The Rosetta Stone Blog

タグ » 観光

五家荘 平家の里の紅葉狩り・・・

▼五家荘 平家の里にある資料館(左)と能舞台
DFD_3490


 何十年ぶりだろうか、唐突に秘境 五家荘(熊本県八代市泉町)へ足を運ぶことにした。

 熊本市内中心部から車で約2時間ほどかかるが、今回は、九州自動車道(熊本I.C.〜松橋I.C.)から美里町へ入り、それから山道をラリー車のように、アップダウン激しい、くねくねしたスネイキーロードを突っ走った。

 正直なところ、秘境 五家荘は、筆者がよく足を運び入れる熊本県北部の矢谷渓谷や岳間渓谷の比ではない。延々と1時間ほど、そのスネイキーな狭い道を走って行かねばならなかった。

 ウィークデイなので、逆方向からの車は少なかったものの、秘境まで続くガードレールは、どこもかしこも車がこすったりぶつかったりした跡が生々しく、歪み錆びていた。

 想定外の山々の深さを実感しながら進んで行くと、途中途中に日本昔ばなしのような光景が眼前に広がってくるのだ。空気は澄み渡り、ぼちぼち紅葉した木々の葉は、すこぶる美しく輝き、透明感があった。

 ナビを見ると、くねくねした道が先へ先へと続いている。見なければよかった凹むほど、くねくねがたっぷり残っているのである。天候が良かったので、事故なく楽しいツーリングとなったが、後から、カメラを持つ手が少々痺れているのに気付かされた。

 何はともあれ、秘境 五家荘 平家の里は、数百年昔の和の國にワープしたようなところである。しかしながら、この素晴らしさを伝えるには、筆者の拙い表現では物足りないのではなかろうかと・・・。

 ふと思ったことだが・・・このように無傷の大自然は子々孫々まで残してもらいたくもあり、行政側に対しては、秘境らしい「素朴な食文化」の向上と、休憩所や清潔なトイレの設置、安心安全な道路環境を整えて頂ければと感じた次第。

 最後に、現地のご老人が、にこにこしながら「最高の紅葉狩りは、11月10日頃でしょうかね!」と。

 
800_2247


800_2276


DFD_3447


800_2218


800_2225


map


▼取材風景
IMG_8036



               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/11/2 12:06 am

小鷺の羽繕い・・・

500_2634


 小鷺はとても可愛い。水面から飛び立ち、少々背の高い木の上にとまり、羽繕いを始めたようだ。風が強いので、足はしっかりと枝を掴み、微動だにせず、黙々と羽繕いをしている。古い映画「七年目の浮気」のマリリン・モンローを思い起こさせるような、純白のドレスが風に靡く。

 撮影中に、1本の羽をクチバシにくわえたかと思うと、それを放ち、羽が風に乗って飛んで行った。たまたま、連写をしていたので、その一本の羽が宙に浮く瞬間を撮ることができた。

 目の前をジョギングしている人、自転車に乗る人、カメラのシャッターを切る人、テレビ局の取材クルー・・・ずいぶん大勢の人間が横切って行ったが、その小鷺は全く気にする様子もなく、長時間羽繕いに専念していた。

 話は変わるが、本日の取材機材はちょっと変わった組み合わせで臨んだ。

 以下の通り。

 (通常)NIKON D500+SIGMA 150-600mm=900mm相当
 (今回)NIKON D500+SIGMA 70-200mm f2.8+tele x2=600mm相当

 元々は、70-200mmは明るいレンズ。細身でフットワークの良いものだが、テレコン2倍を取り付け、600mmの望遠よりも近場も撮れる。しかし、見た目よりもかなり重い組み合わせとなってしまい、テレコン装着で逆光にも弱くなったようで、最後まで納得の行く写真が撮れなかった。

 考えてみれば、通常のシンプルな組み合わせの方が、逆にフットワークが良かったような・・・。

 
500_2649


500_2650


500_2648


▼取材ランチ:熊本ホテルキャッスル 九曜杏の「チーズ入りハンバーグ」ほか
IMG_0390


▼取材風景
D60_6411



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/2/2 12:00 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp