ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 恫喝

トラブルシューティングの心構え・・・

josui-3


 先見塾の合言葉は、「如水」と「日々変化、日々進化」。同塾は2011年にスタートしたものだが、もっと多くの方々にノウハウを提供できればと考える次第。

 現在、ネット上にて、十数人の塾生や研究生に対して、毎日情報を提供している。最終目的は、「民度の高き人づくり」と申し上げた方が分かりやすいかも知れない。英語に翻訳すれば、ニュアンスがやや違うような気もするが、「THE LIVING STANDARD LEVEL OF THE PEOPLE」となる。

 本日は、「ポジティブ&ネガティブ」と題して、何らかのトラブルが生じた時のシミュレートを試みた。人によっては、一挙に解決してポジティブ領域へゴールしたり、また、人によっては検証することもなく、ただ落ち込むばかりで対策を講じず、ネガティブ領域の奈落へ落ちるケースもある。

 下図は筆者オリジナルのものであるが、要は、トラブルが生じた時の心構えと、その初動段階における対応が重要なポイントとなる。眼前にトラブルが生じれば、誰しも驚き、恐怖と共に頭を痛めるはずである。そして、落ち込むのも秒殺となる。胃袋に焼けた鉛の玉が落とされたように激痛が走る。

 しかし、重要なことは、先ず冷静になって対策を練ること。それが人的トラブルであれば、相手方の怒りの元凶とは何なのか、その怒りをもって何を求めているのか、どのような取り扱いを求めているのかなど、事態収束に向けて、怒りの鉄拳の落とし所を早期に見つけなければならない。

 人によっては、喜怒哀楽が二転三転することがある。非常にナイーブな相手であれば、腫れ物に触れるが如く、具に観察しながら、丁寧且つ慎重に取り扱う必要がある。しかし、人的トラブルに対するトラブルシューティングにおいて、「限度」、「限界」があることも知るべきだ。

 それは、相手方の振り上げた鉄拳が、「無理難題」や「難癖」に転じてくれば、それは、通常のトラブルシューティングとは質が異なってくる。万が一、「嫌がらせ」、「恐喝」、「恫喝」に発展する兆しがあれば、当然の如く、毅然とした態度で臨むことが必要となる。

 時代も変わり、日本人の「民度」の低さが問われるようになって来ている。常識とは何ぞや、モラルとは何ぞや、向こう三軒両隣とは何ぞや、人の心の痛みとは何ぞやと、殺伐とした世界に豹変しつつある中で、上記のような人的トラブルが急増しているのは否めない事実となる。

 されど、常に冷静沈着にして、真摯な中に、ポジティブ思考をもって対応することで、人的トラブルは鎮静化する可能性は高くなる。よって、全て己の「非」であったとしても、誠心誠意、相手に接することで、相手方がまともな人間であれば、大荒れの嵐だったのが、にわかに凪へと収まることになる。


level-1



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2019/11/18 02:01 am

「虐め」の体験実話・・・

▼写真はイメージ
850_5669


 父が国家公務員だった為に、2年から3年に1回の転勤があり、筆者は金魚の糞として、小学校、中学校、高校をそれぞれ2校ずつ行かざるを得なかった。転校すると必ず直面するのが、ニューフェイスの挨拶と転校生への冷やかし、恫喝。特に後者は常習的な「虐め」に発展する可能性があった。

 しかし、筆者は元気者だったので、予期せぬ恫喝によりトラブルとなったのは、高校の転校時の1回きりである。暴力は好まないけれども、その時は、番長らしき人間からの恫喝で、学ランの胸元を掴まれた瞬間に、つい手が出てしまい喧嘩となった。多勢に無勢であったので、その人物の顔面を数回殴り、血だらけにしてしまった。(これが人生において最初で最後の大人気ない暴力となる)

 よって、その番長らしき人間を校長室へ連れて行き、歴史ある進学校(当時の校長は東大卒)だったけれども、校長へトラブルの経緯説明を終え、「こんなレベルの低い高校へは二度と来ません!」と言い放ち、そのまま自宅(官舎)へ戻り、翌日から登校拒否をすることにした。

 翌日の午後、教頭や担任が自宅(官舎)に足を運んできて、私に登校するように説得をしてくれたが、筆者の心は既に別の進学校転校へと動いていた。しかしながら、執拗な学校側の説得工作、両親からの宥めもあり、最終的には、暴力事件から数日後に通学を再開した。・・・一件落着である。

 ただ、幼い頃を思い起こしてみると、唯一、許し難い(今でも許してはいない)と思っているのは、小学時代の担任である。低学年からずっと委員長だった筆者だが、その担任とは水と油となり、6年の2学期に、担任から委員長を剥奪され、さっさと再選挙が行われ、他の生徒が委員長になった。

 それは筆者にとってどうでも良いことだが、それから担任の暴言は日々激しくなり、直接的に筆者をターゲットとして、公然と嫌がらせを言うようになった。

(1)首が汚れていて、お前は不潔だ!世の中では、これを「三年苔」と言う!
(2)お前の従兄弟は優秀で性格の良い生徒だったが、お前は正反対で、特に性格が悪い!

 (1)については、筆者があまりにも元気者だったので、走り回り泥だらけになって遊んでいたり、剣道をやったり、野球をやったりと、汚れるのは仕方のないこと。(2)については、従兄弟は運動神経は良くないが、その担任にとっては心地よい、依怙贔屓の対象だったのだろうと・・・。

 上述のように、担任がわざわざ他の生徒を前にして、個人攻撃するのは如何なものかと、筆者は子供ながらに首を傾げたのであった。教師が生徒に対して公然と「虐め」をしていたという事実。当時、その担任は高級腕時計を生徒にチラチラ見せては自慢していた程度で、非常に民度の低い人物であった。

 本日のテレビで、教師による「虐め」のニュースが流れていたので、スイッチが入ったのか、間髪を容れず昔のことを思い出したのである。昔は「依怙贔屓」などバリバリの時代であり、教師による「虐め」や「差別」は日常茶飯事であったように思えてならない。

 畢竟、「虐め」に対しては、何事も圧力に屈しないという強い気持ちを持つことである。筋が通らぬことに、迎合する必要はない。自分の身を呈してでも、理不尽なことは粉砕するのが一番。泣き寝入りするから、「虐め」はどんどんとエスカレートして、自殺にまで追い込まれてしまう。

 「虐め」により、どれだけの優しい人々の人生が捻じ曲げられたかと思うと、絶対に許せない。死んでも許せない。・・・この世から「虐め」を完全に廃絶する為には、現在の腐りきった学校、教育委員会や児童相談所の組織及び人材を徹底改造しなければ、今後も救える者も救えないままに、多くの被害者が泣き寝入り、埋もれてしまうことになる。


850_5673


850_5792



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/2/8 01:33 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp