ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 小さな自然

八景水谷にも古代蓮・・・

800_5656


 湧水池で人気の八景水谷公園。以前は、睡蓮が水面を覆っていたが、いつの間にやら、古代蓮がニョキニョキと伸びている。

 日射しが強いので、あまり撮影に適しているとは思わないけれども、数枚、古代蓮の花々にレンズを向けてみた。

 背後にはお二人のカメラマンが、バズーカを三脚にのせて、カワセミを狙っている。しかし、野鳥は冬場と違い、殆ど不在で静かな状態である。

 因みに、蓮の花々は早朝に撮影すると、大輪が開き、瑞々しく写せるというもの。しかし、朝に弱いので、いつも断念している次第。


800_5657

800_5523


800_5521


▼八景水谷の湧水と紫陽花
800_5567



◎Obscura Photo Club(公開Facebookグループ)
 https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link
◎先見塾オブスクラ・フォト倶楽部(非公開Facebookグループ)

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2020/6/25 04:43 am

ラベンダの花々を飛び回るミツバチ・・・

bee-2



 ラベンダの花々に群がるミツバチ。

 ミツバチの働き蜂は、花から花へと飛び回り忙しそうだ。このような小さな自然が維持されていれば、まだまだ地球は大丈夫かと思いつつ、空を仰いだ。しかし、晴天なるも、PM2.5や黄砂にて薄っすらと霞んでいる。人間が地球を壊しているのは間違いのない事実だが、些か納得行かないまま撮影を続けることにした。

 俊敏に飛び回る小さなミツバチにフォーカスをあてるのは容易なことではない。Nikonの一眼レフにて、フォーカスの設定を「C」で追うのか、「S」で一発で仕留めるのか悩むところだが、結局は、設定を「S」に戻して、息を止め、目を大きく開いて連写で仕留めることにした。

 レンズは90mmのマクロレンズ。よって、足元を確認しながら、DXフォーマットに切り替えて、135mm相当にて撮影をすることにした。画素数が4000万画素を超えているので、DXフォーマットで撮影した画像は見るに耐え得るはずだ。

 ミツバチは花の蜜吸いに一所懸命、我々は撮影に一所懸命。こちらからそっと接近するも、決して攻撃しないので、安心して接写が可能となる。しかし、背後から強い羽音が聞こえたら要注意。ドイツのユンカース急降下爆撃機のようにスズメバチが上空から襲ってくるので、常に警戒しておかねばならない。

 撮影中に、ラベンダの花のところで、蜘蛛がミツバチを捕まえていた。すぐに取っ払おうと思ったが、そのミツバチの運命だろうと思い、手を止めた。食物連鎖を邪魔する訳には行かない。しかし、最終的に蜘蛛を取っ払ってしまった。残念ながら、ミツバチは微動だにせず絶命していた。

bee-1


bee-4


bee-3


850_8982



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


               

  • posted by Chikao Nishida at 2019/4/16 12:23 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp