ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 西郷南洲

「信頼関係」を結ぶには・・・

josui-3


 他人との接点において、双方が「信頼関係」で結ばれるには、互いに胸筋を開き、本音をぶつけ合う事が必要だ。言葉の掛け合いであったり、文書の交換であったり、遠慮なく語れるコミュニケーション環境になって、初めて「信頼関係」が次第に太い綱となって行く。

 よって、「私はあなたを信頼しています。」といった露骨で軽々な表現では、互いが「信頼関係」で結ばれることはなく、そこで「そうなのか!」と瞬間的に頷くものではない。互いの異なる半生において、「共通項」の地道な相互発見から生まれるものであるからだ。

 人なるものは十人十色、千差万別。中には、互いに水と油であったり、不得手な相手だったりのケースも無きにしも非ず。ビジネスであれば、尚更のこと。仕事というオフィシャルな距離感にて、プライベートとは異なる次元で「信頼関係」を結ぶ必要がある。

 しかし、仕事上知り合った人であっても、趣味という「共通項」が見出されると、より親密なリレーションシップが生まれ、プライベート領域での接点も次第に多くなって行く。そうなれば、仕事上でも「阿吽の呼吸」にて、全て円滑に動き出すようになる。

 ただ、長い期間の接点にて育まれた「信頼関係」は、決して鉄壁、頑強、永劫とは言えない。何故なら、環境の急変だったり、片方の「裏切り」などの心変わりによって、脆くも、瞬間的に崩れ去るものであることを知るべきとなる。

 つまり、折角築かれた「信頼関係」が永遠不滅ではないと思う人が圧倒的に多いのは、周知の事実。疑心暗鬼に陥り、心から人を信用せず、初手から「信頼関係」を結ばないのである。また、「敬愛の念」がない人たちも、「信頼関係」からは縁遠い。

 畢竟、「信頼関係」を結ぶには、相手の育ちなり、性格なりをじっくりと見据えて、「信頼に値する人」であるか否かを判断すべきとなる。そこで、周囲の根拠なき「誹謗」や「揶揄」が邪魔する事もあるが、直に自分の眼でしっかりと確かめる事が重要となる。

 蛇足ながら、近場の人間で、右腕も左腕も不在にて、社員との「信頼関係」を築けない、裸の王様のような経営者を知っている。残念ながら、その心中には「敬愛の念」という言葉はなく、常に「人を見下すことが快感」といった悪辣な資質が、「信頼関係」を無き物にしているようだ。


▼記事と写真は関係ありません。(半高山の花々)
DFD_4251


DFD_4242


DFD_4244


DFD_4255


DFD_4264



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2020/5/16 03:08 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp