ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 湧水

不動岩・・・さざれ石の巌となりて

fudo1


 今日も山鹿だ。個展(写真展)の準備もあるけれども、今日は一目散に一ツ目水源へ走った。ところが、いつも通る道なのだが、やけに山が近くに迫って見える。雨上がりとあって、空気が済んでいる証拠。前方に、威風堂々とした巨岩・不動岩がそそり立って見えた。

 これはチャンスだと思い、600mmの超望遠レンズを慌てて装着し、歩道に立って、手持ち撮影を試みた。ちょっと怪しげな人間が、武器(バズーカ)を持ち歩いていると思ったのか、軽トラに乗ったおじさんが、険しい顔して運転しながら、睨み付けるのだ。

 話は戻るが・・・この不動岩は、5億年以上も前のさざれ石が海底に堆積して層をなし、気が遠くなるような長い時間、強い圧力を掛けられることで岩盤となり、更に、周囲が侵食され、この形状になったとされる。正しく、国歌「君が代」の歌詞「さざれ石の巌となりて」である。ちなみに、写真上の右手前の巨岩は、高さ80メートル、根周り100メートル。

 幼い頃に、この不動岩の背後の岩に登り、その上で食パンを投げ、カラスたちが空中でキャッチする実験をしたことがあった。良い子は決して真似してはならぬが、当時の或る先生は、結構、サバイバルが好きそうな、大胆不敵な先生だったように記憶する。

 不動岩を望遠で収め、それから数分で一ツ目水源に到着した。今回は、青鷺や鴨以外に、珍しく大鷭(おおばん)がいた。大鷭は真っ黒で、くちばしと目の間が白い。何度も素潜りをして、水草ばかり頬張っていたが、ファインダーで覗く限り、カイツブリと同様に、あまり可愛い部類には入らないようだ。

 それから、周囲の稲刈り後の水田や紅葉の山々を写して、帰途についた。・・・最後の写真だが、ついでに昨夜の月を写して見たのだった。手持ち撮影だが、クレーターが綺麗に出ているので、本日は収穫多く、ご機嫌がすこぶるよろしく、爆睡できるようだ。


fudo2


kamo


kareha


800_1257


▼取材風景
IMG_3539



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2016/12/17 12:00 am

水位が戻った、水前寺成趣園。

DF1_6175


 熊本地震で枯れ掛かった水前寺成趣園。一昨日、足を運び、水位が元に戻り、外国人観光客が大勢訪れているのを見て、安堵したのだった。

 地面を見ると、無数の小さな穴があり、その穴からセミの幼虫が這い上がり、木の高いところまで幹を登り成虫となっている。アブラゼミが多いようだ。また、水面では無数のトンボが飛んでいた。鳥は白鷺が1羽いただけで、ほとんどは鳩ばかり。・・・思ったよりも、賑々しい園内だったので、一周歩くこともなく、現地の写真屋さんと立ち話をして、最後に、古今伝授の間に立ち寄った。

 海外からの観光客は自撮り棒を持ち歩き、各所各所で立ち止まり、いろんなポーズを取っている。それからINSTAGRAMなどのSNSに投稿するのだろうか!?ほとんどがアジア系の人たちだが、挨拶することもなく通り過ぎて行く。

 欧米人のツアー客は、必ず、にこやかに会釈や挨拶をしてくる。先般、熊本城でイギリスからの家族に出逢った時、互いに挨拶を交わし、立ち話をして通り過ぎて行った。・・・単なる観光やグルメも良いけれども、折角熊本に立ち寄っていただくのであれば、熊本の水、土、空気の匂い、そして地元の人間を知ってもらいたいと・・・。

 
suizenji1


▼取材風景
chikaonishida



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2016/8/6 12:36 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp