ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » english

モノトーンの世界(2)

▼工房で時計の修繕をしている高柳隆大さん
※NIKON D800+SIGMA 50mm 1.4

CNJ_8043



 最近、モノトーンの世界に魅せられている。既に、そこから脱出不可能と言うほどに、その世界は広くて奥深い。

 モノトーンで表現するのは、勿論、人、自然、物・・・と、無数に被写体が存在するのであるが、筆者の場合は、「匠」というテーマで、人を取材したいと、そのボルテージが日に日に高まっている。

 写真上は120年の歴史と伝統を誇る老舗ソフィ・タカヤナギを取材した時のワンショット。高柳隆大さんが工房に入り、時計の電池交換や修理をする狭い場所で、こっそりとシャッターを切ったものである。

 http://www.dandl.co.jp/sophy/Link

 このようなモノトーンの写真は、何度見ても飽きることが無い。無駄な色が全て目の前から省かれている訳で、見る側が色んな想像をしながら見れるというものが魅力的だ。

 23年前まで仕事をさせて貰った新聞社に居る当時は、勿論、辞め際では新聞もカラーが当然のような時代となっていた。しかし、昔々は全てモノトーンと網掛けだった。・・・実録・・・ジャーナリストが戦場に足を踏み入れ、最前線で撮影されるモノトーンの世界は、実に迫力があり、カラー写真よりも遙かに生々しさを想像させるものであった。

 来年の目標は、モノトーンの世界をどれだけ切り取れるかに挑戦してみたいと考えている筆者である。・・・ファインダーを覗き込む度に、心を無にして、雑念を捨て、それにとことん集中する、その訓練を日々積み重ねて参ろうかと考える次第。


▼以下写真は、ロゼッタストーン異業種交流ポータルサイトの面々
 ※NIKON D600+NIKKOR 60mmマクロ
CND_3972


CND_3986


CND_3975


▼昨日撮影した熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏の岩本憲治マネージャー
※NIKON Df+85mm
DFD_6110



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【オブスクラ写真倶楽部 Facebook】https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2013/12/28 01:14 pm

先見塾番外編ランチ会議!!

▼逆取材をする淀川司朗店主

yodogawa



 本日は先見塾野外活動の予定では無かったが、たまたまランチをステーキハウス淀川(淀川司朗店主)で。Facebookで呟くと、清崎誠塾生も1脚を受け取りにステーキハウス淀川へ来ると言う。・・・よって、番外編として先見塾ランチ会議をすることになった。

 定例研修会は、毎月第2・4火曜日になっているが、突然のランチ会議。・・・写真群をご覧になればお分かりになると思うが、折角の美味しい料理が冷めるんじゃないかと心配するほど、皆、それぞれに一眼レフカメラを握って離さない。

 先見塾では、現在、ホテル文化&食文化、人間学、語学、ITなどなど、幅広く独特の筆者なりのカリキュラムで運営している。・・・特に、一眼レフカメラは「先見塾公式写真倶楽部」を創設し、不可欠なコミュニケーション環境となっている。

 カメラとレンズの相性、カメラ設定の云々、画角や暈かしの蘊蓄・・・話始めると際限なく賑々しい会話が止まらない。緻密な設定にも、互いにあれこれ注文を付けたり、作例を互いに見ながら評価し合うのは実に楽しいものである。

 今回は、突っ込んで接写したいという願望が募りに募って浮き足立っていた奥野心介塾生に、こっそりとプレゼントを持参したのだった。最初は、古いNIKON SPEEDLIGHTを手渡し、本人は日中シンクロに挑戦したいとウキウキムード。更に、NIKON 55mm 2.8マクロレンズを手渡すと、しっかりと自分のカメラに装着。既に、戻すような素振りは全く無かった。(苦笑)

 ステーキハウス淀川は、ロゼッタストーンの正規会員でもあり、先見塾生でもあるが、日頃からの食やITに対する探求心は相当なものだ。ロゼッタストーン企業会員の中でも、特に、ネット事業のスタンスは同会員のお手本中のお手本であると言っても過言ではないように、あらゆる角度から日々研究している。・・・学ぶ姿勢(必ずメモしている)が素晴らしい。

 本日も、豚肉のコンフィや茹でハムをオプションで付けてくれた。一週間も掛けてコンフィに挑戦。・・・深みもと甘みのあるジューシーな旨さに、清崎塾生も筆者も圧倒された次第。・・・しかし、突然、清崎塾生のCANON EOS 5D MARK IIの高級ズームレンズに不具合が生じ、シャッターが切れなくなった。多分、内蔵センサーの不具合のようだが、ドック入りになりそうな気配。

 先見塾では、以上のように、現在若手塾生の勢いが凄い。・・・食後に新たなビジネスモデルについて語ったけれども、2014年は更に飛躍という漠然とした言葉ではなく、ロゼッタストーン会員が共有できる新ビジネスモデル構築へ動きが出てくるだろうという気配を感じた一日であった。

※先見塾は、EXECとBASICに分かれている。因みに、ロゼッタストーン企業会員(Cクラス以上/クラスは各企業の年商を目安に決定している)であれば、同塾BASICは無償で入塾出来る。


▼豚肉のコンフィと茹でハム
shisaku


▼ランチ会議に出された料理
yodogawa-cuisine


▼一喜一憂
yodogawa-human


▼淀川司朗塾生が撮影した清崎塾生と筆者「NIKON Df vs CANON EOS 5D MARK II」
cameras



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

【ステーキハウス淀川公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/yodogawa/Link

【清崎音響システム】 http://www.dandl.co.jp/kas/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2013/12/14 02:46 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp