ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 渋沢栄一

天は人の上に人を造らず、人の下に・・・!?

▼記事と写真は関係ありません

JOSUI


 「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず...」とは、余りにも有名な諭吉の教えである。この文節だけを読めば、あたかも、人は天から皆「平等」を与えられていると解釈してしまう。更に、「学問のすゝめ(初編は1872年発刊)」というタイトルで、高等教育を平等に受ける権利を有するかのようにも受け止められる・・・。

 勿論、世の中の全ての人は常に平等であるべきである。しかし、学歴主義であったり、世襲制であったりで、思いの外、人の上に人を造り人の下に人を造っている現実において、我々のような凡人の人生が凹まぬように、しっかりと学問をしなさい!と、諭吉は諭しているに違いない。よって、核となるところは、日本に根付いた封建的なものを痛烈に批判する中で、実用的な西洋学問の必要性を唱えているのである。

 巷にある企業や団体などを見渡すと、地方は特に、昭和縦割り社会のオンパレードにて、人の上に人を造り、黒塗りの高級公用車にて、あたかも海外からのVIPのような出立ちで、ホテル玄関をガニ股で歩く。(運転手は車内待機)また、人の下に人を造り、施設清掃担当者を見下し、「おつかれさま!」の声掛けもできない、偽善者がわんさといる。非礼極まりない罵声を連発し、挙げ句の果てには「虐め」を楽しむ能無し経営者も沢山いる。履き違えもよいところだ。

 社会人となる前に、学問とは縁遠く学びがなかった人は、大抵、この不平等なる社会のドロドロとした中で、苦渋を舐めることになる。それが、現実であるのは、周知の事実。聞くところによれば、子供を東大に通わせている家庭の平均年収は1500万円を超えているらしい。これじゃ、簡単に、人生凹まぬようにするために、学びなさいとは無責任に言えなくなってしまう。

 しかし、どんなに高学歴であっても、人格が備わらず、社会人としての常識に欠ける人たちは、社会人となって墓穴を掘り大失態を繰り返したり、また、詰め込み過ぎた脳内が爆発し、伸び代ゼロで役立たずの人生を送る人もいる。よって、我々凡人は、社会人となっても、常々、自分に不足するものを見出し、日々学びを続ければ、学歴なくとも、資格がなくとも、最前線で突出して活躍することが可能となる訳だ。

 話は横道に逸れてしまうが、そろそろ諭吉の1万円札も、栄一の1万円札に変わるようだ。渋沢栄一は、皆さんがご存知の通り、生涯500社以上の企業を創設した超人でもあり、日本経済の神的存在である。国内ホテルのホテルと言われる、帝国ホテル創設の時も、渋沢は、大倉喜八郎と共に、豪商の一人として、多大なる貢献をしている。よって、政府は日本経済の将来に光が射すことを願い、1万円札に渋沢を選んのかも知れないと、勝手ながら思い込んでいる次第。

 時代は、「令和」。昭和の悪しき慣習は、近頃、システムエラーの連続となっている。時代は秒進分歩の勢いにて、変革を遂げている。そこで、過去の悪しき慣習にどっぷりと浸かっている履き違え族は、じわじわと篩(ふるい)に掛けられ、その存在に「違和感大賞」のレッテルが貼られることになる。次から次へと最新技術が導入され、社会構造も変わりつつある中で、最終的には「学び」を続ける人が、勝ち組に残ることになるのだろうと・・・。


▼一つ目神社(熊本県山鹿市)
HITOTUME-JI-004


HITOTUME-JI-002


HITOTUME-JI-003



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/9/7 12:00 am

企業繁栄は、HUMANWAREで決まる。

dandllogo


 昔から、「企業は人なり」と言うが、まさしく、人ありきで企業が形成さられて行く。ところが、話題になるのは企業の顔となる経営者陣ばかり。価値の置き所がズレているから、腐った経営者でも、広告段数が多ければ神輿を担ぐマスコミも多く出てくる。

 2000年初頭に帝国ホテルを建て直したのは、熊本県出身の吉村勲人氏。その社長就任挨拶での「ヒューマンウェア、ソフトウェア、ハードウェア」の三位一体論はあまりにも有名な話だが、お陰様で、筆者は常にその思想をお手本に現在に至っている。

 我々の世代では、歴史に残る起業家の代表格となれば、海外ではスティーブ・ジョブズ(Apple社創始者)、国内では実際に筆者の目の前で話をした碓井優氏(コスモ・エイティ創始者/国内ベンチャーの草分け)であろうか。より歴史を深く掘れば、今話題の渋沢栄一氏なのだろうと。

 ※書籍紹介:スピンアウト大脱走(高杉良著)

 上述の突出した天才的な起業家であれば、その生い立ちなり、歴史なり、実績なりを紐解くだけでも、学ぶべきものが沢山あるに違いない。ただ、起業家の神的存在の方々を知れば知るほど、現在周囲で吠えて暴れている起業家モドキとは程遠いことが分かるはずだ。

 ここ数年を振り返ると、以下のように、自分の眼を疑うような現象ばかりが通り過ぎて行った。経営者による(1)パワハラ、セクハラ事件、(2)過剰接待・横領などの背任行為、(3)違法行為の証拠隠滅、(4)企業ぐるみの隠蔽工作、(5)不当解雇、(6)債務不履行、(7)著作権侵害など枚挙に遑がない。

 時には、演技性人格障害(パーソナリティ障害)である経営者による犯罪も多々見受けられる。職位を悪用し、恫喝、脅迫、強制、名誉毀損などが常態化しており、精神的に病む社員が続出。しかし、企業の体裁のみを優先し、悪徳経営者を野放しにする会社も実在する。

 悪徳経営者がトップに鎮座していると、その周囲の役員もまた同様に感染し、企業や社員最優先など糞食らえ。少数役員の損得ばかりを天秤に掛ける、黒い慣習が芽生えてくる。厚かましくも、理不尽なるものを正当化し、全て社員に責任を押し付ける蛮行に走る。

 このような社内における理不尽なるものを解決するために、最近では「リスクマネジメント部門」、更には「第三者委員会」を設置し、社内の悪玉菌なり膿なりを炙り出し絞り出し、社内浄化のための動きが流行しているものの、ほとんどが形骸化しているのが現実となる。

 その理由は実に簡単。或る社員がパワハラ被害を受け、その会社の「リスクマネジメント部門」へ訴えたとする。被害者は藁をも掴む気持ちで書簡を手渡す訳だ。ところが、その被害者の気持ちを踏み躙るような行為が、「リスクマネジメント部門」の裏側で行われるのがオチとなる。

 そこに登場するのが、マインドコントロールという毒入り注射「個別面談」にて、密室で恫喝、洗脳されてしまう。視野狭窄な若者は、言葉の綾に操られて、結局は、「我慢」を強制されたり、「依願退職」へと導かれたりすることになる。これが、悪徳経営者の黒魔術なのである。

 重ねて、その会社の監査役や顧問弁護士まで感染者となれば、パワハラ被害者が更に黒魔術被害者となり、会社を去って行く。洗脳された被害者は、その会社を立ち去る際に、「念書」を書かされ、退職後に「公言」、「訴訟」など口封じのための、引導を渡されるのだ。

 実は、このような理不尽なる蛮行を廃絶する方法は、無きにしも非ず。このような事案が多々ある原因は、経営陣と社員との間に、「敬愛の念」、「リスペクト」が欠落しているからこそなので、それを確立すれば、ほぼ、ヘドロに満ちた会社でも美しく浄化される可能性も残っている。

 経営陣は常に社員にとっては「範たる存在」であるべきであり、社員は有能な「ヒューマンウェア」として企業繁栄に寄与すべきとなる。弊社がコンサルティング事業を展開する時に、最も重要視するのは、この「敬愛の念」と「ヒューマンウェアの確立」である。

 よって、それぞれの足元がしっかりすれば、蛮行は激減し、黒魔術なりが衰退して行くはずだ。しかし、一度ならず、二度、三度、蛮行を繰り返してきた黒い過去を持つ悪徳経営者であれば、即ファイヤーの方がベストな選択肢である。何故なら、性格や病は治るはずがないのだから・・・。

 長寿番組「水戸黄門」を思い出すと、現代社会を風刺しており、大したシナリオでなくても、結果が同じようであっても、テレビを眺めていて苦笑いをしてしまうことがある。それは、必ずと言って良いほど、話のはじまりが、「のみ、うつ、かう」や「横領、袖の下、乗っ取り」などが背景にあり、悪代官、悪徳商人、既得権益者らの蛮行が暴かれ、弱者を救済することで「結」となる。

 紙芝居的な話の流れに、昔も今も変わらず、黒魔術を使いたがる「輩」が想定外に暗躍しているということなのだろうと。「ヒューマンウェア」の存在無くして、企業が存在するはずもない。だから、コンサルティングを委託されるのであれば、その点をしっかりと理解した上で、お願いしたいものである。「ヒューマンウェア」は企業の宝。その宝を見下し、粗末に取り扱うものではない。・・・伸び代のある人間なのだから。


dandl-1-new


dandl-2-new


2021dandl


2021chikaonishida-1


2021chikaonishida-2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
◎Facebook
 https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/6/26 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp