ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 近代文学館

11月の紅葉狩り・・・

▼内田川沿い(菊鹿町から鹿本町付近)
kikuka2


 11月になり、時間さえあれば、あちこちの紅葉を追って走った。可能であれば、連山を覆い尽くすような紅葉のベールを切り撮りたい気持ちがあるものの、如何せん、ナローエリアでは庭園内の紅葉を楽しむほかはない。

 一昨日、竜門ダムへ行くものの、風も強く、肌寒かった。イヌワシも鳩も見かけることもなく、紅葉は終盤となり、道路上は枯れ落ちた葉が積もり重なっていた。

 これら写真を見ると、昨年足を運んだ五家荘の紅葉には到底及ばないものの、今月の取材の中では、やはり旧細川刑部邸庭園の紅葉が圧巻である。

 熊本地震の影響で年間のほとんどが閉園となっている、旧細川刑部邸。12月2日までは、午後8時までライトアップするので、夜間の紅葉を楽しむのも乙なものかと・・・。

 
▼内田川沿い(菊鹿町から鹿本町付近)
kikuka1


kikuka3


▼金峰山付近(熊本市)
kinpou1


kinpou2


▼八景水谷公園(熊本市)
hakenomiya3


hakenomiya2


▼旧細川刑部邸(熊本市)
hosokawa1


hosokawa2


hosokawa3


hosokawa4


▼近代文学館横(熊本市)
kasegawa1


kasegawa2


▼竜門ダム(菊池市)
ryumon1


ryumon2


▼一の谷(山鹿市)
yamaga1


yamaga2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/11/25 01:07 am

ハシビロガモにフォーカス!

▼ハシビロガモのオス
500_9869


 熊本市内の上江津へ足を運ぶと、いつもと違う種類の鴨のペアが数組浮かんでいた。あまり近づくと飛び去りそうなので、15メートル程度まで近づき、あとは超望遠レンズで覗くことにした。

 ユーラシア大陸から越冬のために日本に飛来するハシビロガモ。何ともまあ、仏頂面で滑稽な顔をしており、体全体の模様もなかなか面白い。ヒドリガモ、コガモ、マガモにカルガモの姿もあちこちに。ただ、ハシビロガモは警戒心が強いのか、他の鴨よりも一定の距離を置いていた。

 撮影した写真をパソコンに取り込んでいると、ハシビロガモのメスが、マガモのメスの模様と凄く似ているのに気づいた。頭部と目、嘴を見れば、その違いが分かるが、遠目では全く同じに見えてしまう。

 僅かな取材時間だが、自然の中に居るとすこぶる心が癒される。近頃は、インバウンドにより、多くの外国人観光客が熊本を訪れるけれども、このような美しい水と野鳥・・・小さな自然に接してもらうだけでも、熊本の良さがより伝わるのではなかろうかと・・・。勿論、遊歩道や駐車場、公衆トイレなどの整備は必要になる。


500_9888


500_9913


500_9918


500_9938


500_9945


▼ハシビロガモのメス
500_0042


▼マガモのメス
500_0101



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2018/2/5 02:39 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp