ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 人としての道

救いようのない人間・・・

▼写真はイメージ
850_1267


 ここ1年を振り返ると、思いの外、姑息な人をあちこちで見掛けた。常に自己中心的で、自分大好き、自分サイドさえ潤えば良いとする人である。それも、日頃の素行や言動が軽く、責任転嫁の雨霰。緻密な思考回路が無いようで、文章(特に長文)をまともに解読できず、一攫千金を狙うだけの、さもしい人間であった。よって、我々が望む共存共栄の輪の中には、絶対に入れない人種なのだろうと。

 正直なところ、会話をするだけでも、意味のない言葉が単なる雑音として耳に入るだけで、どっと疲れてしまう。それは、夢のような儲け話だったり、小銭稼ぎの自慢話だったり、自宅や車の自慢話だったりと、聞いても何の価値もない、浅知恵だけが練り込まれた稚拙な会話内容である。

 それを自分なりに一端の大人と思い込んでいるのが厄介。学歴には一切関係のない話だが、幼少の頃の育ちの悪さや、しっかりとした躾を受けていないのも大きな要因であり、歪みきった性格や悪玉友人たちにも感化されているに違いない。尤も、うっかり八兵衛のような慌て者が、時折、ツキノワグマのように落ち着き無くウロウロしている中で、他人の助言に対して急にキレたりする。大人の格好をした小学生である。これを、「こどな」と呼ぶが、自分の「心」をコントロールできない、悲しい人なのだ。

 筆者も若かりし頃、短気で損したことが多々あった。そこで、近しい人たちが指摘してくれたり、先輩の厳しい助言を受けたり、両親との話し合いの中で、じわじわと自分自身の立ち位置や身の丈が見えてくるようになり、最近では、瞬間湯沸かし器のように激怒爆発することは無くなった。

 ただ、今でも人として筋の通らぬことは許さず、とことん軌道修正へと持ち込むような「世直し侍」的なところを内に秘めてはいるが、どんなに心配して言っても聞く耳を持たぬ人は、如何に情熱を持って接したとしても、歪んで解釈されるばかりで、もうお腹いっぱいとなってしまう。こんな親父に育てられなくて良かったと、姑息な人たちを見ては、「本人も可哀想だが、子供はもっと可哀想!」と独り言を呟くばかりとなる。

 最近は、嘘の上に嘘を塗りまくる超虚言癖の新種も現れた。とことん自分大好きなようで、言葉の端々には「愉快犯」的な性格が見え隠れしており、ただニヤニヤ笑いながら、嘘をつく始末。その嘘により人様が右往左往するところに快感を持つのだろうが、筆者にとっては、なかなか珍しい新種だったので、一部始終、様子を伺ってみた。・・・結局、全てが間抜けな道化師に見えてしまい、その矯正については、いかなる手法を講じようが、困難であると判断した次第。先般、「民度」について記事を書いたけれども、その「民度」についての概念さえないのだから、致し方ない。


D75_9172


D75_9248



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2018/5/18 11:39 pm

枯れた人生

71D_1488


 人生、長いようだが、とても短い歳月の中で、人は必ず枯れて行く。人は、その短い人生において、草花のように何度も花咲こうと挑戦するが、花開いては落ち、そして落ちては咲いて行く。何が花なのか枯れ草なのか分からないが・・・。

 こと仕事に関しては、常にチャレンジャー精神を持ち、前に前に突き進んでいる人が居る。実に素晴らしいことである。ただ、年齢を重ねるにつれて、その容姿は遠慮なくどんどんと枯れて行く。やせ細り、深く皺が刻まれ、瑞々しかった体全体の水分が蒸留器に掛けられた様に干されて行くのである。

 いろんな欲望の中で、美と健康が一番だろう。特に女性の場合は、美を維持することが宿命づけられている。だから、ファンデーションの厚みがどんどん増して、いつの間にやら土蔵の塗り壁のようになっている。

 昔の日本では、「人生五十年」と言われるほど、短命であり、五十歳ともなると爺様、婆様であった。現在も、孫が生まれれば、既に爺様、婆様だが、生活環境、食糧、医療技術の発達などにより、戦争という殺戮もない訳で、平均寿命は世界一となってしまった。

 「人生五十年」と言われた時代・・・しかし、現代では長命な爺様、婆様は百歳を軽々超える。何と昔の寿命の倍近くを生き延びることになる。よって、四十にして不惑の歳を迎え、さらに、五十にして天命を全うする時代と比べ、寿命が二倍になったからと言って、精神年齢だけはどんどん低くなっているのは如何なる理由なのか・・・理解に苦しむ。

 親という自覚もなく子育てを放棄したり、孫が居るのに、子の自立を認めず、いつまでも巣立った家族への執着に走り、目の前の伴侶への気遣いも優しさも薄れ、ドタバタした人生を歩む中で、気づけば孤独、孤立の道を辿っているのである。老化が進めば、自宅では粗大ゴミのような邪魔者扱い。老後は施設へ預けられ、保育園や幼稚園と同じような世界で人生を終えてしまう。

 医者要らずで人生を全うした亡き父の言葉で印象深かったのは、「私は老後において病気などで周囲に迷惑を掛けたくはない。更に、施設などへ送り込まれて、遊戯三昧の情けない自分の姿を見せたくもない。だから、死ぬまで孤独であろうが、我が人生に悔いなしと言えるよう、日々、精進する。また、現在、一切借金はないが、子供や孫に残す金も財産もない!」と。

 28段もある長い急勾配の階段で倒れ、肋骨を圧迫骨折しても、湿布と包帯だけで治癒させていた頑固者。和室で転び、障子のガラスを割り、眉間や腕を切ってもテーピングして治癒させた超頑固者だ。

 しかし、その頑固者も、或る日突然「最近、生き甲斐を感じなくなった!」とブツブツと零していたのだった。それから2ヶ月後に身体の電池が急に切れて、絶命した。元々、剣道で鍛えてきた身体ではあるが、少々心臓には疾患があったのではないかと思われる。「生き甲斐を感じなくなった」という言葉は、そろそろお迎えが来るだろうとの予言だったに違いない。

 父の若き頃、剣道の試合を何度も見に連れて行かれ、凛とした姿、気合、殺気・・・「気剣体一致」を目の当たりにしていた頃の父とは程遠く、小さな老人となっていたのだった。これが人生なのだろうと。暇暮らしをしているだろうと分厚い歴史本をプレンゼとすると、あっという間に読破する父。寿司が良かろうと手土産を持ち帰ると、「ステーキを食いたい!」という父。

 現在、父や母が笑顔で過ごしていた実家の断捨離を決行中だが、部屋のあちらこちらに、一人の人間としての「生き様」を感じるのである。・・・巷には、自分の欲望の為だけに、人を騙し金をくすねたり、人の間に立ち踏み台としたり、人様のアシストを悪用したり、「人生五十年」を過ぎても色仕掛けで金銭に執着している人物も居るけれども、やはり、人生のケジメとして、不惑の歳を過ぎてからは、人様にだけは迷惑を掛けぬ人生に向かって歩まねばと、考え込む筆者でもある。

 素敵な「人生の枯れ方」。・・・父とはあまり多くを語らなかったが、良いお手本を見せてもらったと、心から感謝している次第。そんな潔い人生を送った父や母を見てきたからこそ、上述のような自分の欲望、野心の為だけに動く、散らかしまくる塗り壁のような人物が、やけに悍ましく見えて仕方ないのだろうと・・・。

71D_1493


71D_1503


404 File Not Found


※写真はイメージ(実家の庭にニョキニョキ現れる竹)

【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2015/5/5 12:26 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp