ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 価値観

四分一世紀足らずで、百年進化!

zabutonneko


 本日は、少々固めの話。5年前にスタイラスペンで描いた、筆者オリジナル「座布団猫」に語ってもらうことに・・・。

 インターネットが日本上陸する以前は、パソコン通信が流行していた。F社が先行し、パソコンでメッセージの交換ができるという、インターネットの赤ちゃんのような存在である。僅か300ボーレートという鈍足データ転送通信環境であったが、結構楽しんだ人々も多かった。

 インターネットの黎明期は、通信速度は28800ボーレードのアナログモデムでの接続。それから直ぐに36600ボーレートとアナログ路線をひた走った。そして、次に登場したのが、デジタル回線である。64000ボーレートから、128000ボーレート。・・・・(中略)・・・と、現在の高速光通信やWiFi通信、4GやLTEなどに進化していった。僅か20年ほどの時を経て、昔の産業革命であれば100年分を瞬く間に突っ走った感がある。

 当社がインターネット事業に着手したのは、1994年の秋。IBM(米国)関連会社の人間を熊本に招聘して、ネット事業を進めるか否かのレクチャー会を二週間ほど行い、着手することを決定したのだった。

 しかし、熊本県内はインターネットを接続する環境がなく、1995年に当時のIIJ(インターネット・イニシアティブ・ジャパン)と契約し、インターネット専用回線を当社に導入したのである。専用サーバーも数千万円もしたが、専用回線料金が月額60万円(年間通信費720万円)だったので、長時間のレクチャー会を集中開催したのは、ご理解いただけるのではなかろうかと。

 当社のインターネット事業は、今年の8月22日で22年となる。これまたあっという間の出来事のようで、振り返ると、山あり谷あり、ネット環境の礎を構築し、独自ドメイン(www.dandl.co.jp)を取得し、ポータルサイト・ロゼッタストーンを開設してから、満22歳となる訳だ。

 ホームページを構築するのに、お手本となる教科書も何もない時代である。よって、米国の学術系のサーバーに接続し、HTMLのプログラミングや、その他、DNSサーバー、MAILサーバー、WEBサーバーなどのノウハウを、一つずつ解読し、ロゼッタストーン公式サイト開設に傾注したのである。

 22年というと、二昔前。ガラ携からスマホの転換時期に、ネット環境がぐっと進化したのは記憶に新しいが、ネットの世界に22年以上も浸かっていたので、かなり違和感を持つのは・・・現在のSNS時代、ユビキタス時代となっても、デジタルの「掟」を知らぬまま、日々利用している経営者が、とんでもない方向へと飛んで行ってしまったことだ。(気づかぬのは、その人ばかりなり。)

 最近、頓に思うとは、公式サイトを軽視する経営者が増えている点だ。SNSにおんぶに抱っこで、個人情報を乱発し、日々赤恥を晒け出している経営者。さらに、子供や孫の学歴や就職なども、公然と呟き、自己満足のためにSNSをフルに活用している経営者もいる。それは、デジタルに対して、その便利さと怖さをよく理解していない経営者に多いのだが、一度ハマれば、抜け出すにはかなりの決断とエネルギーが必要となる。

 経験したことはないが、多分、麻薬やアルコール依存症などと同様に、デジタルの罠にハマると、抜け出るには、今までの自分を否定することから始まるので、なかなか容易なものではない。慣れてしまうと、己の醜態さえも見えなくなってくる。狂ってくると、ネット上でストーカー行為を繰り返す経営者もいるようだ。思い込みが激しく、妙にプライドが高く、自信過剰、虚栄心などが、大きな要因となっている。

 デジタル時代は、すこぶる便利な世界ではあるが、そこには「掟」をしっかりと厳守してこそ、その利便性や、凄さの恩恵を受けることができるものだ。よって、そのベクトルが一度歪んでしまうと、全ての価値観に狂いが生じ、とんでもない人生に成り下がる可能性もあることを知るべきである。

 以上、「座布団猫」さんが話しておりますが、まだまだ、話し足りないような様子。しかし、本日はここまで。

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


written by Chikao Nishida


                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/2 12:16 am

自国の宝が消えて行く・・・

▼帝国ホテルのケーキ

800_0956


 幼い頃のクリスマスイヴを思い出した。3歳から通い始めたカトリック系の幼稚園。時代は、昭和30年代の話だ。戦後15年ほど経った日本だったが、まだ、小学校の給食では脱脂粉乳や鯨肉が出されていた、敗戦国として貧乏な国だった。

 そんな中で、たまたま親や園長に駄駄をこねて無理やり入園させてもらったのだが、初めてのクリスマスイヴを迎えた時のこと、園内では聖歌が流れ、仏教徒である私が今まで体験したことのない、不思議な世界に入り込んで行った。

 園長とそのご婦人(おばちゃん先生と皆が呼んでいた)の誘いで、植木町だったか、クリスチャンの方の家に出向き、生まれて初めてワンホールのクリスマスケーキを食したことをよく覚えている。当時の街中のケーキ屋さんでは、バタークリームで包み込んだ、劣悪なショートケーキばかりが並んでいた時代なので、その大きな手作りのワンホールのクリスマスケーキは、私にとって、夢幻のようで、驚きの色を隠しきれなかった。

 そういった貧しい時代の日本を思い出したのであるが、それから数十年経った「日本の今」を見ると、当時とは雲泥の差。ありとあらゆる物が揃う、贅沢な国になっている。靴下やズボンが綻ぶと、必ずフセををする時代。器用なお母さんは、アップリケをうまい具合に使って、フセをした箇所が不自然にならないように工夫していたことも覚えている。今では考えられないことである。

 そして、時代は昭和の風から、平成の風に変わる。残念なことに、人、物、金の価値が全く変わってしまった。敗戦後の動乱の時期に、国を憂いて、新しい強い日本国を築こうと、先人たちが目の色を変えて仕事に傾注していた。諸外国からは、日本人をエコノミックアニマルと揶揄するほど、日本国の急成長は凄かった。

 神道や仏教がほとんどを占めるお国柄だが、一般的な人間は、私も含めて無信教者が多い。よって、海外の文化は思いの外根付きやすく、新年には「Happy New Year!」と連呼し、2月にはバレンタインデー、3月にはホワイドデー、10月にはハロウィン、更に12月にはクリスマスが根付いてしまった。

 商業ベースで次から次へと、欧米文化が流れ込み、それぞれの時期になると、購買意欲をそそるようなイベントが目白押しとなるのも、実に面白い現象である。しかし、逆に、日本の伝統的な遊びや慣習がどんどん忘れ去られてるという逆流現象も起きているのも否めない事実。

 何を選ぶか選ばないかは個人の自由ではあるが、自国の伝統文化伝承に多額の金銭が必要な環境を作っているのも、世襲制に固執しているのも、衰退への加速度を増している要因であることも知る必要がありはしないかと、危惧する今日この頃である。

 一昨日、友人からのメッセージがFacebookのメッセージで送られてきた。それは、90年の歴史を持つ老舗蕎麦屋が年内いっぱいで廃業すると言う。実に残念なことだが、やはり、自国の宝である伝統文化を継承するのに、法外な金銭が必要な環境を是正しない限り、どんどんと良き時代の日本の姿は消え去って行くのではなかろうかと・・・。


▼GODIVA
800_9102


▼年内で廃業する「下通藪蕎麦」のカツ丼&ざるそば
800_9000



【ロゼッタストーン公式ポータルサイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/12/24 03:06 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp