapse」撮影をすることに。

 待つこと10分。・・・毎秒1コマの撮影を行い、10秒の動画が出来上がったのだ。やはり、ISO6400での、持参したカメラの画質が粗くなる。しかし、明るさや色味を微調整して、出来るだけ、街灯、車のライト、テールランプなどを掴みながら、上空の雲の動きを捉える事ができたようだ。

 晴天時に再度実験をしてみたいのだが、このTime lapse撮影は、思いも寄らぬ発見もある。「時間の推移」を短時間で垣間見ることが可能な動画に、何度も何度も繰り返し見てしまった。

 いやはや、「Time lapse」撮影は、本当に面白い。静止画でも単なる動画でも表現できない「時間の推移」。・・・これは、嵌まってしまった


【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/5/2 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp