ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 健康

偏食は健康の大敵!

D60_3491


 目が覚めて、美味しいお茶を飲んでいると、今日も生きているんだとしみじみと実感が湧いてくる。しかしながら、日頃からどんなに健康に留意していても、不治の病に苛まれる人がいる。どんなに滅茶苦茶な生活を送っていても、病とは縁遠い人もいる。・・・神様は、何と不公平な健康と不健康が乗った天秤を人間に与えたものかと・・・。

 結局、日頃の適度な運動と睡眠(熟睡)、そして体に適した質の良い食材をバランス良く摂ることが、医者要らずの健康な肉体を手に入れる近道となる。合わせて、胸筋を開き、心から会話を楽しめるパートナーがいれば、精神的に決して病むことはないと、・・・最近、頓に考えるようになった。

 周囲を見回すと、欧米文化一色、ファストフードのオンパレードであり、ゆったりとした気分で、食卓につき、会話を楽しみながら食すという環境が少なくなった。よって、人は知らず知らずの内に、食への拘りや健康への意識を忘れ去り、逆に、健康に対して過敏となり、偏食生活に慣れ親しみ、心身ともに病んでしまう人が増えているのが現実だ。

 筆者が知る限りではあるが、特に、宗教的な制限の下、完璧なベジタリアンの外国人と会ったことがある。又、新興宗教色の強いマクロビに長年手を染めて、本人が気付かぬ間に、精神的に病んだ人を見たことがある。更に、日頃から食事よりもサプリメントをメインとした栄養補給を好み、体調を崩した人を見たこともある。そこで、皆に共通していることは、肌に艶なく、顔色も悪い。・・・立ち枯れの枯れ草のようなイメージである。

 畢竟、すこぶる恐ろしいのは、偏食や断食を健康への近道と思い込み、拒食症になってしまうことだ。それは、精神が病んで拒食症になるのか、偏食をベストな選択とし、結果的に栄養不足が原因で拒食症になるのか定かではないけれども、偏食により必要な栄養を得ることができなくなり、急激にホルモンバランスが崩れ、生命維持装置に赤信号が点滅し、生命の砂時計に異常をきたすことになるのだろうと考える次第。

 ある人種は、些細なことでも、思い通りにならなければ落ち着きを忘れ、間髪を入れず神頼みや仏頼みに爆走する人もいる。心の中に何かモヤモヤするものがあるのか、イライラするものがあるのか、息苦しさを感じるのか理解しがたいが、その時点で、既にバランスが壊れ、病となっているのは間違いのない事実。・・・しかし、このような症状は、本人に自覚症状がないところが、始末に悪い。

 精神衛生を軽視し、バランスの悪い偏食を続ければ・・・絶対に良い結果をもたらすことはないという証となる。

 ・・・・・・・・・・

 話が少々逸れるけれども、記事を書きながら、命について考えてみた。・・・以下の通り。

 1日、1日と生きて行くことは、砂時計のオリフィスを流れ落ちる砂を見ているようなもの。よって、オリフィスの上にある砂の量が余生となり、オフィリスに砂が詰まるのが怪我や病、オリフィスが折れるのが事故死や突然死を意味し、細かい砂がオリフィスを通して全て滑らかに落ちてしまうのが自然死となる。

 全ての細い砂がオフィリスを静かに流れ落ちることが理想である。すなわち、日頃から食文化について学び、バランスの良い食材を摂れば、オフィリスの上に残された砂がオリフィスの大きさに適した均等な大きさとなり、重力に合わせて、自然死に向かって静かにゆっくりと流れ落ちるのだろうと。

D60_3511



◎如水美食研究会公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/josui.bishoku/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2016/7/19 01:38 am

九曜杏にて、美食会。

DSC_3228


 昨日は、以前から予定していた、熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏での「美食会」だった。

 同ホテル2階大会場では、某テレビ局恒例のビッグな某年パーティが開催され、そこで演奏を終えた邦楽の先生も参加し、極上黒毛和牛のステーキをメインとした、同レストランの料理長の、心のこもった料理を楽しませていただいた。

 写真のように、メニューは実にシンプルだが、食材の多さには驚いた。これは、着物姿であることを考え、料理長なりに量的には若干抑え気味に設定したものだ。

 前菜の彩りは、まるでフェスティバルのような鮮やか、賑やかさ。それに、熊本県産の極上黒毛和牛ヒレがメインとしてサーブされた。

 いつもながら感心するのは、短時間の内に、新鮮な食材を盛り付けるところである。肉質は極上なので、ミディアムレアに焼かれていたようで、脂の少ない大変上品で味わい深かいものだった。

 毎回足を運ぶごとに、決して同じ料理を出さない同料理長。今回は予約ではあったものの、通常でも、突然の「ワガママオーダー」をしても、手際よく料理をサーブするところが、同料理長の拘りと優しさであろうかと思った次第。

DSC_3250


DSC_3251


DSC_3284



 今回のメニューは、以下の通り。

◎オードブル(八種)
河豚のカルパッチョ 香味野菜ロール、鮪のチーズパン粉焼き オクラソース、海老のカダイフ挙げ トマトカレーソース、牡蠣と蕪のピューレ 柚子風味、鮑のジェノベーゼ、卵のシュプリーズ ロワイヤル キャビア、スモークサーモン生春巻き、アボカド・コンニャク・チーズ豆腐

◎ひとくちコンソメスープ

◎熊本県産最上級A5ランク黒毛和牛ヒレとフォアグラ西京味噌マリネ
 ロッシーニスタイル サラダパルテール

◎抹茶玄米ムースと抹茶アイス

【ディー・アンド・エル社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2014/12/16 07:28 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp