ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 熊本ワイン

熊本ワインと薔薇の花々・・・

kumamoto-wine-1


kumamoto-wine-2


kumamoto-wine-3


kumamoto-wine-4


 何年前になるだろうか、熊本ワインへ初めて足を運んだ時に、その裏側に、とんでもなく美しい薔薇の花々が咲いていたのだった。手入れが行き届き、一つ一つの花と葉、枝が生き生きとしており、咄嗟に車に戻り、一眼レフを手に取り撮影することにした。

 それ以来、熊本ワインの代表者をはじめ、そのスタッフと会話を交わすようになり、春と秋には、必ず足を運び、薔薇の花々を撮影し、当時は、取材後に、店内にてキンキンに冷えた100%の葡萄ジュースを飲み干し、涼をとっていた。

 今回は、曇天にて、光の具合が良くないが、春の薔薇もそろそろ終わりに近づいているようなので、最後の撮影をすることにした。先日来た時の方が薔薇は生き生きとしていたが、終わりに近づく薔薇の花も、辻ヶ花のようで、乙なものである。

 実は、熊本ワインは、世界に通用するシャルドネ樽熟成「菊鹿」という白ワインを創り出したところだ。県外から熊本に立ち寄ってくれる知人友人には、必ずと言って良いほど、この極上ワイン「菊鹿」を手土産に渡していたのだった。

 シャルドネ樽熟成「菊鹿」は、熊本ワインや熊本城内にある桜の馬場 城彩苑でも入手できる。勿論、ネット販売もしているが、このワインについては、熊本名物の新しい目玉として脚光を浴びつつあるが、生産量が少ないために、時には「お一人様、1本」の時も・・・。

 熊本ワインは、位置的には、フードパル熊本の中心部にある。洋風の建物で、回廊はアーチ形状とエンタシスのような柱でデザインされている。とても、お洒落な空間で、店内ではワインのみならず、珍しいおつまみも販売されており、ショッピングを楽しくさせる。

 尚、薔薇の花々は、熊本ワインの裏側から、歩道に沿って、各店舗の庭々に咲き乱れ、薔薇園と言うよりも、ローズ・ロード(薔薇の道)と表現した方がイメージ的には分かりやすいのではなかろうか。次の秋薔薇のシーズンまで半年。秋薔薇は、春薔薇よりも地味だが、被写体としては十分だ。

 その頃までには、何とかコロナ禍が収束に向かい、人々の生活も、今の戦時中のような最悪な環境から解放されればと願うばかり。


kumamoto-wine-5


kumamoto-wine-6


kumamoto-wine-7


kumamoto-wine-8


kumamoto-wine-9


▼薔薇の後は、紫陽花が待っている!
kumamoto-wine-10



▼熊本ワイン・菊鹿ワインオンラインショップ
 https://kumamotowineonline.co.jpLink

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生
 

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/5/15 12:00 am

フードパル熊本の秋薔薇・・・

▼熊本ワインのお洒落な通路

D85_0009


 秋薔薇は、今週末までが見頃だろうか。毎年楽しみにしている薔薇園は、一昨日の記事でご紹介した熊本県農業公園カントリーパークのそれと、本日ご紹介するフードパル熊本の薔薇園である。

 いつも熊本ワインの駐車場に車を預け、アーチの入り口とエンタシスのイメージで造られた回廊を抜け裏手に出ると、薔薇園へ。今年はコロナ禍でもあり、秋薔薇であるが故に、残念ながら、絢爛に咲き誇るといった感じではなかった。

 ただ、歩きながら散策していると、たまに器量の良いものが見つかると言うもの。快晴の日の撮影は苦労するが、陰を見つけては、楚々と咲く薔薇の花に集中することになる。薔薇の撮影で一番の難敵は黒点病であり、それさえ無ければ有難いのだが。

 30分ほど歩いていると、薔薇園をひと回りすることになる。それから、熊本ワインへ戻り、店内に陳列されている極上ワインを品定め。更に、珍しい酒の肴を見つけては、数個購入して、車に戻ることに。

 今回の取材で一番の収穫は、熊本ワインで販売されている濃厚な葡萄ジュースと殻付きアーモンド、それに大粒の干し葡萄だった。同ワイナリーは「菊鹿」と言う銘柄で有名だが、思いの外、ショッピングが楽しめるところでもある。

 蛇足ながら、フードパル熊本に足を運び、毎回違和感を持つことがある。それは、一般訪問客専用駐車場が、常に満車近いの状態となっている。理由は問わぬが、常にウェルカムの状態で訪問客を迎えることが重要ではなかろうかと・・・。


D85_0080


D85_0025


D85_0026


D85_0029


D85_0057


D85_0067



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2020/10/17 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp