ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » Apple

進化しつつあるiCloud・・・

▼ブラウザSafariで覗き込んだiCloudの表紙

1


 MacのOS Xが10.10のYosemiteがリリースされ、更に、iOSも8.1となり、じわじわと動き出した。

 特に、iCloudはSafariのブラウザだけで、多種多様となったデバイスを使用し、ほとんどの業務をこなせるベクトルを持ったようだ。以前は、何の為のiCloudが分からず、大容量の年契約を結んだとしても、使うにはまだまだ不備な点がたくさんあり、無用の長物であったことは否めなかった。

 ところが今回、業務の三種の神器でもある「Pages(文書作成ツール)/Wordと同等」、「Numbers(表集計ツール)/Excelと同等」、「Keynote(プレゼンテーションツール)/Powerpointと同等」に限らず、日頃から使っている色んなデータを一括管理できるだけでなく、現在、β版と言えども、それが一つのブラウザだけで、何の支障もなく、各種デバイスを通じて処理ができることになる。

 これは大きな進化であり、特にiPadなどにおける不自由さも一挙に解消されることになる。従来のように、iTunesを介して複雑多岐な管理をするよりも、全くイライラモタモタなく、各デバイス間でデータ共有を可能にしてくれる訳で、遥かに作業効率がアップすることになる。

 蛇足だが、筆者は1984年に車を購入するのを諦めて、Apple社のMacintoshをゲットした事が正解だったと、今更ながらに、人生の重要な分水嶺であったことを思い起こした次第。

 さてさて、このiCloudのβ版が、全て日本語にて軽やかに動作するようになるのを楽しみにしたい!!


▼ブラウザSafar上で、iCloudにログインした時のもの
2


▼ブラウザSafar上で、iCloudの「写真」を覗いた時のもの。
3


4


▼住所録で調べて、住所を押せば???
6


▼Google/ZENRINで即座に位置を確認できる
7



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【ディー・アンド・エルリサーチ社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2014/10/24 06:16 am

25年前に書き綴った原稿・・・

▼イメージ写真

past1



 倉庫を整理していると、25年前に自分で書き綴った「マイツール論」など・・論文や原稿がいくつか出てきた。・・・写真下は、確か、当時のRICOHがパソコンの主力アプリケーションとして売り出していたMyToolについて原稿を依頼され、それについて下書きしたものである。懐かしかったのは、その内容もさることながら、1988年7月26日付けの印字。それは、Macintosh(Apple社製/1984年購入)を使って出力したものだった。

 新聞社の若手の殆どがNECのPCを使っていた中で、筆者独りがApple社製のMacでMacDrawやMacPaint、Sheet、Chart、Thunderscanなどを使っていたのだ。・・・まあ、当時のMS-DOSの勢いからすれば、筆者は変人、異端児だったのだろうと推察する次第。

 しかしながら、車もバイクもカメラも・・・人の趣味趣向の問題である訳で、何を保有していようが、何を使おうが、仕事の目的を達成すれば、何だって構いはしない。そうやって、異端児だった筆者が、Apple社のMacを使い続けて、既に29年が経ったと言う事になる。

 話は前後するが、上述の「マイツール論」を最初から読んでみることにした。・・・素晴らしく駄文で、稚拙な文章だ。他人様に見せられるような原稿ではないが、25年前の筆者が何を考え、何を伝えたいのかだけを拾い読みすることにした。

 導入部分のところに、媒体・・・メディアについて話をしている。「インディアンはのろしを使って敵の動きなどを知らせたり、鏡を使って太陽光を反射させ合図をしたり、また時代が変わり、サーチライトの点滅や電信の発信音で情報を伝えたりしました。・・・・」と。・・・ボキャブラリのない稚拙な文章だが、言わんとすることは、メディアの変遷について話をしたいのだろうと。(苦笑)

 そして、「AI(アーティフィシャルインテリジェンス=人工知能)について語っている。・・・畢竟、目の前のコンピュータと比較して、人間の頭脳の素晴らしさを強調し・・・視覚、聴覚、嗅覚、触覚・・・について触れ、戦略性を持った人間として、コンピュータを「セクレタリ・ツール」(私設秘書)として使えと言っているようだ。・・・かなりアバウト且つフォーカスが緩いので、表現力の無さに閉口してしまった次第。

 また、中程で、「コンピュータは、人間の頭脳に代わりに計算するCPUを、視覚や触覚の役目となるセンサーを、手の代わりにプリンターを、足の代わりに通信機能を・・・」と。読んでいるだけで腹が立ってくるが、もっと単刀直入に表現できないかと拳骨を叩きたくなった。(苦笑)

 よって、25年前の筆者が言いたかった事は、多分、以下に集約されると思われる。

1)AI(人工知能)がいくら発達するとしても、人間の頭脳に勝るものはない。
2)メディアがどんどんと進化している中で、情報の形は変わろうとも、価値は同じ。
3)戦略的発想をもってパソコンをフルに活用せよ。
4)アプリを上手く使って、パソコンを私設秘書のように使いまくれ。

 当時は、まだまだインターネットという概念さえ日本にはない時代である。しかし、25年前の筆者を一つだけ褒める事ができるとすれば、「足の代わりに通信機能」を語り、当時の日本電信電話公社(当時は有能だった/現在のNTT)の企業通信システム本部ブレインズ(東京霞ヶ関)とされる方々にコンタクトを取り、更に通信事業を探究し・・・300ボーレートという超鈍足モデムを使用しながら、実際に通信の実験を趣味の領域でやっていた点であろうか。

 1988年に通信に目覚め、1990年に新聞社を経て、起業。マルチメディアオフィスを創設。そして、1995年に熊本県内で初のポータルサイトを開設したのだが・・・。今振り返れば、「三つ子の魂百まで」と言われるように、過去の筆者のアクティビティのどこかに「通信事業の夢」が存在し、知らず知らずの内に自分なりに温めてきたのだろうと・・・。

 しかし、駄文を読むのはしんどいというのが、よーく分かった一日であった。(苦笑)


▼1988年7月26日に書き綴った原稿
past2



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【オブスクラ写真倶楽部 Facebook】https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2013/12/24 03:04 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp