ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 詐欺商法

トラップに御用心・・・

JOSUI



 昔から、オフィスの固定電話へ、時折、怪しげな営業電話が掛かってきていた。会社であれば固定電話は公開しており、「電話をするな!」と命令できる法律はない(着信拒否すれば問題はない)ので、受けてしまえば、結局、無駄な時間、無駄な労力、個人情報漏洩に繋がる恐れもあるので、要注意となる。

 つい最近、「電気保安協会」と名乗る怪しい電話があった。一瞬にしてきな臭いと判断したが、ある程度泳がせて話を聞くと、「動力盤の検査をしますので、15分程度で終わります。経営者の方の立ち合いが必要となります。よろしければ、検針のペラペラの紙がいつも届くと思うので、それを準備してください。」と言う。

 更に、「九州電力では、動力をご使用の際に、オフィス内の稼働率を調査し、効率の良い稼働かどうかを判断し、経費節減に新たなプランを提案します。何時にお伺いすれば良いですか?」と、若い男の声が聞こえる。「経営者の立ち会いなど不要だ!」と言うと、トーンが変わり、それから、一切電話が掛からなくなった。

 何かトラップ臭かったので、最初から相手の口調なり、説明なりの不備な点、整合性の無さがバレバレであるものの、「電気保安協会」という名称を出されることで、詐欺軍団の悪質なるトラップに引っ掛かってしまう高齢経営者も多々いるのではないかと、危惧するのであった。

 以前、水道菅漏水調査と言って、勝手に地下に埋設されている水道管を見るために、自宅の犬走りのコンクリート部分に数カ所穴を開けて、穴の部分を塞がず、そのまま逃げた悪質な輩もいた。隣人宅では、屋根に登って瓦のメンテナンスを強要するような瓦職人もどきもいた。

 大抵、会社名も白い軽ワゴン車も汚く怪しいなものばかり。「こちらからコールバックするので、電話番号を教えて欲しい!」と言うと、さっさと切ってしまう。プロの瓦職人でもないのに、どうやって修復作業を行うのか、首を傾げるばかりである。隣人宅の屋根瓦に立つ姿は、逆立しても素人に見えて仕方なかった。

 熊本では、熊本地震、洪水、台風などの被害を受けた建物が多くあり、完全復旧していない家も多い。それを喰い物にしようと、浅知恵詐欺軍団があちこちで徘徊しているのだ。世の中、「詐欺も職業の一つ!」と豪語するのは、アフリカのどこかの国だったりするが、日本では通用するはずがない。

 しかし、全国的に見て、人の心の隙間を狙ったり、認知症の老人を狙ったりする輩を見たり聞いたりすると、日本人としてすこぶる情けなくなってしまう。

 詐欺だったり不正がこの世に多いのは否めないが、記憶に残っているのものを二、三紹介したい。一つは、車椅子に座る認知症の老婆、その車椅子を押す施設の男性が、「3万円下ろしたでしょ!」とその老婆を後ろから何度も大声で叱責している。どうも老婆のカードを預かり、現金を毎回騙し取っているのではないか!?

 二つ目は、或るショップにて買い物をしている老人。付き添いの施設女性スタッフが、現金を預かり、その老人の買い物を手伝っている。そこまでは互いの信頼関係がありかと思ったが、支払いの時に、女性スタッフが自分のポイントカードを財布から取り出して、その買い物の金額を自分のポイントにしている。

 日本人の民度も低くなったものだ。安易に、家族を施設になどに預けるものではないと考えさせられた。既に筆者の両親は他界しているので、その点は安心だが、行政や警察とは別に、悪質な施設やそのスタッフなりを、摘発し底攫いする機関を設け、詐欺師一掃法でも新たに制定したらどうかと・・・。

 我々はそのような悪質なトラップに騙されぬように、日々脇を固くしておく必要がある。例えば、固定電話は家族との連絡ツールとしては使用せず、ランダムに自分の携帯番号を教えることなく、更に、実在する各省庁、地方自治体、その他団体からの書簡のみを受け取り処理をすることに徹底すべきである。

 固定電話は留守録に限る。外部からアプローチできぬ環境づくりも重要である。事件や事故に巻き込まれぬようにするには、最終的には、外部からの怪しいアプローチの線を断ち切ることのみ、自己防御の道は残されていない。もし、執拗に輩が近づいてくるようであれば、さっさと警察へ一報することが賢明となる。

▼以下、「九州電気保安協会」をご参考に!
 https://www.kyushu-qdh.jp/business/attention/Link

▼直接接客不要な会社や自宅玄関には、以下のようなものを貼られてもよろしいかと・・・
anti-sagi


▼蜘蛛の巣のようなトラップにも御用心!
trap-001


▼羽を負傷しているトンボにならぬように!
trap-002



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/10 12:00 am

代替食品は、本当に必要なのか!?

◎記事と写真は関係ありません

JOSUI


 商品開発ほど難しいものはない。それも、毎日お客へ提供するような料理の世界では、メニュー開発はベクトルを間違えると、急に客足が遠のき、命取りとなる。

 最悪の組み合わせは、「原価優先押し付けメニューと思いつき料金体系」である。結局は、手前の都合ばかりが占める環境下において、客が望むはずもない料理を作ったとしても売れることはなく、食材、味、質、調理法、盛り付け、全体バランスなどが悪ければ、誰も見向きもしない。

 メニューは、各店オリジナルのものは少なく、地方に行けば行くほど、ネットや雑誌で話題となっているメニューを真似た「なんちゃって料理」ばかりが目立つ。最近笑えるのが、マリトッツォをありとあらゆるところで販売しているが、それも、アレンジしすぎて何が何だか分からない。

 和食は日本の四季折々の旬の食材を使い、シンプル且つ体に優しい料理として日々進化してきた訳だ。江戸時代に豆腐百珍というベストセラーグルメ本のように、大豆という一つの食材についても、日本人ならではの創意工夫により、我々庶民から殿様御膳まで応用可能としたレシピ集が現存する。

 しかし、グルメ世界で許せないのは「もどき食品」(代替食品)の存在である。カニカマや食パンもどき、カステラもどき、パスタもどき、うどんもどき、ラーメンもどき、シュウマイもどき、餃子もどきなど、我々庶民を小馬鹿にしたような商品がコンビニやスーパーで堂々と販売されている。

 人工着色料や人工調味料をふんだんに使い、さらには、固形材を使用し整形しているものもある。ぐるぐると丸めた整形肉を見たことがあるが、ふざけている。どこの部位かわからないが、捨てるに値するような粗末な肉片を固めて整形し、それをステーキとして出していたレストランもあった。

 或る焼肉店に行くと、本物のカルビを使わず、ハラミを出すところがある。とんでもない話だが、国内においてカルビの定義があやふやなために、純然たる肉のカルビとホルモンに属するハラミを一緒くたにしているのである。甘辛いタレと熱々の白ごはんで、ハラミも本物のカルビに化けてしまうのか!?

 勿論、アレルギーや宗教上の縛りにより食せない食材については、代替食品を認めらざるを得ないことがある。精進料理に、大豆や小麦粉などから化けた肉もどきもある。蕎麦の乾麺でも、山芋を繋ぎとせず海藻で繋いでいるものもある。されど、人工的な化学の実験のような代替食品は御免被りたい。

 戦中戦後の動乱の時代の日本では、「ブラジルコーヒー」と書かれてはいるが、実は大豆を代用することで、ローストして販売していたという話を聞いたことがある。これは、正規の代替食品の息を脱しているばかりか、豆の独特な後味を想像でき、食後のデザートと美味しく食せるはずがない。下手すると、きな粉汁である。

 国内における食の安全基準は随分高くはなってきているものの、先日、韓国即席ラーメンの含有物の問題が報じられたいたように、健康被害をもたらす毒物を混入したものが、今の時代に大量に製造されているのだから、とんでもない話である。一口食すこともグロくて、怖く、ありえない話だが、あの国らしい。

 納豆も同じことが言える。大都市部に生まれ、大都市部で育った人たちは、発泡スチロールに入った納豆が納豆だと思い込んでいる。しかし、本物は藁苞納豆であり、熟成の仕方も風味も完全に別物である。よって、本物の納豆を知った人は、発泡スチロールに入った納豆がやけに人工的に見えてしまうようになる。

 本物のシシャモを食した人がどれだけいるのだろうか?その辺のスーパーでお安く入手できるものは、実は、カペリン(カラフトシシャモ)と言い、全く別物だ。酷いものは、注射器のようなもので卵を注入して、お腹を丸々しているものもある。「シシャモもどき(偽物)」と明記して欲しいものである。

 タラバガニについても、偽装事件が多発し、ネットショップなどで購入したものが、ほとんどがアブラガニを送りつけて、高額な料金を支払わせていた悪徳業者もいる。タラバガニとアブラガニもまた全く別物であり、形が似ているものの、生息域は異なる。両者の違いは、甲羅の突起はタラバ6本、アブラ4本。足の裏が白いのはアブラとなる。

 最後に、我々の主食である白米もとんでもないものが存在する。それはブレンドという格好いい手法により、プロの米販店が良心的に安くて美味しい組み合わせのブレンド米とするなら有難いが、粗悪な米をブレンドして高値で売るという詐欺商法もある。

 上記のように、思い起こしながらランダムに代替食品やら偽装などを書き綴ってきたけれども、枚挙に遑はない。だが、命を支える重要な食において、これほどまでに代替食品や偽物が我々に必要なのだろうか。答えは「否」である。そろそろ、食関連に対して、大きくメスを入れる時期になっているのではなかろうか。


▼ザ・リッツ・カールトン東京の「ひのきざか」の食前酒とお箸
FOOD-KAIHATSU-001


▼熊本県山鹿市菊鹿町の米
FOOD-KAIHATSU-002


▼半高山のツマグロヒョウモンとマリゴールド
FOOD-KAIHATSU-003



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/2 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp