ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 癒やし

インターネット黎明期(1)

 当時、電子メールとは何ぞや、HP(HPと記事に書いたら、ヒューレットパッカードじゃないかと、わざわざメールで批判した人間も居た)とは何ぞや、更にはHTMLとは何ぞやと・・・殆どの人たちが、実態が掴めず、大勢がセミナーに集い、インターネットという生き物を、恐る恐る触れては首を傾げる光景を何度も見たのだった。

 筆者が県内で逸早くネット事業をスタートさせたのは、1995年8月22日。当時、インターネットセミナーに講師として招聘され、毎週のようにレクチャー会、セミナーへ足を運び、ネットの将来性と活用法について、熱く語っていた。

 その中でも、想い出深いセミナーは、熊本県商工会連合会が主宰した、YahooJapan、NTT東日本とD&L社の三社合同セミナー(熊本ホテルキャッスル)、それにNTT西日本、同仁科学研究所とD&L社の三社合同セミナー(当時のニュースカイホテル)である。

 特に、1995年12月5日に開催されたNTT西日本、同仁科学研究所とD&L社の三社合同セミナーは、忘れようとも忘れる事ができないセミナーであった。

 実は、そのセミナーで講演後に、検査入院をして2ヶ月半経っても退院しない実母が余りにも気になったので、同日午後8時頃に入院先へ見舞いに行った。ネット事業開始早々の時期でもあり、実母には大変申し訳なかったが、初めての見舞いだった。

 しかし、胸騒ぎが的中し、12月5日の見舞いが、実母との最後の対話となってしまった。・・・そして、実母は12月7日深夜に息を引き取った。前日、相当具合いが悪そうだったので電話したのだが、最後の言葉は「死ぬ事はないと思うけど、身体がきつくて・・・電話切りますよ。・・・インターネット事業をしっかり頑張って、社会貢献して下さい!」だった。

 そして、12月8日葬儀の日。・・・熊本県菊池郡大津町のインターネット研修会の講演が決まっていたので、実母の骨を拾う事無く、講演会場で、ネットを熱く語ったのだった。

 そんなこんなで、ネット事業のお手本がない上に、自分の行き先へのレールは自分で敷設するしかなかった。悪質なプロバイダなども出て来たが、完全無視をしながら、日々見えざる敵と闘っていたのだった。

 それから1年が経った。・・・1997年の秋である。上天草の松島観光ホテル岬亭を知人から紹介された。早速、同ホテルを訪ねると、小柄で元気の良い社長とその長女である専務(現在の社長)や、支配人をはじめとする愉快なスタッフたちが迎えてくれた。

 10分も掛からなかっただろうか、同社長が「ほんなら良かたい。何か分からんばってん、印鑑ば押すと良かっでっしょ!?」と、一つ返事で契約をしてくれたのだった。「あたは、テレビかなんかで見たことがあるばってん、思い出さん。・・・」と冗談混じりで話されたが、一代で築いた辣腕経営者の眼はギラリと光っていた。

 その一つ返事で、同ホテルは1997年9月にネット事業に着手したのである。当時、熊本県内のホテルとしては早期着手であった為に、マスコミなども沢山取材をしてくれた。・・・しかし、熊本市内駅前にあった某ホテルをはじめ、筆者と会って話をした事もないのに、「怪しい!」、「オウムの奴らと一緒だろ!」、「詐欺のような連中だ!」など、まあ、ありとあらゆる罵詈雑言を吐いて、筆者や会員たちを誹謗中傷した。

 田舎特有の、「無知なる者の馬鹿騒ぎ」を自覚もせず、あちこちの寄り合いやセミナーで、インターネットを否定し、その存在を徹底的に攻撃していたのである。実に情けなかったし、これほどまでに、阿呆な輩の罵言を受ける事に、ほとほと疲れ果てていたのは否めない事実である。

 そのような見えざる敵の誹謗中傷や陰謀に反して、筆者はザビエルのようにインターネット伝道師として、東京、滋賀、大阪、京都、福岡、佐賀、長崎、鹿児島、そして熊本を走り回って、「ネットの活用法と将来性」を語り続けたのである。

 このようなインターネット黎明期に、筆者の心を理解してくれて、じわじわと当社が管理運営するポータルサイト「ロゼッタストーン」に会員が集り始めた。毎月の様に、問い合わせがあり、足を運べば、すぐさま契約をしてくれる経営者が沢山出て来た。当時、某団地で一度に8社契約を貰った事もあった。

 当社スタッフは寝食忘れ、制作に傾注し、その8社分を2週間で制作完了した事も、昨日のように覚えている。本当に、世話になったし、凄く勇気を貰った時であった。


▼1997年9月にロゼッタストーン会員としてネット事業を開始した
「松島観光ホテル岬亭」の公式サイト(表紙) http://www.misakitei.co.jp/Link
misakitei



【ロゼッタストーン公式サイト since 1995】 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/10/11 02:11 am

写ガールはじめた、岬亭の女将!!

▼松島観光ホテル岬亭(代表取締役社長兼女将 橋本久美子さん)
misaki


 

 松島観光ホテル岬亭(代表取締役社長兼女将 橋本久美子さん)がネット事業に着手したのは、1997年秋。・・・熊本県内のホテルや旅館では、早期着手であった。

▼松島観光ホテル岬亭公式サイト
 http://www.misakitei.co.jp/Link
▼橋本久美子さんのFacebook
 https://www.facebook.com/misakiteicojpLink

 当時のインターネットの環境は、現在と比較すれば、パソコンをモデムを介してアナログ電話回線を通して接続という、最悪の環境でもあった。それでも、SONYのデジタルカメラMAVICA(MVC-FD7)を使用し、フロッピーに保存されたデータを当社へコンテンツ素材として送り、同ホテル公式サイトの情報としてアップされて行った訳である。・・・現在も当時の情報として、「女将の知恵袋」、「お薦めの一品料理」は公式サイトに大事に保管されている。

 特に女将の知恵袋は、中央のテレビ局からも当時注目を集め、取材依頼が殺到したこともあった。

▼女将の知恵袋
 http://www.misakitei.co.jp/chiebukuro/Link
▼お薦めの一品料理
 http://www.misakitei.co.jp/ryori/Link

 今のように、BLOGもなければ、メールに写真添付してメールサーバーが詰まってトラブったりと・・・悪条件の中で、当時としては最先端の情報発信にチャレンジしていたと言う事になる。

 思い起こせば、既に17年目のネット事業と本業とのジョイントに入ったわけで、今回、「初心に戻る」との事で・・・十数年前にSONYのデジタルカメラMAVICAでホテル周辺を隈無く撮影し、その情報をアップしていた事を思い出し・・・昨日から、本格的な最新一眼レフカメラを使用し、ホテル館内、中庭、周辺観光施設、風景などを意欲的に撮影し、上天草の素晴らしさを伝えて行くと言う。

 所謂、「写ガール」としての女将が復活したという事だ。

 カメラ撮影は簡単なものではないが、一番大切な事は、その写真にその人の「」が籠もっているか否かであり、上手下手はあり得ない。一眼レフの設定を取説見ながら遣るのも良いだろうし、画角や絞りに悩みながら撮影するのも楽しいものだ。・・・とても充実した時間とも言える。

 SNSが浸透し、如何にリアルタイムの情報を流すかに偏りがちな時代だが、じっくりと腰を据えて、目の前の被写体を愛でながら、それを一つ一つ撮影し、残せる情報としてアップするのも、忘れがちだった「癒やしの心」を与えるのではないかと期待している次第。

 量販店に足を運んでも、「最近は男性よりも女性の方が一眼レフを買われるんですよ。女性の方がアクティブに旅行に行ったりグルメしたりで、写真が楽しんですよね。また、一眼レフを一度使えば、それまでのスマホで撮っていた写真と全く違うので、そこにも嵌まるんじゃないでしょうか!?」と、カメラ担当者が言っていた。

 筆者も一眼レフのファンの一人だが、ファインダーを覗く時に、ふと、全ての事を忘れてしまうほど集中している自分に気付くことがある。・・・精神衛生上も認知予防にも良いと思われるカメラ。・・・素敵な趣味の一つとして大切に育てたいと考えている。

 さてさて、「写ガール」に変身した同ホテルの女将だが、次回はどのような写真が送られてくるのか楽しみといったところだ。・・・同ホテル公式サイトがあるポータルサイト「ロゼッタストーン」は、実は1995年以来、このような情報アップのサポートをしながら、クライアントさんのスキルアップのお手伝いを続けてきているのである。

▼以下は、「写ガール」となった女将の初の一眼レフ作品集。

misaki2


misaki1


misaki3


misaki4


misaki5



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/4/20 04:13 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp