ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 加藤神社

加藤神社と宇土櫓・・・

katoh


 初詣・・・昨年は元日に初詣に行ったけれども、今年は荒れ狂った天候であったために、二日遅れの初詣となった。勿論、写真を趣味とする人間としては、狙いは、加藤神社の題字「仰清正公」と「宇土櫓」である。

 元日、二日と比べ、気温はやや低いが、麗らかな天候となり、空気も澄んで、撮影には最高の環境だった。しかし、やや時間が押した為に、実際にカメラを向けたのは午後3時半頃だった。

 夕刻に近かったので、昨年の押し競饅頭もなく、すんなりと「二礼二拍一礼」を行い、昨年の御礼と今年の誓いを静かに唱えた。筆者の横には、20歳前の女性が二人。「えーっと、何だったっけ?二拍一礼・・・???」と二人で悩んでいたので、「二礼二拍一礼」と言ったら、ニコニコして、筆者の真似をしてしっかりと祈っていたようだ。別れ際に「ありがとうございました!」と。

 日本の歴史と伝統がドンドンと消え去っている。しかし、家族も教えることのない「二礼二拍一礼」に、彼女たちは日本の風習が如何なるものかドキドキしつつ・・・多分、ちゃんと間違いなく出来たことが嬉しかったのだろうと推察する次第。

 兎角、日本人というものは、体裁ばかりを気にして、失敗を恐れるが故に、何事もうまく行かない人が多い。先般、英会話が日本人に必要か否かの外人英会話教師の掲示板を見ていると、やはり、日本人の気質、そして失敗を恐れるが余りに、英会話が上手くならないという指摘もあった。

 加藤神社でのちょっとした若い女性とのコミュニケーションにおいて、恥ずかしながらも、「二礼二拍一礼」を教わった事で、彼女たちの気持ちも少しは和らぎ、来年からは失敗のない「二礼二拍一礼」ができるのだろうと・・・。「よく、できました♪」という筆者の言葉に、彼女たちは満面の笑みだった。

 そうしている内に、どんどん太陽は山際の方へ落ちてゆく。慌てて、宇土櫓と大天守、小天守の三点セットを撮影しようとしたら、一番良い位置に子供連れが立っていた。何分か待っていたが、どうも動くようになさそうだったので、「ちょっと失礼!」と会釈をして、数枚の写真を撮影し、帰途についた次第。


▼右から、宇土櫓、大天守、小天守
utoyagura2


utoyagura1


utoyagura3



【ディー・アンド・エル社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/1/4 01:51 am

不開門からの城攻め!!

castle1


 昨日、梅雨時期には珍しく、気持ちよいほどの太陽光が降り注ぎ、木陰ではさらりと涼しい風が通り過ぎ、撮影には絶好の条件であった。よって、当日予定になかったが、昼食後、突然熊本ホテルキャッスル玄関を出て、右手に曲がり、NHK熊本とJTに挟まれた道を歩み、不開門(あかずのもん)を目指す事にした。

 今まで、頬当御門から足を運ぶのが、大天守、小天守、宇土櫓への順路と思い込んでいた。しかし、本丸御殿が完成し、頬当御門からの道筋が変わったらしい。不開門から大天守を目指すのは初めての事。今まで見てきた熊本城の姿やそこから見渡す熊本市内の角度が微妙に異なり、新鮮なツアーに参加したような気分になった。

 不開門手前の入り口で拝観入場料を支払い、パンフレットを受け取り、長い階段を一段ずつ登り始めた。ご存じの通り、熊本城は400年前に加藤清正が築城したものだが、最初から迷路のように右へ曲がったり、左へ急な坂となったり・・・なるほど、攻めるには安易でない事を体感しながら、更に、大天守を目指して登って行った。

 「こんな位置から熊本市内中心部が見えるのか?」と、左手から熊本ホテルキャッスル、郵政公社、奥にはホテル日航熊本、そして右手に熊本市庁舎と・・・大天守最上階から見る景色とは異なり、街の中心部が以前よりもずっと間近に捉える事ができる。

 辺りを撮影しながら歩いていると、頭頂部、顔面、背中、胸部など・・・滝のように汗が落ちてくる。流石に木陰は涼しいが、身体全体がじわじわと火照ってくる。そうしている内に、いつの間にやら地下道が目の前にあった。今までにない光景だ。右矢印を見ると、大天守や本丸御殿への通路となっているようだ。

 以前は、頬当御門から続く道では、宇土櫓を左奥に見つつ、だらだらと長い坂を登り詰めると、左手に大天守、その隣に小天守が見えたのだが、その坂が消えてしまっていた。そこは石垣となり、右手の地下道を通らねば、大天守や本丸御殿へは行けないようになっている。あたかも、難攻不落の城として再現したかのように迷路となっている。筆者は、逆方向の若干戸惑いながらも、不開門より、大天守へと向かって行く。

 西南戦争で薩軍を率いた西郷隆盛が、五十数日掛けても落とせなかった名城 熊本城。「おいどんは清正公に負けた!」と言ったとか言わなかったとか・・・。それほど完成度の高い実戦的な要塞として、この熊本城は一見の価値あるものだと、再認識した次第。・・・大天守に辿り着き、その広場は大勢の観光客で溢れていた。それも、中国、台湾や韓国など、海外からのツアー客が圧倒的に多かった。

 ただ、一つだけ残念だったのは、現地の管理運営スタッフや出店の女性など・・・観光地としては、まだまだ笑顔が少なく、かけ声が小さいように思えてならない。今後、本気で観光立県を推し進めるのであれば、先ず、ヒューマンウェアをプライオリティ1にて、そこから改善して行かねば、折角の観光資源も活かされないのではと・・・危惧した次第である。

 しかし、不開門からの城攻め。・・・これは、思ったよりもワクワクするような道筋であった。

castle2


castle3


castle4


castle5


castle6


castle7


castle9


castle10



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2014/6/14 11:15 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp