ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 豊前街道

連載 山鹿発見伝(4)

▼山鹿市鹿本町上内田川にて
2016-12-19


<年末年始の山鹿市>

 年末年始の郷里を肌で感じるのは、久しぶりのことだった。師走の大掃除風景、山鹿では欠かせない藁苞納豆(田舎納豆)、閑散とした商店街の舗道、餅つきの音、寒空に餌を探しまくる野鳥・・・などなど。

 実際に餅つきを知人の中庭にて見たのは初めてだった。焼きたての餅を掌に載せてパンと叩く。そこに、ネバネバコッテリの藁苞納豆(塩を入れる)をトッピング。半月の形になるように納豆を包み込む。更に、刷毛で甘露醤油をかるく餅に塗り、更に更に有明海苔で包み込む。想像するだけでマウスウォーターものだが、熊本県北部では、餅&納豆はブレッド&バターのようなものなのだ。

 昔の正月となれば、山鹿小学校グラウンドにて凧揚げ、独楽回しなどが一般的な子供達の遊びだった。今ではそのグラウンドで凧揚げや独楽回しをする子供の姿はほとんど見られない。また、室内では双六やトランプ、五並べなどを楽しんでいたが、すこぶるアナログな世界が懐かしくもある。

 田舎は、今も尚、昔ながらの自然が残っている。土も千年の歴史を経ても、生き生きと野菜や果物を育てている。人間と自然の共存を千年以上続けている田舎はどれくらい残されているのか分からないが、デジタルな世界に染まり込んだ私たちにとって、田舎には人としての生き様を教えてくれる、凄い特効薬があるに違いないと・・・。

 熊本地震後に足繁く通いつめた郷里・・・実は、上述のような特効薬を筆者なりに求めていたのであった。


▼有働サイクル中庭で餅つき
D60_4120


▼相良観音(あいらかんのん)
2016-12-29


▼鍋田横穴群のレプリカ
2017-1-5


▼千代の園本社
2017-1-6



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/25 12:15 am

豊前街道の「腹切坂」・・・

▼江戸時代の豊前街道がそのまま残る「腹切坂」

404 File Not Found

 一昨日のこと。山鹿市にある有働サイクルを訪ね、帰り際に「あっ!是非取材してもらいたいところがあっとですよ!」と教えてくれたのが、隣町にある「腹切坂」だった。Google Mapsを見ながらの説明だったので、その場でしっかりと頭にインプット。

 古代の森(山鹿市)の細道から和水町側へ入ると、江戸時代の豊前街道の一部(五百数十メートルの坂)が、そのままの状態で残っていると言う。駐車場などないので、農道の際に停めて、カメラだけ持って足を運び入れた。

 幅3メートルほどの道は、昔は参勤交代や住民の生活道路として使用されていたもの。現在は一切使われず、古き時代、多くの人々が踏み固めた土の上に、苔がびっしりと覆い被さり、あたかも、深緑色の絨毯のようだ。苔のクッションのお陰で、坂を下りる時も、上る時も、衝撃を上手く吸収してくれて、足首や膝、腰が楽だった。

 筆者のイメージでは、まっすぐ伸びた街道が木々に囲まれ、その奥からの圧縮効果を狙って、超望遠レンズを持参したのだが、最終的には24mm広角レンズをお借りして、全体像が分かるように数枚撮影した。やはり、取材は手抜きで楽をすると、結局、このような素晴らしい被写体があろうとも、ファイダーに収まらなくなる。・・・深く反省。

 いつになるか分からないが、近い内に「腹切坂」をじっくりと取材しようと思っているが、イノシシがたまに出ると言う情報もあるので、十二分に警戒しながら、撮影に臨みたいと・・・。


buzen2


buzen3


buzen5


▼取材ランチ:イタリー亭(山鹿市)
lunch


▼取材風景
D60_6068


D60_6062


▼豊前街道 腹切坂
map



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/1/30 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp