ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 茶懐石

拘りの「えのきぞの」のお弁当・・・

▼「えのきぞの」のお弁当「地の巻」
enokizono-1



 熊本市内のお弁当で、自信を持ってご紹介できるのが、「えのきぞの」(榎園豊成料理長)のお弁当である。

▼「えのきぞの」の歩み(昭和9年に前身の料理研究所開設/85年の歴史を誇る)
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/history.htmlLink

 同店は、昨年9月19日に、熊本市中央区新屋敷に移転オープンしたばかりで、ランチタイムとディナータイム(それぞれ要予約)に加え、「えのきぞの」のお弁当(2日前までに要予約)を開始したのは、今年の2月末からとなる。(昨年、茶懐石や御節などもスタート)

 お弁当の予約がある日は、同店料理長以下スタッフは、午前5時半頃から仕込みを始め、午前10時半以降のお客の受け取りに備えている。写真は、「えのきぞの」のお弁当の「地の巻」。同料理長の一番の拘りは、可能な限り揚げ物を扱わないことにある。

 「どうしても、揚げ物は揚げてすぐにお召し上がっていただきたい!」という職人気質によるもので、お客からどうしてもとの要望があれば、アーモンドの衣で揚げる工夫をし、その揚げ物の風味とサクサクとした食感を保つようにしている。

 ちなみに、「えのきぞの」のお弁当は、宮本武蔵の五輪書より命名されており、「地の巻」、「水の巻」、「風の巻」の3種。どれもこれも、仕上がり絶妙にて、受け取りに来られたお客の笑顔が絶えない。

 先日の月曜日など、同店の定休日にも関わらず、前々日までに「えのきぞの」のお弁当の発注が相次いだ。早朝よりの完全手作りのお弁当なので、思いの外、数的には制限があるものの、その日は、しっかりと「地の巻」を中心に、計60食を作り上げた。

▼「えのきぞの」のお弁当チラシ(JPGデータ、5.4MB)ダウンロード
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/enokizono-bento.jpgLink

enokizono-2


enokizono-3


bento



▼えのきぞの
 〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9-19濫觴77A TEL: 096-211-5525

◎えのきぞの公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link
◎えのきぞの過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=enokizonoLink

文責:西田親生


                             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/4/14 02:58 pm

気になる、逸品たち・・・

850_3597


 昨日ご紹介した、「えのきぞの」のランチコース「日和」。その中で、いくつか印象深い料理があったので、連日の記事扱いになるが、余韻冷めやらぬ内に、本日ご紹介したい。

 先ず、写真下の「ぬた和え」。前菜としてサーブされた中で、一際目立つ雛人形の器があった。中に「ぬた和え」が添えてある。大変瑞々しく、食感が素晴らしく、喉越し抜群の「ぬた和え」であった。

 次は、揚物の「ヨモギ豆腐の春巻き包み、アスパラ、ゆりね、いり出し、山葵」である。想像を絶するほどのもので、今回の料理の中で一番際立っている。ヨモギ豆腐の完成度が高く、揚げ物の油と汁(つゆ)の溶け込みが計算尽くされており、すこぶる感激したのである。

 今回、料理の旨さは勿論であるが、同店の器のチョイスがとても素晴らしく、じっくりと眺めるだけでも楽しくなって来る。特に、焚合の器には土筆やゼンマイの絵が描かれており、よく見ると、土筆が面白い表情をしている。何ともオシャレな、隠し味であろうと・・・。

 最後に、以前の記事でも何度もご紹介しているのが「土鍋の炊きたてご飯」。何度食べても、ついお替りをしてしまうほど、旨い。欲張って沢山食しても、胃袋が軽いのである。最近、ランチ後に胸焼けをする料理が多々ある中に、同店が、「さらっとあっさり健康的な料理」と言うのが、よく理解できた。

 ちなみに、同店の「弁当プロジェクト」が走り出した。既に注文をされたお客も多いが、ほとんど「とても美味しく、素晴らしい!」という感想が返って来る。筆者の友人も先日注文して、食した方々は皆口を揃えて「いいですね!すごいですね!」の連発だったと言う。
 
▼ぬた和え

850_3574


▼ヨモギ豆腐の春巻き包み、アスパラ、ゆりね、いり出し、山葵
850_3622


▼焚合
850_3604


▼土鍋炊きたてご飯
850_3643


▼「えのきぞの」のお弁当
bento



◎えのきぞの公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link
◎えのきぞの過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=enokizonoLink

文責:西田親生


                             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/3/17 02:02 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp