ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » english

花、咲き乱れる。

winter-sea1


 冬の海のカラーとモノクロ写真。・・・同じ写真なのに、表情が全く異なる。人生とて同じ事。同一人物が4次元の世界を歩いていると、目の前にぱっと花が咲き乱れたり、また、目の前に暗雲立ち込めたりと、同じ画角なのに、周囲の様子が全く異なる事がある。

 不慮の事故という言葉を良く聞くが、天変地異以外は全て人為的なものばかり。その確率は圧倒的に高い。同じ時空間であるはずなのに、何やら妙な不協和音が漂っている時もある。周囲とのヒューマンコミュニケーションが上手く行かない時に、起こりうる現象である。

 理想を言えば、そのような不協和音も一切無く、平穏無事の中で、4次元空間を歩けるのが一番だ。

 今日はあるプロジェクトにおいて、少々想定外のある動きがあった。それは四人の意思の疎通が上手く行っていないのが原因だったが、一人一人が一切悪いわけでも無く、単に、温度差が若干あっただけの話。

 当方としては一石を投じて、その美しい波紋を伝えるのが役目。しかし、その波紋がじわじわと遠ざかって相手方向へ伸びて行く途中で、タイミング悪く別の人間が一石を投じたのだった。勿論、善意の投石。しかし、美しい波紋であったはずが、二つの波の干渉により、平穏無事だったはずが、にわかに輪っかが揺らぎ始めたのだった。

 しかし、ここで三人目の善意の人が一石を投じたのだった。その波紋が、乱れ始めた輪を上手い具合に鎮めたのである。丁度、三点を結び、しっかりとした正三角形の各頂点に三人が位置し、そこで、四人目へ情報を発信したのであった。三者三様の波紋が、一つにまとまった美しい波紋となり、四人目にその波が伝わった訳だ。

 時間的にみれば、約6時間。・・・三人目の人物が本日のキーマンとなった。少々暗めの空間に、一瞬にして花が咲き乱れたのである。

 ヒューマンコミュニケーションは、人生において最重要課題でもあり、それこそ人生の大半を決めてしまうほど侮れないもの。・・・利己主義、日和見主義、唯我独尊、思い込みの激しい人と、色んな人が多い中、今日は、素晴らしい三人目の切れ味の良い「術」を拝見させて頂いた次第。・・・そこには、高度な理解力と判断力、そして人としての優しさが溢れていた。

winter-sea2



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2014/2/15 10:13 pm

オールドレンズ NIKKOR 35mmの一日

DFD_6392



 あっと言う間に大晦日になった。・・・昨日は、若干温かな午後から秒刻みの移動だった。持ち出したのは、NIKON DfとオールドレンズのNIKKOR-S Auto 35mm 2.8単焦点レンズ。

  写真上は、筆者の親友のチュンタオさん(ニックネーム)。すきっとした背広姿で、席に着くや否や電話に出た瞬間を捉えたものだ。背後の硝子窓からの逆光が気になるが、逆にそれを拾い込み、モノトーンの中で柔らかい暈けが出ている。左後ろの6名の女性たちのランチ風景もちらりと写り、筆者なりにお気に入りのワンショットとなった。

 会食が終了し、その前にカメラの坂梨に依頼していたモノトーンの写真のA3判(フレーム付き)を取りに行き、更に、ソフィ・タカヤナギを訪ね、高柳隆大さんへその出力を手渡した。大変喜んで頂き、Facebookにアップされるや、筆者としては珍しく55名を超える「いいね!」があったようだ。

 本日は熊本市内を北へ南へと行ったり来たりしていたが、またまた、熊本ホテルキャッスルへと。・・・筆者の所へやって来た先見塾の奥野心介塾生が随行することになり、お茶をしながらカメラとレンズの相性やレンズの特性について話をしていたが、結局、再度カメラの坂梨へ足を運ぶ事になった。・・・そこで、オールドレンズ、高性能のツァイスレンズ、20万円を超える高級NIKKORズームレンズなどを装着しての試写を楽しみ、話が最高潮に達した頃に、淀川司朗塾生もやって来たのだった。・・・どうやら彼らは今年の〆の社内忘年会らしい♪

 明日が大晦日。周辺は慌ただしく買い出しをする人達や、イライラ運転の車などがひっきりなしに往来している。しかし、我々は、日頃と全くリズムも変わること無く、同カメラ店でまったりしていた次第。

 話は前後するが、以下3枚の写真は、奥野塾生が、NIKON D7000にNIKKOR 55mmマクロのオールドレンズを装着し、おやつを撮影している瞬間である。D7000はDXフォーマットながらも、そのハイエンド機種(後継機はD7100)である。同塾生は、この一年ほどで急速にカメラ撮影のノウハウを吸収しており、同カメラ店のオーナーが語るレンズ理論に、立ったまましっかりと耳を傾けていたようだ。

 ツァイスレンズが衝撃的だったのか、「次回、ツァイスは近いうちに欲しいですね!!」と、眼をキラキラとさせていた同塾生だった。・・・レンズは命。如何に値段が高かろうが、レンズは一生ものとして財産となる。カメラが替わろうが、レンズを捨てる事はない。よって、レンズを購入するには、言葉は悪いが「糞レンズ」買いの銭失いではなく、一生使えるような銘玉を揃えていった方が賢明な事であるのだ。

 来年の先見塾写真倶楽部は更に活発な活動をするであろうと予測されるが、それに伴い、Facebook上でも「オブスクラ写真倶楽部」において、筆者も楽しいフォトコンテストを展開したいと考える次第である。


▼NIKON Df+NIKKOR-S Auto 35mm 2.8単焦点レンズで撮影
DFD_6404


▼NIKON Df+NIKKOR-S Auto 35mm 2.8単焦点レンズで撮影
DFD_6408


▼NIKON Df+NIKKOR-S Auto 35mm 2.8単焦点レンズで撮影
DFD_6410


▼ランチ会議で食した「極上ハンバーグ フォアグラ添え」(熊本ホテルキャッスル) iPhoneで撮影
CASTLE



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【オブスクラ写真倶楽部 Facebook】https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2013/12/31 12:49 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp