ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 嫌がらせ

「クレーマーストーカー」の存在・・・

▼記事内容と写真は関係ありません

DFD_0238


 この数ヶ月間、無我夢中にてヒューマンウェアの再構築に力を注いできた。人は、腐った環境に長らく居座っていると、それがスタンダードとなり、外界の常識との尺度のズレがとてつもなく大きくなっている。顕著なのは、「謝れば、それで済む。」という安直な考えが横行している。そして、喉元過ぎれば熱さを完全に忘れてしまうという現象である。

 トラブルが生じても、初動の段階にて大きな間違いを起こしていても、「謝れば、それで済む。」が大半のようだ。それを具に検証し、「最高のオポチュニティ」として、ケーススタディに役立てるというベクトルは、全く持ち合わせていない。

 トラブルが生じれば、社内の「犯人探し」に没頭し、トラブルの元凶となる人間を特定し、攻撃する。また、「犯人」も「責任転嫁」という巧妙な技を使い、逃げ隠れする。これでは、本来のトラブルシューティングと言えず、火に油を注ぐばかりとなる。

 それに加えて、最近は「難癖」を付ける愉快犯も増えてきた。最も始末に負えないのは、燻銀のような「クレーマーストーカー」である。そのような人物を何人か垣間見た事があるが、常識では計り知れないほど、異常なるものに包まれている。

 小さなトラブルだったはずが、その「クレーマーストーカー」の存在により、とんでもなく大事(おおごと)になってしまう。図に乗った「クレーマーストーカー」は、これでもかこれでもかと、恐喝、恫喝を繰り返しながら責め立ててくる。

 社内トラルブシューティングには限界がある。それは、如何に冷静沈着に対応したとしても、「クレーマーストーカー」が、ダイナマイト級の「難癖」を執拗に投げ込んでくるので、最終的には「刑事事件」として処理をせざるを得なくなる。

 上記のような現象は、「民度」が低いところにやたらと多い。日常茶飯事の如く、不可思議な現象があちらこちらで発生している。ここまで日本人の「民度」が低いはずがないのだが、想定外に「最低民度」の人間が蠢いているのが現実である。

 何はともあれ、トラブルが生じた時の初動の段階で、そのトラブルの元凶が何であり、どれだけ「感情」がささくれ立っているのか等の実態把握しなければならない。それをちょっとでも気を抜くと、大暴走、大爆発へと連鎖して行くことになる訳だ。


DFD_0260


DFD_0264


DFD_0277


DFD_0278


DFD_0290


DFD_0302



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2019/12/14 03:34 am

トラブルシューティングの心構え・・・

josui-3


 先見塾の合言葉は、「如水」と「日々変化、日々進化」。同塾は2011年にスタートしたものだが、もっと多くの方々にノウハウを提供できればと考える次第。

 現在、ネット上にて、十数人の塾生や研究生に対して、毎日情報を提供している。最終目的は、「民度の高き人づくり」と申し上げた方が分かりやすいかも知れない。英語に翻訳すれば、ニュアンスがやや違うような気もするが、「THE LIVING STANDARD LEVEL OF THE PEOPLE」となる。

 本日は、「ポジティブ&ネガティブ」と題して、何らかのトラブルが生じた時のシミュレートを試みた。人によっては、一挙に解決してポジティブ領域へゴールしたり、また、人によっては検証することもなく、ただ落ち込むばかりで対策を講じず、ネガティブ領域の奈落へ落ちるケースもある。

 下図は筆者オリジナルのものであるが、要は、トラブルが生じた時の心構えと、その初動段階における対応が重要なポイントとなる。眼前にトラブルが生じれば、誰しも驚き、恐怖と共に頭を痛めるはずである。そして、落ち込むのも秒殺となる。胃袋に焼けた鉛の玉が落とされたように激痛が走る。

 しかし、重要なことは、先ず冷静になって対策を練ること。それが人的トラブルであれば、相手方の怒りの元凶とは何なのか、その怒りをもって何を求めているのか、どのような取り扱いを求めているのかなど、事態収束に向けて、怒りの鉄拳の落とし所を早期に見つけなければならない。

 人によっては、喜怒哀楽が二転三転することがある。非常にナイーブな相手であれば、腫れ物に触れるが如く、具に観察しながら、丁寧且つ慎重に取り扱う必要がある。しかし、人的トラブルに対するトラブルシューティングにおいて、「限度」、「限界」があることも知るべきだ。

 それは、相手方の振り上げた鉄拳が、「無理難題」や「難癖」に転じてくれば、それは、通常のトラブルシューティングとは質が異なってくる。万が一、「嫌がらせ」、「恐喝」、「恫喝」に発展する兆しがあれば、当然の如く、毅然とした態度で臨むことが必要となる。

 時代も変わり、日本人の「民度」の低さが問われるようになって来ている。常識とは何ぞや、モラルとは何ぞや、向こう三軒両隣とは何ぞや、人の心の痛みとは何ぞやと、殺伐とした世界に豹変しつつある中で、上記のような人的トラブルが急増しているのは否めない事実となる。

 されど、常に冷静沈着にして、真摯な中に、ポジティブ思考をもって対応することで、人的トラブルは鎮静化する可能性は高くなる。よって、全て己の「非」であったとしても、誠心誠意、相手に接することで、相手方がまともな人間であれば、大荒れの嵐だったのが、にわかに凪へと収まることになる。


level-1



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2019/11/18 02:01 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp