ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 筋を通す

物事には順序がある・・・

▼写真はサザンカ(記事内容とは関係ありません)

camellia1


 世の中には色んな人がいる。筆者も含めて、自分自身が普通だと思っていても、第三者からすれば「変わり者」と思われている場合も無きにしも非ず。それは、それぞれ皆の「スタンダード」が千差万別であるからこそ、そうなってしまう。

 「物事には順序というものがある」と言っても、「そんなの関係ない!」と言う人もいれば、「順序は大事!」と筋を通す人もいる。そもそも、「物事の順序」には、原因、経緯、結果という要素が含まれていることになる。経緯の中で順序が違(たが)えば、結果も狂ってしまう。

 例えば、コンビニの狭い駐車場から出ようとしているのに、公道から矢の様に突っ込んできて、急ブレーキを踏み、睨みつける人もいる。この様な人は、箱に空きがないのに、強引に入れ込もうとするから、駐車場でのトラブルに至る。

 もっと分かりやすく説明すると、靴が満杯になっている靴箱には、自分の靴を無理に入れようとしても入らないと言うことだ。よって、箱に空きがあって、初めて、自分の靴を靴箱に入れることができることになる。それが分かっていない。

 駐車場を考えれば、公道へ出て行く車の方が当然に優先となる。それは、1台の車が出れば、確実に1台の駐車スペースができるのだから、スムーズに次の駐車が可能となる。実にシンプルで、幼稚園児でも小学生でも理解できるほどの「物事には順序がある」である。

 それを大人が理解できない、又、身勝手を押し通すから、トラブルが生じることになる。下手すると、無駄な口論や傷害事件に発展することにもなる。これこそ、「民度」の問題なので、そこは大人として、社会人として理解しなければならない。

 また、契約やその他仕事においてトラブルが生じた場合、時系列をしっかりと振り返り、「物事には順序がある」を踏んでいるか否かをチェックすれば、相手の一方的な難癖なのか、又は、自分自身に非があるか、容易に解明できる。

 元々、民度高き日本人であれば、「礼節を弁える」は当然の常識であり、「物事には順序がある」を理解し、常に自らの言動を客観的に捉え、随時修正を加えることで、社会人として恥ずかしくない人生を心掛けてきたものである。

 ここで国外の最近の出来事を振り返れば、「物事には順序がある」を思い起こさせるような事件、事故が多発している。中でも、極めて滑稽だったのがアメリカ合衆国大統領選挙である。トランプ氏は「物事には順序がある」が通用しない、単なる暴れん坊。

 「物事には順序がある」が理解できないから、支離滅裂で遣り放題となる。法の要である裁判所や検察庁は、「物事には順序がある」をしっかりと見据え、それが筋が通るのか否かを判断する。無法者大好きで難癖裁判大好きな米国らしく、トランプ氏を格好良いと思い込んでいる。

 まあ、開拓者精神があるからこそ、そこは強行姿勢を貫くのだろうけれども、時代錯誤であろうかと思われる。法の遵守は国民の責任・義務でもあり、決まりは決まり。トランプ氏が「物事には順序がある」を念頭に置き、奇策を講じていれば、ここまで醜態を曝け出すことは無かった。

 日頃から「物事には順序がある」を頭にインプットして筋を通していると、不慮の事故や想定外の犯罪に遭遇しても、「物事には順序がある」を貫き通しているのだから、何事も「負け戦」になる可能性は断然低い。「物事には順序がある」を無視するから、パッチワーク的に挙動不審となる訳だ。


camellia2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/30 12:00 am

「筋を通す」が理解できない人は・・・

josui-3



 周囲には、大なり小なり、トラブルメーカーと呼ばれる人が必ずいる。しかし、極め付けのトラブルメーカーは、人の立場になって考えようとはせず、何事も自分の都合ばかりを主張して、無闇矢鱈に正当化するばかりで、自らの蛮行に気付かない。

 「どう逆立ちしても、貴方が嘘言ったんでしょ!」と指摘されても、「いやいや、そんなつもりじゃなかった。言ったつもりもなかった。」と、簡単に事実を曲げてしまう。結局は、責任転嫁により他人を新犯人に仕立て、逃げてしまうのだ。

 また、「筋を通す」が理解できない人は、完全に頭は腐っている。「時系列」で証拠を示されても、その「時系列」さえ分からない。動かぬ証拠を突き付けられても、自覚がない。数学的思考回路が壊れているので、話にならない。

 これまで、寡黙な人は「サイレント・マジョリティ」として善い人が多いと思っていたが、近頃、その寡黙な人が愚行を繰り返している。よって、これまでの認識が崩れ去ってしまった。何と、寡黙な人の中にも、異常なほどに底意地が悪い人がいるのだ。新種発見である。

 また、表情で判断すれば、ギョロギョロと目が落ち着かず、俯き加減で暗い表情の人は要注意となる。何をしでかすか分からない。ビデオ撮影して、本人に見せたいくらいだが、気づかぬは本人ばかりなり。それこそ、赤恥をかくのは本人なのだが・・・。

 自らを客観視できない人は、思考が偏っている人に多い。金払いが悪い人ほど、一癖、二癖ある。お金を払う方が偉いと思い込んでいる人も、同様に癖が悪い。お金を払うこともなく、無償で情報を盗み取る人間は、それら以上に癖が悪い。

 ノイジー・マイノリティは言わずもがなであるが、彼らの特徴は、常に「その場凌ぎ」である。「俺が良ければ、問題ない。」とか「法律なんぞ関係ない。」とか豪語する人間ばかりである。よって、災害時に水汲み場で、必ずズルをする人間を見ることになる。

 人は、幼い頃から食育を含め、しっかりと親の愛情をもって躾けられれば、大抵の場合、極悪人に育つ可能性は低い。学校の勉強ができないから頭が悪いのではなく、ただ関心がないから成績が悪いだけの話。されど、本当に頭が悪い人は、上述の様に「筋道を通す」が分からない人である。

 頭の悪い人が書く文章には三段論法や起承転結など存在せず、「真偽」を無視、「時系列」を無視、「原因結果」を無視、主人公は常に己なので、話し合いなどで解決する心さえ持ち合わせていない。だから、他人を排斥して、己の陣地を必死に守りたがるのである。

 このように頭が腐っている人は、更生の余地は皆無に等しいことになる。特に、50歳を超えている熟年となれば、既に遅しの「不治の病」。先輩や上司など、誰が諭したとしても、全く聞く耳を持たず、歪みきった持論を展開するだけの話となる。時間の無駄である。

 「筋を通す」を理解できない人たちは、結構、ビビり屋が多い。だから、周囲に対して過剰に反応し、暴走を繰り返す。お察しの様に、頭が腐っているから、負のスパイラルにも気付かず、延々とビビリとの戦いで人生を終わらせてしまう。

 諄い様だが、上述の様に「筋を通す」を理解できない人たちは、心から話せる相手が傍に居ない。男女を問わず、「心友」が居ないのだ。だから、他人を信用することもなく、知らず知らずの内に、自分でさえも信用できないという、さもしい人生を送ることになる。

 それこそ、本当に可哀想な人たちでなのである。

▼中秋の名月(2020年10月1日)
D85_9460



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2020/10/2 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp