The Rosetta Stone Blog

タグ » 帝王学

「気づき」のある軌道修正!

▼頭隠して・・・

D60_6131


 世の中には、いろんなタイプの人がいる。いろんな性格、育ちの人がいる。

 思い込みの激しい人、とにかく横柄な人、酒癖女癖博打癖が悪い人、やけに信心深い人、自己を過大評価する人、学歴詐称をする人、虚偽を日々のルーチンワークとしている人、瞬間湯沸かし器のように有頂天になる人、空気が読めない人、旗振り大好きな人、常に高飛車な立ち位置を好む人、自分の言葉に酔いしれる人、コバンザメのようにマネーフローにへばりつく人、目一杯神輿を担ぐ人、仰々しく己を褒めたたえる人、弱々しくか細く見せ掛ける人・・・。

 一言で表現すると、皆、「癖の悪い人」に属してしまう。ただ、現世(広い世界)には、上述のものを全て取り揃えている猛烈なエキスパートも存在する訳で、その取り扱いについては、厳重注意のシールを貼っておかねば、その「悪行三昧」は延々と続き、飛沫感染し、善良なる方々も毒されてしまう。真っ暗な洞窟にぶら下がる吸血蝙蝠のように、その毒性は思いの外強い。

 人間は面白いもので、歳を重ねれば重ねるほど、その悪癖が膨張し、顔つきまで変わり、挙げ句の果てには、醜い妖怪になってしまう。本人が気づかぬ間に、その豹変ぶりは筆舌に尽くしがたく、戦慄そのものだ。それは、それは、取り返しのつかない、醜態と化してしまうのである。

 この一年、素晴らしい人たちとの接点が多く、上述のように、見るも哀れな人はただ一人も居ない。何が素晴らしいかと言えば、その人たちは、自分本位で物事を考えず、悪巧みなど一切しない方々ばかりである。「きよい」が全くなく、自然体である。それは、育ちや本人の育ち方が素晴らしいから、その結果、素敵な大人になっているのだろうと推察する次第。

 一つ一つの言葉が、実に温かい。思い遣りは当然の如く。心にゆとりがあり、常に溢れ出るような笑顔をもって暮らしている。嘘偽りのない眼は、とても涼しげで、白黒はっきりしている点も、その方々の共通点となっている。「あーして、こーして・・」の駆け引きがない。胸襟を開いて、単刀直入に持論を述べ、他人の言葉尻など掬うこともなく、ひたすら他人の言葉に耳を傾けている。

 稚拙な思考回路で育った人間は、いつも自分を褒めてもらいたい、人気者になりたい、皆のヒーロー又はヒロインで居たいと、・・・あれやこれやの愚策を無駄に積み重ねて、くだらない人生を送っている。周囲をキョロキョロと見回し、お利口さんと言ってもらいたいのだろうと・・・。もし、それが人生の「軸」となれば、大変痛々しい人生の終着駅への片道切符となってしまう。

 昨日の記事を、朝から読んでいただいた方から、メッセージが届いた。実に純朴で素直な性格の持ち主だろうと・・・。ちょっとした記事の内容を自分に照らし合わせて、自己反省をしながら、価値あるベクトルへの軌道修正を語ってくれた。瞬間的に「気づき」があったのだろうか!?・・・人間であるが故に失敗は沢山するだろうけれども、少しずつ好循環になるために、自己反省を繰り返しながら、大く育って行くのだろうと・・・。

 今朝は、その方のメッセージを拝見して、すこぶる心が癒されたのであった。まだ、直接お会いしてはいない。しかし、その方の短いメッセージは、十二分に心に伝わってきたのである。・・・これから先、きっと、素晴らしいプロの仕事人になられるに違いない。


▼威風堂々と・・・
D60_6056



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2016/3/8 12:00 am

学ぶ姿勢で、将来が決まる。

kikuchi1



 先見塾が生まれて3年目。まだまだ若い創業塾だが、今回は、学舎(まなびや)における学ぶ姿勢について検証してみることにする。・・・同じカリキュラムでも、人それぞれに呑み込み方も、理解度もいつの間にか差が付いてしまう。・・・その大きな要因とは???・・・確実に学ぶ姿勢にあると言っても過言ではない。

 何でもかんでも一度に欲張って学ぼうとしても、何も残らず、何も役に立つことはない。しっかりとした目的意識と常に自分の背中を客観視する姿勢がなければ、頭の中は混乱するばかりで、何ヶ月、何年経ってもスキルが上がるはずがない。更に、タメ口で世の中を舐めたような言葉を発する若い人も居るが、伸び率は相当低い状態で終わってしまうのだ。

 職人の世界もスポーツの世界も、その他趣味の世界でも・・・「礼にはじまり、礼におわる。」が大原則。そのケジメさえつかない人間は、全てに中途半端又はピンポイント学習だけで満足し、決してオールマイティーな総合力が身に付くことはない。また、感情の起伏が大き過ぎて、自己コントロールを失いやすい人物は、常に時限爆弾を背負っている訳で、赤信号が点滅している事に自ら気付かねばならない。

 学びを源義経のように八艘飛び感覚で臨むのも、これまた始末に悪い。学びとは、自己否定から入る必要があり、自分大好きや自己満足の我が儘な気持ちで学んでいると、将来的な伸び率は皆無に等しい。・・・人は、上を見上げれば切りがない。されど、下を見下ろしても切りがない。・・・だったら、自分の足下を十分に見据えて、礎をしっかりと固め、自分の理想的な将来像を目指して真摯に取り組むことが、学びの基本姿勢ということになる。

 筆者の好きな言葉は?・・・「如水」、「日々進化、日々変化。」


▼先見塾 写真撮影会の模様(菊池渓谷)
kikuchi2



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2013/8/9 02:01 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp