ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 鞠智城

グルメを軽視するなかれ!

D75_6029


 久しぶりの鞠智城跡。天候はさほど良くはないが、広々とした中を歩き、爽やかな風に当たるだけでリフレッシュできる公園である。1300年前の古城(鼓楼や兵舎など)を復元したものだが、所々にある木々は小鳥たちの遊園地となっている。奥へ奥へと足を運ぶと、鶯の鳴き声が聞こえてくる。時には、音痴な鳴き声を発する鶯もいるが、すこぶる癒される空間である。

 実は、正午から本年度最後の先見塾だったが、今月2回続けてランチが不発に終わった。情熱を感じぬ料理群に呆れてしまうことに。次から次へと、こちらの食す速度も考えずにサーブされる料理は、一瞬にしてテーブルを埋め尽くし、中には作り置きのものを完全に温めずに出されたものが2品もあった。予想以上に杜撰なランチに、食事どころの騒ぎではなかった。よって、急遽、先見塾の場を変えることにした。

 気分が凹んだままの状態を引きずっても良い取材はできない。よって、午後4時になっていたが、それから熊本市を発ち、山鹿市と菊池市の境界近くにある鞠智城へ車を走らせた。到着すると、昼間の悪夢を払拭してくれるような景色が眼前に広がった。風もそう強くはない。薄曇りだが、立ち寄って良かったとつくづく思った。

 しかし、この地は、残念ながら知名度も観光地としての魅力も、そう高くはない。その素晴らしさを伝えきれず、年々、じり貧と化しつつあるような気がしてならない。温故知新館も食事処も、ミニ物産館もあるけれども、全てが中途半端。観光客の心を強烈に惹きつける魅力に欠けている。それは、歴史的な価値、ストーリーなどが伝わらぬまま現在に至っているからだろうと。

 食事処のメニューを見ても、「え?」と目を疑いたくなるほど、その土地ならではの料理もなく、突然、「ご飯がないので、うどんしか出来ません!」と言われると、「もういいか!」と諦めてしまうのだ。観光の魅力は、何と言ってもグルメである。そのグルメを軽視していると、観光客が激減するばかりとなる。

 折角の歴史的遺産をもっと多くの人たちに知って貰いたい。少々辛口ではあるが・・・いくら専門分野の関係者で盛り上げようと思っても、いろんな業界とのコラボ無くしては、存在価値がなくなるばかりではないかと危惧する次第。


D75_6107


D75_6050


D75_6136


D60_9379



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2017/3/17 01:11 am

故郷を切り撮る・・・

▼山鹿市鹿本町の田園風景

800_2004


 急遽、山鹿市へ足を向けることにした。北バイパスを通り、飛田バイパスから菊池、それから菊鹿(鞠智城跡)経由で、山鹿市へと。

 しかしながら、嫌な予感が当たってしまい、鞠智城跡にある食事処は今日に限って「休みます。」と書いてあった。夏休みの金曜日に、食事処が休んでは洒落にならないが、目の前のホワイトボードにしっかりと書いてあった。凄く残念な気持ちとなった。

 よって、菊鹿から鹿本を通り、山鹿へと。・・・農道をスポーツモードで、勿論、法定速度内だが、突っ走ろうと思ったら、左手に美しすぎる田園地帯を通過することになった。一度は通り過ぎ、諦めかけたものの、また思い起こし、前からくる大型トラックが行き過ぎてUターン。美しい田園地帯へ再び戻って行った。

 僅か5分程度だったろうか、農道と言えども予想外に車の往来が多いので、足元には十分注意した上で、その水田を数枚撮影したのである。気づけば、私が生まれた旧実家の近くでもあり、昔々、両親と墓参りに何度か来たことも思い出した。

 撮影を終わり、農道を横切り車に乗った。それから山鹿方面へ向かう中で、細い道を通ることになり、小さな店が左手に見えてきた。昔、この店で何かを買ったことが脳裏を過ぎった。何を買ったかは定かではないが、買い物を頼まれ、その店に行って買い物を済ませ、親戚の家に戻ったことを思い出したのである。

 なるほど、この辺一帯が、父方の親戚が住んでいるところなのだろうと・・・。既に、父は他界しており、その親戚の方々との交流はほとんど無くなってしまっている。懐かしい「とじこ豆」のお菓子も頭に浮かんできた。祖父に連れられ、山鳥を撃ちに行ったこともある。祖父が保有していた山の中に足を踏み入れて、キノコ狩りをしたこともあった。

 段々と幼少の頃の出来事が次から次へと蘇ってくるのである。何とも不思議な気持ちとなったが、これが故郷なのかと、何度も何度も周囲を見回し、カメラを後部座席に置き、後ろ髪を引かれる思いで、山鹿方面へと向かって行ったのだ。

 無意識にステアリングの回り具合は、芝居小屋 八千代座へとコントロールされている。鞠智城跡でランチを裏切られたので、腹は鳴りっぱなし。よって、八千代座近くにあるグルメ倶楽部の、名物と言われるオムライスを食しながら打ち合わせを行い、八千代座の外観を数枚撮って帰途についたのである。

 熊本市を出発したのは午後からではあるが、僅か5時間で上のスケジュールをこなしたのだった。取材車で移動すると、思いのまま如何なるとこへもフットワークよく動ける訳で、今日ばかりは、特に、熊本県北が凄く狭く感じたのである。


▼山鹿市鹿本町の田園風景
800_2014


▼撮影中
S__5988358


▼芝居小屋 八千代座
800_2053


▼グルメ倶楽部名物のオムライス
800_2037


▼撮影中
S__5988359



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2015/7/25 03:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp