ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 大災害

セキュリティレベルを超弩級に!

▼豪雨後の菊池川中流域(山鹿大橋方面)7月7日午後3時55分頃撮影
D75_4855





 今回の台風3号通過後の豪雨は、九州北部(福岡県、大分県、熊本県)を中心に、甚大な被害をもたらした。地震、台風、そして豪雨。災害大国である日本に生まれたからには、それは宿命以外何物でもない。大自然にとって人とは、小さな蟻と同然の扱いなのかと、大自然に対する恐怖心が募る一方、何とか大災害を防ぐ秘策はないものかと、苛立ってしまう。

 昔々の話・・・治水事業において、武田信玄や加藤清正は神的存在である。当時(〜約四百年前)は温暖化の影響もなく、今回のような戦慄を覚えるほどの危険な雨が降ることはなかったろうと。テレビに映し出される土砂崩れや大洪水の惨状を見て、いよいよ災害に対するセキュリティレベルを超弩級に上げ、心安らぐ地域づくりの為に、現代版信玄&清正の秘策を講じなければならない。

 今回の豪雨で川が濁流となり氾濫し、平穏な人家や田畑を押し潰して行く光景に目を逸らしてしまう。現代版の将棋頭、十六石、信玄堤、鼻ぐり井手など、どんな秘策があるのか?勿論、パッチワークやピンポイントではなく、しっかりと災害可能性の高い地域のセキュリティ対策について動かねばならない。各地ではコンパクトシティ構想を掲げる自治体も多いが、これからは最大限、安心安全な都市構想を実現する一方、周辺(田舎)も災害に強い災害予防型地域再開発に取り組んでもらいたい。


▼豪雨後の菊池川中流域 7月7日午後3時55分頃撮影
D75_4866




▼取材風景
D60_9116



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/8 12:36 am

屋根瓦の修復工事が始まる!

▼熊本市北区
DF1_4264


 昨日は好天に恵まれ、夏のように暑かった。

 高台から見下ろすと、地震で壊れた屋根瓦を覆うブルーシートが一気に増えている。早速、漆喰で固める作業をする家もあり、少しずつ、復活、復興の兆しが見えてきたようだ。

 しかし、益城町や西原村などの被害は、想像を絶するものであり、現地に足を運びたいが、災害支援作業の邪魔にならぬよう、今は我慢の時期。

 熊本から西原を抜けて南阿蘇村へ行く俵山トンネルも三ヶ所ほど崩壊し、現在は通行禁止となっている。土砂ごと埋まった学生さんの行方も分からない。

 生き地獄のような、今回の地震だが、皆が和をもって災害復興のために動けば、天は見捨てることはなかろうと。


DF1_4244


DF1_4245


DF1_4248


DF1_4357



◎熊本城復活宣言 Reborn KumamotoのFacebookグループ
 https://www.facebook.com/groups/reborn.kumamoto/Link

◎「熊本復活宣言」画像(14.2MB)
パソコンの壁紙、ポスターやチラシ、絵葉書などにご利用ください。下記のURLにて、自由にダウンロードできます。作品上にコメントなどを書かれる場合は、原画の改竄はできませんが、下方の芝生部分に記述スペースがありますので、ご活用ください。
http://www.dandl.co.jp/rebornkumamoto.jpgLink

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2016/5/3 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp